日刊 勝ち組スポーツ・勝ちスポ!
お散歩するならさんぽす

休みができたらプライベートリゾートへ

まとまった休みがとれた!
そんなときは?

 お休みの日は何をしていますか?家でダラダラと過ごす、映画館に行く、ショッピングで散在する、おいしいものを食べに行く、はたまた家族サービスをしている……こんなところでしょうか?それはそれでいいけれど、少しまとまった休みがとれたときは、旅行、それも、どこか遠くへ出かけてみたいと思いませんか?

 どうせ行くならただの旅行じゃ詰まらない!人とはちょっと違うところへ行って、贅沢な休日を一度は味わいたい……そんなあなたへ今回お勧めするのが、プライベートリゾート。休みの日まで人ごみのなかで過ごしたくない、でも旅行はしたい、なんて思っている方にぴったりの場所が、実は世界中にあるんです。

 誰にも邪魔されず、密かに愛を育むも良し、家族での思い出づくりにも良し、もちろん、ふらり1人旅も良し!とっておきのプライベートリゾートを、あなたも見つけてみませんか?
JALプライベートリゾートオクマ
お散歩するならさんぽす

日曜大工で自分サイズの家具を作ろう
旅行ついでに人間ドック!PETとゴルフ?
ANAインターコンチネンタルホテル東京
オリジナル現像で、写真にこだわる!
究極のフィッシング「マグロ釣り」!
落ちにくいメイク〜Eye Make
ヴィンテージワインで、深いひと瞬間を
エグゼクティブご用達のブランドバッグ
季節を体感、満喫デート
温暖化で幻となる日も近い?“天然氷”
コートドール実食レポート
ハードボイルドに決める大人のガン遊び
大空を泳ぐ!スカイダイビング
ビールだって自分で作れば断然うまい!
南米熱帯雨林の天恵、アマゾンフルーツ
究極の「焼きいも」を探せ!
JALプライベートリゾートオクマ

初心者にオススメ?
JALプライベートリゾートオクマ

 そうは言われても、プライベートリゾートってどこにあるの?何て声も聞こえてきそうです。まずは、2泊3日でも大丈夫、お手軽なプライベートリゾートをご紹介しましょう!

 沖縄にあるプライベートリゾートオクマは、那覇空港から車で2時間ほど。バスも出ています。戦後アメリカ軍の保養地として使用されていた施設を改築してつくられたと言い、広さは約10万?!広々としたコテージのすぐ目の前は、エメラルドグリーンの海です!思わず、ここが日本だということを忘れてしまいそうな光景が広がっています。海やビーチサイドのプールで泳ぐのはもちろん、ダイビングなどのマリンスポーツを楽しむことができるほか、テニスコートなどが完備され、スポーツもできる環境がととのいます。レンタサイクルもオススメ。近隣を散策してみてはいかがでしょうか。疲れたら、リラクゼーションサロンでリフレッシュしましょう。

 食事どころも揃います。一押しは鉄板焼の「阿壇」。一流シェフにお肉や魚介類、そしてゴーヤも焼いてもらいましょう。コース料理が中心です。「どこの店も高い」という方、ご安心あれ。オクマビーチから出てすぐのところに、ひまわり食堂という店があります。定食やソーキそば、どれも安くて量もたっぷり、何よりおいしいですよ!筆者の大好物は、ここの牛肉そばだったりします……。

 JALプライベートリゾートオクマは直接申し込みの他、JTBなどのパックツアーでも気軽に予約ができます。ちょっと休みができたら“数日間の逃避行”してみませんか?
 
粋にいなせに!男の着物
六本木ヒルズグルメランキング・中華
アナタの「口内環境」を見直そう!!
クルマ・ジャガー所沢 ハンユウ株式会社
生きたイカでつまみ作りに挑戦
「一服を楽しむ銘茶を探そう」
憧れの高級車が数万円から!?
マイナスイオンで快適ライフを送ろう!
一澤信三郎帆布に注目!
シュヴァルの理想宮って知ってますか?
スカンジナビアの優れたデザイン達
古民家テイストで暮らそう
オリジナルの「署名」にこだわる!
視力回復のススメ
洗顔&シェービングで男を上げる!
大きいパネライにかわいいAIBO

あなどれない日本
まだまだ知らない場所がたくさんある!

 「もっと知られていないところへ行きたい」という、通?な方は、しましまネット(日本離島センター)のホームページを覗いてみましょう。日本の離島の情報が一同に集まっています。離島ファンにとっては、実はかなり有名なサイトです。

 より詳しく調べたい方は、SHIMADAS(シマダス)をどうぞ。こちらも、一時期話題になったことを覚えている方もいるのではないでしょうか?手に取れば、日本にどれだけたくさんの島があることか、気づかされることでしょう。1000あると言われる島のうち、あなたはいくつ知っていますか?ほとんどの人が10も浮かばないのではないかと思います。読めば情報が満載、きっとお気に入りの島が見つかりますよ!

 しかし、上記データはややマニア向け過ぎるかもしれません。ここまでディープでなくても……と感じる方はホームページ、日本の島へ行こうをどうぞ。分かりやすく整理され、オメージが掴みやすいかもしれません。
しましまネット