日刊 勝ち組スポーツ・勝ちスポ!
お散歩するならさんぽす

落ちにくいメイク〜Eye Make

「毎日のメイクが面倒で」と
思ったことはありませんか?

 女性なら多かれ少なかれ、誰もが関わる「メイク」。洋服を着飾るのと同じようにそれはとても楽しいひとときではあるのですが……忙しいときには正直、おっくうになりませんか?

 毎日のメイクがなければ、あと10分、20分は多く寝られるのに……と、少なくとも私はよく思います。
 さらには1日に何回もメイク直しをしていると思わず「男性はラクでいいよな〜」などと考えてしまう……きっと私だけではない、はず。

 「スッピンは絶対人に見られたくない」
 そんな声も聞きますよね。特に眉毛のない姿だけは絶対に隠すという声の多いこと!
 何年も一緒にいる彼氏にもスッピンは見せたことがないなんて聞くと「マメだな〜」と私は逆に感心してしまうのですが、きっと相当気を遣っていることと思います。

 そんな苦労から開放される方法があったら、あなたはどうしますか?
 堂々とスッピンでいられるなんて、夢のようではありませんか?
embellir(アンベリール)
お散歩するならさんぽす

フランス発 クリスマス便り
トライアスロンをしよう!
体験型ギフト〜ギフトが贈る素敵な時間
究極の「焼きいも」を探せ!
お家で冬のほっこりデート!
競馬の楽しみ方
ドイツ生まれのスタイリッシュ日用品-コジオール(koziol)
21世紀親子の室内遊び! キッズカフェ増加中
異国の“味”がつまった民族楽器
ベランダ農園で、おいしい野菜づくり
午前0時発。眠らぬ都市・東京を歩く
科学的自己分析入門
ビールだって自分で作れば断然うまい!
こだわりの印鑑
ロマンティック! 水上に住まう暮らし
大人のための日帰りバスツアー!
embellir(アンベリール)

落ちにくいメイクって何?

 実は、面倒な化粧から開放される方法があります。これは簡単に言えば、皮膚を染料で染める、洗っても「落ちにくいメイク」。
 汗をかいても顔をジャブジャブ洗ってしまっても、“隙のない顔”を維持できるなんて、画期的ではないですか!
 しかも、こちらのメイクは自分でお化粧をするよりも自然で美しい仕上がりだと言われています。

 「それって入れ墨でしょう?」と思われた方もいるでしょうが、少し違います。

 入れ墨は一度入れたら一生消えませんが、こちらのメイクは1〜3年で消える、または薄くなります。数年ごとに通わなければなりませんが、流行に合わせてその都度眉毛を変えられる、とも言えます。

 一時期、極端に細い眉毛が流行ったこともありましたよね。一生極細眉毛と付き合わなければならないのでは憂鬱になっちゃいますから、このくらいのサイクルは却ってちょうどいいのではないでしょうか。

 この他にも、アイラインを入れたり、まつ毛パーマをかけることもできるお店がほとんどです。
本場で学ぶ!いまどきの海外留学
デートにモノレールを使ってみる
ジョギングで、心も身体も「うまい!」
ビッグスクーターでタンデムツーリング!
サステナブルなエコロジーグッズ
アジの干物作りにトライ!
うわさのストレスコーチングって何?
ANAインターコンチネンタルホテル東京
食うか食われるか クマと戦う
上質な人生に、上質な睡眠を
これぞ道楽!ボートで遊ぶ
ニュージーランドに住んでみよう
五・七・五は魂のリズム!
クリスピークリームドーナツ、もう食べた?
現代風!? 葬儀・墓参アラカルト
目覚めスッキリ!羽毛布団で快眠ライフ

やるなら安心なところで、そんな方は
embellir(アンベリール)

 より落ちにくいメイクを知ってもらうために、今回は東戸塚にあるembellir(アンベリール)にてお話を伺いました。EyeMakeの他にフェイシャルやネイルなども行う人気店です。

 「眉毛は、ちょっとごみ捨てに行くとき、プールや温泉に入るときなどに眉毛がないのは嫌、という理由で始められる方が多いですね。
 アイラインは、目を大きく見せたい方や、涙が出るとメイクがとれてしまい困るという方、左右の目のバランスをとりたい方が興味をもたれています。一度チャレンジすると止められなくなるようで、最終的には眉毛とアイライン、両方行う方が多いです。
 眉毛が薄い、貫禄が欲しいといった理由で男性のご利用もあります。ただ、皮膚が厚いため、手間も時間も女性よりかかることは想定しておいていただきたいですね。」

 こう話すのは、エステティシャンの鈴木さん。ネイルやフェイシャルなどで来店されたお客様と打ち解けた辺りで「実はEyeMakeにも興味があって……」と相談されることが多いのだそうです。
embellir(アンベリール)