日刊 勝ち組スポーツ・勝ちスポ!
上野を散歩するならさんぽす

心をデトックス!? 感情モニタリング

今、何を感じていますか?

 最近、特別嫌なことも面倒なこともないのに、気分が晴れないと思っている人はいないだろうか?

 とりあえず、気持ちを切り替えるために、カラオケいったり、買い物したりするけど、何かひっかかる。解消できずにいると、常に気分がモヤモヤ。

 こうなると、段々イライラしてきて、ちょっとしたことで「ムキーッ!!」と怒りが込み上がってくる。

 それだけならまだしも、肩こり、胃痛、湿疹といった症状がカラダに現れたり、食欲不振になったりする。消化不良の心が及ぼす影響力は意外に大きい。

 そろそろストレスから解放されて、これから迎える夏のようにカラッと軽快な気持ちを手に入れよう!と盛り上がってみたものの、いったいぜんたい何をしたらいいのかサッパリ分からない。

 どうしたものかと悩んでいたところ出会ったのが、自分の感情とどうつきあっていくかを学ぶ「感情モニタリング」。

 人材教育関係者や、コーチングトレーナーの間でじわじわと広がりをみせている。
 現在、吉祥寺でセミナーを開いているときき、早速取材にいってきた。
感情モニタリングをやってみよう!
上野を散歩するならさんぽす

21世紀、家庭用ロボットの普及!
おせち料理は作る派? 買う派?
今年こそ! 大人のクリスマス
香水でセクシーな男を演出
スパで大人のリラクゼーションを満喫する
ワールドグッドデザイン 京仏壇『壇』
かっぱ橋道具街周辺そぞろ歩き♪
倉敷・最高の地酒を訪ねて
レストアを楽しもう
男の下着
心に刻む日本の風景を貼り絵で
ウワサの「炭酸泉」
快眠追求の極意とは?
イタリア モテる男の条件は手料理!
脳の衰えを防ごう
文豪の愛した食事
自分と仲良くなろう!

自分と仲良くなろう!

 私たちは大人になるにつれ、建前やどう良好な人間関係を作るかなど、考えばかりが先行してしまい、気持ちが置き去りになっていることがいっぱいある。

 実は、ストレスの根本はここにある。感情を顧みないことで、本来のハツラツとした自分を見失っているのだ。

 そこで、心とコミュニケーションを深めていく、感情モニタリングが必要になってくる。
 特に、どんな人にオススメなのか講師の木下道代先生に尋ねた。

   ・ちょっとした事にもイライラしてしまう
   ・買い物がとまらない
   ・人間関係にトラブルが多い
   ・気分の浮き沈みが激しい
   ・自分を責めてしまう
   ・何か面白い事ないかなーが口癖
   ・なにをしたいか分からない

…などなど。
 全部は書ききれなかったが、上記の内容だけでも、あてはまる人は多い気がする。そのことについて、聞いてみると

「そうです。現代は自分と上手につきあうことができない人がほとんど。主な原因は、頭だけで考えて行動することに慣れているからでしょう。」

ということだった。
 真面目な人ほど心の病にかかりやすいといわれているが、これと関係がありそうだ。
ヴィンテージ・タックル入門 〜ハネクラ〜
エンジン付ゴムボートで気軽に水遊び
あなたが選ぶ、今年のベストカーは何?
ヘリコプタークルージングで眺める極上の夜景
オーディオは音にこだわれ!
日本上陸!外資系ラグジュアリーホテル
楽器をつくる
水と食品サンプルの町、郡上八幡
地球環境問題への第一歩を踏み出そう
男の料理!カレー編
本場で学ぶ!いまどきの海外留学
新しくなった表参道に行こう!
男性も、下着のオシャレが必要な時代!
デキる大人のデンタルケア
一匹10万円?小動物を飼ってみよう!
上澄みが絶品? 紹興酒を甕(かめ)で買う

ダメといわれればいわれるほど感情は強くなる

 感情モニタリングは、筋肉運動をする時の、鍛えたい部分に気持ちを集中するのと似ている。
 今何を望んでいるか、どう感じているかにしっかり注目したうえで、行動をおこすのだ。

 これにより、相手に振り回されなくなったり、必要のない苦労をしなくなったりと、心をケアしてあげることができるようになる。
 この自己メンテナンスが「自然と」行えるように練習を積んでいく。

 シェイクスピアの作品にロミオとジュリエットという作品があるが、2人は仲を反対され、どんどん恋心を燃え上がらせていく。心にも同じ現象が起こる。感情に対してダメだしを行うと、余計に思いが強くなるのである。

 例えば、嫌いな人がいる。しかし、どんな人でもいい所はあるのだから、と相手を好きになろうと努力する。
 結果、仲良くなれるかというと、そうでもない。反対に嫌いから、大嫌いに変貌していることのほうが多い。
 自分の抱いた気持ちを認めることが出来ずにいると、よりパワーアップしたネガティヴなエネルギーが生まれるのだ。

 つまり、全ての感情に素直になれれば、むやみに心を荒だてることもなくなるのである。
ダメといわれればいわれるほど感情は強くなる