日刊 勝ち組スポーツ・勝ちスポ!
鎌倉小町通りを食べ歩き

格付けって何?あなたの会社が評価される

低迷した日本経
国債格付にも影響

 日本の借金がいくらかご存知だろうか? 地方自治体の債券もあわせるとほぼ900兆円なのだそうだ。

 国家予算は年間80兆円。そのうち30兆円は国債の償還のために必要な予算で、そのためのコストは国債を売って作る。税収自体は50兆円しかないのだ。

 債券の総額が国家予算の10倍以上、GDP550兆円の1.5倍。はっきりいって、これは日本じゃなければ国家の債務不履行=デフォルトに陥るだろう。

 日本には膨大な含み資産とドル−円経済圏の強みがある。国債の消費もほとんど国内で行われているため、最悪の場合、貨幣の増刷によるインフレ誘導、増税、銀行による強制買取などの非常手段を使うことでデフォルトは避けられるといわれる。しかし可能性はゼロではない。

 さらに08年には小渕内閣が大量発行した国債の償還期限がやってくる。国債の償還期限を延ばしてもらうか、個人向けにマル優のような税法上有利な施策を行い、購買を促すか、何にせよ、景気が上向いたというのは短期的な現象で、長期的には予断を許さない日本の財政状況である。

 国債は日本の借金証書だ。国債を購入するということは国にお金を貸していることと同じだ。国がデフォルトを起こせば、貨幣はもちろん国債も暴落する。だから借金をする相手=債務国のことを債権者=国債の購入者はよく見極めなければならない。

 こうした財政状況と株価低落による不況により、日本の国債は非常に価値が低くなっていた。それがここに来て評価を上げ始めた。国債の評価を行うのは民間の格付け機関だ。
低迷する日本の格付。明日はどうなる?
鎌倉小町通りを食べ歩き

アナタの「口内環境」を見直そう!!
世界が誇る「RECARO」の魅力
あぁ、美味しいプリンが食べたい!
寒い冬こそ“お取り寄せ”!
醤油に凝るなら紅梅しょうゆ!
男がハマる“おりがみ”の世界
勝負下着を身に着けよう!
温暖化で幻となる日も近い?“天然氷”
ドカンと一発! 個人で打ち上げ花火
和の粋「火鉢」を楽しもう
3Dゲームマシン
自宅でそろえる高級健康器具
エンジン付ゴムボートで気軽に水遊び
初日の出を見る!
今が買い時!「携帯の良番」
大人のための社会科見学のススメ
格付けは債務者の客観的評価

格付けは債務者の客観的評価
債券購入の指針に

 格付けとは何だろうか?
 アメリカの格付け企業「スタンダード&プアーズ」(以下S&P)によると<企業や金融機関をはじめとするさまざまな経済主体や、債券に代表される金融商品の債務の履行能力に関する格付け会社の意見>ということになる。
 債券には国債や地方債の他に企業が発行する民間債があり、企業は普通社債や転換社債、ワラント債を発行している。そうした債券を発行する債務者に金を貸しても大丈夫なのか=債券を購入して利益を出るのか、それを第三者機関が調査し、公表する。それが格付けだ。

 日本で格付けを行っている会社は、日本格付投資情報センター日本格付研究所、外資系のムーディーズ、S&Pがある。S&Pの場合、最上位ランクがAAA、そこからAA、A、BBB……と11段階にランク分けされ、さらに+−をつけて20段階に細分化する。
 格付け機関によってこのランク分けのやり方は違っているので、同じカテゴリーAでも評価が違っている。たとえばムーディーズの場合は最上位ランクがAaa、次がAa、A、Baa、Ba……と9段階に分けられ、さらに1〜3の数字を加えて細分化している。

 国債の格付けは格付け機関のソブリン・グループが評価手法を確立したことから、ソブリン格付けと呼ばれている。

 S&Pが最初に日本の国債を格付けしたのは1975年のこと。高度経済成長がピークを迎え、80年代のバブル期へとつながる好景気の年だ。この時、S&Pは国債に対して最高ランクの「AAA」の評価を出した。
 しかしこれ以降、国債の評価は一方的に下がり続け、2002年4月「AA-」の評価となった。この時、ムーディーズも「Aa2」から「A2」へとランクを下げた。
次世代ゲーム機 あなたはどれを選ぶ?
心に刻む日本の風景を貼り絵で
男一匹、観劇する
運命の出会いを求めて〜パーソナルチェア〜
勝ち組ブログ・レジャー業界で有名なあの社長が登場!
キャンプをワイルドに楽しもう!
滋養強壮!?サプリメントライフ!
北九州に行こう!
ゲームじゃなく鉄道を運転したい!
レトルトカレーを極める
「一服を楽しむ銘茶を探そう」
選んで持とう!個性的クレジットカード
失敗しない住まいのエクステリア
めざせ「おしゃれパパ」スタイル!
相撲を楽しんだあとは“ちゃんこ”を満喫
役立たずでも面白い! 検定に注目せよ

ソブリン格付がランクアップ
評価された行財政改革

 「AA-」のランクにある国はイスラエル、キプロス、チェコ、バルバドス(2002年度)などであり、日本・イタリアを除くG7参加国は「AAA」にランクされている。イタリアのランクも「AA」。日本の格付は先進国中で最下位だったわけだ。

 4月に入り、S&Pは日本のソブリン格付を「AA-」から「AA」へと引き上げた。小泉内閣以降の経済改革・行政改革が評価された結果だ。しかしソブリン格付が上がったから、それが日本にとって具体的なメリットを生むわけではない。事実、S&Pの発表があっても日経平均の値動きはほとんど見られなかった。

 国債の格付けはミシュランのようなレストランの格付けとはまったく違うのだ。11月に日本でも発売になるミシュランの場合、お金を払って得られる対価を評価する。格付けは債券が信用できるかどうかの一点だ。

 だから国債の評価が上がったからといって、日本の国の世界的な評価が上がったわけではないし、日本企業の評価にもまったく関係がない。株価が上昇基調にあるのが格付けにプラスにはなるが、逆ではないわけだ。

 日本の国債を海外の投資家が大量に買うようなことになれば、こうした格付に神経を使う必要もあるが、国内消費が基本である以上、ほとんど関係がないといっていい。これとは対照的に、株価や対外評価に直結するのが民間債の格付けである。


丸の内に日本法人がある「スタンダード&プアーズ」