日刊 勝ち組スポーツ・勝ちスポ!
浅草を散歩するならさんぽす

ご当地名物「ゆるキャラ」を探せ!

どこかで見かけたアヤしいヤツラ。
その名は「ゆるキャラ」だ!

 官公庁や公団などのホームページやガイドブックを開くと、しばしば目に飛び込んでくる、おマヌケでトホホなキャラクターたち。国体などの地域イベントや街おこしのマスコットにも、この種のキャラがよく登場します。

 彼らの名は、人呼んで「ゆるキャラ」。カワイイのかカワイクないのか、親しみやすいのかうっとうしいのか、ヘタウマなのかダサいのか……。
 とにかくユルい!そんなビミョーなキャラクターたちを、「勝ちスポ!」編集部はこのたび総力取材してみることにしました。

 ゆるキャラといえば、たとえば愛・地球博(愛知万博)の公式マスコットである「モリゾー」や「キッコロ」。彼らは、デザイン・知名度ともになかなかのものですね。

 また、2006年・兵庫国体の大会マスコット「はばタン」など、全国的にはマイナーでも、地域で根強い支持を受けているキャラもいます。

 そのいっぽう、だれもがご存知、警視庁の「ピーポくん」なんて、よく見るとけっこうヘン。
 さらに、横浜市の戸塚区再開発事業のマスコット「とつか再開発くん」にいたっては……、絶句!
 まさに「ユルい」キャラクターの代表選手といってよいでしょう。

 去る3月25日には、鳥取県で「ゆるキャラカップin鳥取砂丘」なんてアヤしいイベントが開催されてしまうなど、最近は静かなブームになりつつある(!?)ゆるキャラたち。  
 日々、仕事に遊びに恋愛に、忙しく動き回る勝ちスポ読者のみなさんも、たまには彼らを眺めて「ユル〜く」「まったり」してみるのもいいかもしれませんよ。
ピーポくん
浅草を散歩するならさんぽす

大人の嗜み-スペインワイン
コートドール実食レポート
トレイルランニング - 山を走ろう
花粉症対策特集
知的空間で、最高の仕事を!
プチグランドサークルドライブ
金の魔力にせまる!
焼鳥屋で幻の一品? 白レバーを食す
科学的自己分析入門
サッカーチームを持とう
大人の洋食屋特集
ブッシュマンダイエットで楽チン減量♪
ヘタでいい、ヘタがいい〜絵手紙入門〜
「江戸しぐさ」を学ぶ
健康のために求められる「自然食」
スピードマスターが好き
ひこにゃん

ゆるキャラ界ナンバーワンの人気者。
「ひこにゃん」人気が沸騰中?

 全国の自治体や官公庁、公団や公社などのマスコットとして、幅広く分布している「ゆるキャラ」たち。

 現在、そんな彼らの中でも一気に人気が高まりつつあるキャラクターがいます。その名は「ひこにゃん」。
 ネコなのに、ウサギの耳みたいな長い突起物のあるカブトをかぶった、なんだか奇妙なヤツです。

 ひこにゃんは、滋賀県彦根市の「国宝・彦根城築城400年祭」を記念するキャラクター。

 彼がかぶっているカブトは、彦根城の旧城主だった徳川幕府の譜代大名・井伊家の「赤備え」というヨロイの色からきたもの。
 ひこにゃんの頭からニョキッと生えた突起は、実はカブトのツノだったのです。彼のモデルは、彦根藩の2代藩主、井伊直孝を落雷から救ったと伝えられる招き猫とのこと。

 井伊家は、関が原の戦いや大阪の陣で大活躍した一族でした。特に初代の井伊直政は、戦国時代に最強の大将のひとりとして名を馳せた、武功のある人物。

 でも、彼らのカブトをかぶったひこにゃんは、あくまでもユルくてまったりしたヤツです。ネコなのに「モチ」なんてあだ名がついているほど、プクプクしたユーモラスな外見で、日本中で人気が急上昇中。

 関西地区のなかでは、ちょっとマイナーなイメージがある(?)滋賀県ではありますが、ひこにゃんはこの地の知名度アップにもユル〜く貢献しているようです。


画像提供:国宝・彦根城築城400年祭実行委員会
新生活を彩る超クールな冷蔵庫!
世界にただひとつの器を造ろう!
株価予想ソフトDream Catcher
2010年五輪の目玉、スキークロスに先乗り!
雨が楽しい!そんな「傘」が欲しい!
うさんぽ、してみる?
暖炉のある暮らし
紅葉と癒しの高級旅館
漂泊の自由人・ゴーギャンの誘惑
ANAインターコンチネンタルホテル東京
自宅で極上のバスタイムを演出しよう
鳥ハムの魅力にあなたもやみつき!
世界中の舌をうならす伝統の味!醤油
洗顔&シェービングで男を上げる!
21世紀、家庭用ロボットの普及!
クルマ・QUATTRO(クアトロ)

もちもちのひこにゃん。
彦根市にグッズを買いに行こう!

 人気者のひこにゃん。日本全国から集まる、彼への熱いまなざしに応えて、彦根城築城400年祭に沸く彦根市のみなさんはひこにゃんグッズの製作・販売を開始。さまざまな顔のひこにゃんに出会うことができます。

 多種多様なひこにゃんグッズたち。
 ひこにゃんネクタイやニットキャップは、ちょっと着用に勇気が必要(?)かもしれませんが、彼のデザインをあしらったポストカードや携帯ストラップ、ステーショナリーなんかは、なかなかいい感じです。
 小さな子どもがいるお父さんなら、関西出張のときに彦根でちょっと途中下車して、お土産に買って帰るのもグッドですね。

 また、ひこにゃんのぬいぐるみなどは、製造元の会社によってディテールに少しずつ違いがある模様。コンプリートを目指すひこにゃんマニアの諸兄は、買い揃えて比較してみると楽しいかもしれません。

 ひこにゃんグッズをたくさん入手するのなら、やっぱり彦根に行くしかありません。
 時代劇のロケでもしばしば使われる国宝・彦根城の構内や、お堀のすぐ側に立つ彦根キャッスルホテルの売店や、四番町スクエアにある「彦根らぼらとりぃ社」などでは、じっくりとひこにゃんショッピングを楽しむことができます。

 そもそも、この彦根城。有名な姫路城などと比べると知名度の点でイマイチな印象もありますが、実は城郭の保存状態はかなり良好で、日本有数の名城のひとつ。純粋に観光する場所として考えても、なかなか魅力的です。
 ひこにゃんグッズを追って彦根を訪れた折には、ぜひとも足を踏み入れてみるとよいでしょう。


画像提供:彦根らぼらとりぃ社
滋賀県彦根市本町1丁目11−5−7
電話:0749-22-0520 FAX:0749-22-0520
ひこにゃんグッズ