日刊 勝ち組スポーツ・勝ちスポ!
横浜デートスポット

ラフティング これぞ自然のウォータースライダーだ!!

大型ゴムボートに10名以下のチームで乗り込み川の激流&急流を下る

 最近お疲れ気味…。なんかいいリフレッシュの方法がないかなぁ?
 そんな人にピッタリなのが、ラフティング
 特に夏に向けてのこれからのシーズンは最高ですよ。おまけにマイナスイオンもバッチリです!

 大型ゴムボートに10名以下のチームで乗り込み、川の激流&急流を下るという団体ウォータースポーツで、風を感じながらバシャバシャと降りかかってくる水しぶきは、何ものにも代えられない快感ですよ(笑)。

 しかも目まぐるしく変わっていく風景は、絶景のひと言。まさしく自然のウォータースライダー、そんな感じが堪能できます。

 でも泳げないし体力がないし、それになんか怖いかも!?
 なんて人でもご安心を。通常のツアーではちゃんとインストラクターが同乗しているし、ライフジャケットやヘルメットをちゃんと貸してくれるからです。

 おまけに流れのゆるやかなところでは、ただプカプカ浮かんでいるなんてゆったり気分を味わうこともできちゃうんです。
有限会社ランナバウト
横浜デートスポット

注目のメンズコスメ「VITAMAN」
男がハマる“おりがみ”の世界
男だってスクールで自分磨き!
NYメンズファッションレポート
今「ブックカバー」は着せ替えて楽しむ時代
現代風!? 葬儀・墓参アラカルト
富裕層向け金融商品
クリスマスはどう過ごす?
男だからこそ、家庭菜園を楽しもう!
今が買い時!「携帯の良番」
レトルトカレーを極める
バーベキューは豪快に豚の丸焼き!
鞄は実用?それともオシャレ??
JACOB JENSEN(ヤコブ・イェンセン)
2006年・花火大会鑑賞プラン
有限会社ランナバウト

たった数時間で仲間と打ち溶け合えるスポーツ

 「壮大な自然に対してルールを持ち、初心者の方、そして運動神経のない方でも誰でも挑戦でき楽しむことができるんです」
と、ラフティングの魅力について語ってくれたのは、ランチバイキングや温泉入浴つきラフティングツアーで人気の有限会社ランナバウトでチーフインストラクターを務める岡島渉さん。

 オーストラリアでラフティングと出会いその魅力にとりつかれ、その後ニュージーランド、カナダと渡りプロラフティングガイドとしての経験を積んだ彼ならではのコメントです。

 さらに、
 「同じボートに同乗した出身地も性別、年齢も違う方々が、たった数時間でこんなにも打ち溶け合えるスポーツはそうはないと思います。1度経験すれば、きっとヤミツキになります。リピーターのお客様が多いのも特長です。ぜひトライしてみていただきたいです」
とのコメントも。

 なお同社ツアーの参加者は3歳〜84歳までと幅広く、障害を持った人の参加もOKとか。
おいしい水を探しに行こう
核シェルターで安全な未来を
今風・酒の薦めは「立飲み」でキマリ
ヴィンテージ・タックル入門 〜ハネクラ〜
雑穀で健康ボディ
「サイエンスカフェ」で頭脳を磨く
オール電化体験記
ラフティング これぞ自然のウォータースライダーだ!!
優雅に香るシガーが大人を演出します
美よ永遠に!“プリザーブドフラワー”
リニアモーターカーに乗ってみた
都会にいながら憧れのログハウスに住みたい
勝ち組男性が綺麗なのは絶対です!
役立たずでも面白い! 検定に注目せよ
ハイビジョンで迫力の映像を楽しもう
「ブドウ糖」で脳内パワーをチャージ!!

利根川と吉野川は激流好きにはたまらない川

 もしこれを読んでいる人で、ちょっとやそっとの刺激じゃモノ足りない!!なんてかなりの怖いもの知らずの人にオススメしたいのが、関東なら利根川で四国なら吉野川でのラフティング。
 どちらも激流好きのラフティングファンにとってはたまらない川なんです。特に利根川ではこの時期、雪解水が流れ込むことからかなりの激流になります。

 グングンと加速していく激流の中、両手に持ったパドルを頭上にかざしてバンザ〜イ!!
 これはまさに遊園地の絶叫アトラクション並みの気持ちよさ。おまけに大波がザップ〜ン。水もしたたるいい…(笑)。

 おまけにボートはすごいスピードを出しちゃっているってゆうのに、目前には岩がっ!なんとかその間を通り過ぎると、また激しい波の連続。ボートもかなり傾きハラハラドキドキしっ放し。

 でもちゃん〜と心強いインストラクターがパドルでかじ取りや指示をしてくれるので、そのエキサイティングな体験にのめり込むことができちゃいますよ。でもたまには、ボートが裏返っちゃうこともあるみたいですけど(笑)。

 ちなみに吉野川には有名な8つの激流、利根川には40ヶ所以上の激流スポットがあります。
有限会社ランナバウト