日刊 勝ち組スポーツ・勝ちスポ!
横浜中華街おすすめ食べ歩きマップ

生活に潤いをくれるコンフィチュール

初めてを体験 どうやったら思いつくの?と叫びたい味

初めてを体験 どうやったら思いつくの?と叫びたい味

 3種類のコンフィチュールが食べられる、全粒粉パンケーキは、旬のものを選んでいるから、いつも同じでないのが嬉しいところ。今回は、トマト、パイナップルとホワイトチョコレート、イチゴの組み合わせでした。

 特に驚いたのは、トマト。野菜を甘くする!?と困惑したものの、パクリッ。あっさりと優しい味に、砂糖を使っていないのでは…と疑ってしまうくらい!
 また、ホワイトチョコレートの滑らかな甘みと、パイナップルの甘酸っぱさのコラボレーションは、上品で落ち着いた仕上がりで、体中につきに抜けていく風味は、ここはプロブァンス?と錯覚をおこすほど衝撃的。

 もうひとつ、オススメなのが、ヨーグルトとロールケーキのセット。
 とろんっとした舌さわりの、黄メロンのコンフィチュールと、ヨーグルトとが、ちょうど良い甘さをかもし出します。

 甘いまったり感が残る、ロールケーキには、ミント系のものを混ぜた、ベリーのコンフィチュールが巻かれていて、いままでにない、爽やかな口当たりを体験できます。なんだか、癖になりそうな味です。
横浜中華街おすすめ食べ歩きマップ

使い方あれこれ

 新しい味覚の発見を家でも楽しみたいっ。そこで、ベストな組み合わせをいくつかご紹介します。

ホットミルクのようなものにはキャラメルをベースにしたもの、生ハムには果物を使っているコンフィチュールなんてよく合います。

 また、シンプルなまま使うのもいいですが、ちょっとした工夫を凝らせば、いつもとは違う味に...。例えば黒胡椒・七味などを入れると、ピリッとアクセントが加わり、パンチのきいた味付けに変身!なかなか目が覚めない朝なんかにいいかも。

 また、オールマイティな調味料として考えてもいいくらい、色々な利用方法があります。
 すぐに思いつくのはパンにつける、ヨーグルトのソースにする等ですが、実は肉や魚料理はおろか、ブルーベリーやキウイなどの酸味のあるものは、オリーブオイルとバルサミコ酢に混ぜ、仕上げに塩コショウで味を調えれば、どんなサラダにもあうドレッシングができちゃう。

 なんだか、マダムな世界に浸りたいわっという時はバラのコンフィチュールに紅茶。そそいだ時に開く花びらを眺めれば、いつの間にか夢の世界へ...。
 そんな、リッチな気分になれるコンフィチュール。あなたの食卓にぜひ置いてみてはいかかでしょうか。
使い方あれこれ