日刊 勝ち組スポーツ・勝ちスポ!
横浜中華街おすすめ食べ歩きマップ

ママの味?シェフの味?イマドキのカップケーキ事情

カップケーキは母の味

 子供の頃、母が作ってくれるお菓子の中で、一番嬉しかったのがカップケーキでした。上にカラフルなスプレーチョコが乗っていたり、レーズンの入ったバター風味だったり。蒸したものや、焼いたもの、いろいろなヴァリエーションを楽しめて、甘くて柔らかいけれど、形は薄っぺらい円形のみのホットケーキに比べると、かなりゴージャスなお菓子に思えたんです。

 難しい作業はないので、子どもでもお手伝いできるのも魅力。小学生だった私は、少し大きい母のエプロンをつけて、母の指導のもと、ケーキ用の粉をふるい、卵とバターを練りました。生地に何を入れるか考えるのも楽しかった。母とスーパーのお菓子コーナーを巡り、くるみやシナモンを選んだものです。

 カップケーキは、シンプルな味なので、オレンジピールを入れるとオレンジ味に、ココアを入れると、チョコレート味になります。何も混ぜずに、上からメープルシロップをかけると、シロップとスポンジが口の中で交じり合い、また違う味わいを楽しめます。

 また、蒸して作ればカロリーも低くてヘルシー。ラムに漬け込んだレーズンを刻んで混ぜれば、大人の味に。カップケーキは、どんな人にでも楽しめる、奥の深いお菓子だといえるかもしれません。
HAPPY MUFFIN CAFE
横浜中華街おすすめ食べ歩きマップ

そうだ、宇宙に行こう!
天満天神繁昌亭で上方落語ブームを体感!
男の料理!カレー編
エグゼクティブご用達のブランドバッグ
レストアを楽しもう
男のこだわり!氷山の氷でオン・ザ・ロック
福臨門魚翅海鮮酒家でお手軽飲茶ランチ
もんじゃを極めて江戸っ子気取り!?
食欲の秋を乗り切る肉体改造&管理!
世界最高の輝き!スワロフスキーに夢中
あぁ、美味しいプリンが食べたい!
運命の出会いを求めて〜パーソナルチェア〜
ベニス・ゴンドラの旅
健康のために求められる「自然食」
マカロンはお好き?
ギターキッズたち永遠のあこがれ フェンダー
HAPPY MUFFIN CAFE

可愛いカップで楽しくホームメイド

 先日、近所の100円ショップをうろうろしていると「お菓子作り」と銘打ったコーナーがありました。100円と言ってもあなどれないもので、アルファベットのクッキー型、プリン容器、パイ皿までが揃っています。

 その中で私の目を引いたのは、プリンカップの底にイルカの絵柄が付いたもの。なんに使うのかと不思議に思いましたが、どうやら、カップケーキにも使えるようです。この器に入れて焼くと、底にイルカ模様のついたカップケーキが出来上がるというわけ。これは一度試してみねば。ついでに、アルミカップ10個入りも併せて購入し、早速チャレンジてみました。

 用意したのは、ホットケーキミックス200gと、卵一つ。牛乳1カップとサラダ油を大匙一杯。お砂糖を少々と、好みでレーズンや、チョコチップ。どれも台所には常備されているものなので、特別に買い足す必要はありません。調理もごく簡単。ただ材料をすべて混ぜ、カップに入れて、180度に熱したオーブンで30分焼くだけです。

 子どもの頃、母が作ってくれるカップケーキは、とてもおしゃれで、特別なもののように思っていたのですが、今自分で作ってみると、あまりにも簡単なので、却って拍子抜け。私の中のカップケーキの地位がガラガラと崩れていくような気がしてしまいました。でもその代わり、これから気軽に作ることができるわけですから、やっぱりカップケーキは素敵ですよね?!

 焼き上がりはこんがり。イルカの模様が少し分かりづらかったので、眼のところにレーズンを置いてみました。蒸しケーキにすれば、もう柄が少しはっきりするかもしれませんね。
「トイレ」は 自分だけのくつろぎ空間
2007年の夏は、さわやかポロシャツ!
オシャレのエアポケット、ベルトに注目!
日本発祥!インスタントラーメン
悦楽のイタリアンスクーター
かっぱ橋道具街周辺そぞろ歩き♪
憧れの高級車が数万円から!?
辛くて旨いっ!「とうがらし」
2007年 今年こそは初日の出が見たい!
男一匹、観劇する
暮らしを彩る魅惑の輝き バカラグラス
エキゾチックリゾート 長崎
ドイツ生まれのスタイリッシュ日用品-コジオール(koziol)
おしゃれ愛犬グッズで充実ドッグライフ
この値段でこのボリューム!名古屋モーニング
パワーストーンで願望成就!

意外なモノでカップケーキ?

「カップケーキのレシピがどんなに簡単でも、家にオーブンがないから作れない」そんなことを言って諦めるのはまだ早いんです。実は、意外な器具で、カップケーキを作ることができるんですよ。ほとんどのご家庭にあるその器具は、温度調節も必要なく、それどころか時間の設定をすることもなく、カップケーキを作り上げてくれるスグレモノ。

 さて、その器具とはなんだと思いますか?

 そう。炊飯器なんです。ホットケーキミックスと卵、牛乳などで作ったタネをカップに入れ、炊飯器に並べます。あとは蓋を閉めて、「炊飯」のスイッチを押すだけ。オーブンを使うよりもずっと簡単です。

 できあがりは、ふっくらとして、蒸しケーキのよう。でも、材料にサラダ油を使っているので、しっとりふっくら。焦げ目がつかないから、舌触りが柔らかく、甘いスポンジが口の中でふんわりと溶けていきます。蒸しケーキよりはさっくりと、でもオーブンで焼くよりはずっと柔らかい。新感覚のカップケーキが出来上がります。火を使わないから、小さなお子さんが調理するのに最適かもしれません。
HAPPY MUFFIN CAFE