日刊 勝ち組スポーツ・勝ちスポ!
横浜中華街おすすめ食べ歩きマップ

アクアエクササイズでヘルシーボディ!

そろそろ今年も薄着の季節!
近ごろ人気の「アクアビクス」って何?

 そろそろ、薄着の季節がやってくる。この時期になって、ようやく新年からため込んだ“マイ脂肪”の厚みにがく然とする人もいるのでは?

 長袖を着ているときには気づかなかった二の腕のたるみやウエストまわり、そしてブーツやパンツで隠されていた脚の余分なお肉…。
 毎年あわててダイエットに取り組んでも、脂肪は急に消えてはくれないもの。結果として毎年、水着の季節が来るころに突然無茶なダイエットや運動を始めてしまい、体調を崩す人や健康的でなくなってしまう人があなたの周りにもいませんか?

 今年の夏を前にして「どうせやるなら本気で取り組みたい!」と思い立っているアナタに注目してほしいのが、近年フィットネスジムなどでポピュラーに行われている「アクアエクササイズ」。これは名前の通り、水の特性を利用してプールの中で行うエクササイズのこと。

 先に述べたように、普段から体を動かしてない人が急に運動を始めると脚や心肺機能などに負担がかかってしまうケースもありますが、アクアエクササイズの場合は水圧や水の抵抗、浮力に水温といった“水の持つ利点”を利用して運動するので無理な負荷がかからず体を動かすことができるのです。そのため、年齢や体力に関係なく行える運動としても人気があるのです。
 今回は、さまざまな動きを水中で行うこのエクササイズの魅力をお伝えしましょう!


取材協力&画像提供 株式会社ゴールドウイン
セミオーダー・スポーツウエア・ショップ
横浜中華街おすすめ食べ歩きマップ

彼女連れの時のとっておき!
京都 湯豆腐の老舗〜南禅寺・順正〜
古都の旅情を満喫〜京都・柊家旅館〜
脳の衰えを防ごう
レトルトカレーを極める
幸せを呼ぶ!?イマドキの家計簿
粋にいなせに!男の着物
男一匹、観劇する
3Dゲームマシン
男40にして始める羊毛フェルト人形作り
現地ドイツでW杯を楽しみませんか?
シーズン到来!タラバガニを食べよう
一般人だって、歯は命!
クロスカントリーを観よう!楽しもう!
ニュージーランドのボート特注
自然の恵みを堪能する宿、マッカリーナ
セントラルスポーツ

負荷のない水中で運動すれば
どんな効果が期待できるの?

 私たちは水の中にいると、不思議と心が安らぐのを感じます。お風呂に入るとリラックスできるというのもその一つ。それはこの世に生まれる前、母親のおなかの羊水にいたときの記憶が体に刻まれているからかもしれませんね。
 でも、なかには“水ギライ”の人もいますよね。「うまく泳げないから不安」という人はご安心を。アクアエクササイズの場合は泳ぐのとは異なり、水の深さは胸元程度。足がついている場合がほとんどなのでおぼれる心配はありません。

 また「水中で運動すればおなかが減って、そのあとごはんを食べちゃったら結局太ってしまうのでは?」と気にする人もいるでしょう。
 しかし、アクアエクササイズの本来の目的は体重を落とすことではなく、水中での運動によって無理なく体質の改善やボディメークを行うということなのです。動いておなかが減るのは、体の内側が燃えているあかし。逆にいえば、それだけ燃焼効果が期待できるということ!

 実は、プールの中に入っているだけで運動になるってご存知でしたか? その秘密は水圧にあります。水の中ではあらゆる方向から体に水圧がかかり、水のマッサージ効果で血流がスムーズになります。脚のむくみならプールに入っているだけでおさまることも!

 さらに水圧を受けながら呼吸することで、心肺機能も鍛えられるという利点があるのです。


取材協力&画像提供 セントラルスポーツ株式会社
世界が誇る「RECARO」の魅力
テーマレストランで楽しいデート
夏はすぐそこ!ビーチサンダル特集!
「走るリビング」高級キャンピングカー
究極の「焼きいも」を探せ!
おもしろグッズ通販サイト
マカロンはお好き?
伊豆・河津温泉「抹茶風呂の宿つりばし荘」
エンジン付ゴムボートで気軽に水遊び
世界の牡蠣を食す!オイスターバー
大空を泳ぐ!スカイダイビング
気球に乗ってみよう!
知らなきゃソン!? “レーシック”
ボジョレー・ヌーボーの解禁日−パリ
生きたイカでつまみ作りに挑戦
今「ブックカバー」は着せ替えて楽しむ時代

水中なら体重も気にならない
浮力のサポートで無理なくエクササイズ

 うれしいのはそれだけじゃありません。通常、陸上で行うトレーニングを水中で行った場合、そのエネルギー消費量は水中のほうが大きいのです(効果には個人差があります)。
 そのためアクアエクササイズは陸上でのマラソンなど、ちょっとハードなトレーニングは体力的にキツイと感じる人でも体に余計な負担をかけることなくトライできます。

 陸上での運動に比べて最も特徴的なことは、浮力によって体重を軽減した状態でエクササイズできるというところ。
 水中の場合、浮力が作用し体重は陸上の約3分の1になります。これならオーバーウエート気味の人でも足首やひざに負担がかかりません。陸上ではキツかった柔軟も浮力がサポートしてくれるので、体が硬い人でもなんなく行えるのも高ポイントです。

 また、水の温度も脂肪燃焼の秘密が隠されています。一般的にプールの水の温度は体温よりやや低い程度。体温よりも低い温度の水に入ることで、体は体温の低下を防ごうと体内の脂肪を燃焼させ、代謝を活発にさせます。
 逆に、水中では運動で上昇する体温をクールダウンし、長時間のエクササイズを行えるメリットもあるのです。

 では、おもにどんな運動が行われるのでしょう?


取材協力&画像提供 株式会社ゴールドウイン
セミオーダー・スポーツウエア・ショップ