日刊 勝ち組スポーツ・勝ちスポ!
横浜デートスポット

もんじゃを極めて江戸っ子気取り!?

もんじゃ焼きって?

 下町の名物“もんじゃ焼き”。大好きでよく口にしていて、食べ方などにこだわりのある“通”が多数存在する一方で「生まれてから一度も食べたことがない」という人も多い食べ物だ。

 東京生まれの東京育ちでも、食べたことのない人は案外いる。しかしマイナーなのかと言えば、都内各地には実にたくさんのもんじゃ屋が存在する。

 大阪から来た人に必ず言われる「あんなもん食えん!」の一言。
 確かに、見かけは悪い。○○みたいとおっしゃるのも、よ〜く分かる。しかし、だ。食べもせずに想像で「おいしくない」なんて言われるのは正直悔しい。

 もんじゃの良さを分かって欲しい!ということで、下町生まれ、下町育ちのライターが立ち上がった!もんじゃ歴ン十年の私が、もんじゃのイロハを余すところなくご紹介しよう。

 もんじゃ焼きが生まれたのは、駄菓子屋。鉄板にメリケン粉を水で溶いたものを引き、醤油で味をつけたのが始まりだ。
 「文字焼」がなまって現在の「もんじゃ焼」になったとされている。今や具のバリエーションも様々、味付けも各店工夫をこらし、店の数だけ味わいがある「もんじゃ」。未知なる?世界に、足を踏み入れてみよう。
月島もんじゃ振興会協同組合
横浜デートスポット

今年こそ! 大人のクリスマス
究極の酸素システム O2rich
MBA取得で、目指せ一流ビジネスマン!
21世紀、家庭用ロボットの普及!
アートとしての「磁性流体」
ワンランク上のボウリングをしよう
口呼吸は危険がいっぱい!
記録的寒波。辛いモノで内から打ち勝て
大空を泳ぐ!スカイダイビング
百花繚乱のメイドビジネスをスクープ!
男だったら肉を食え!
キノコの家? セカンドハウスはドーム型
2007年の夏は、さわやかポロシャツ!
鞄は実用?それともオシャレ??
株価予想ソフトDream Catcher
夏はやっぱり、アロハシャツ!
月島もんじゃ振興会協同組合

おいしいお店の見分け方

 「数あるお店のなかで、どこがおいしいの?」と思っている人は多いだろう。
 味を大きく左右するのは、タネ(汁)の部分。大抵のお店は小麦粉と出汁を合わせたものにウスターソースなどで味付けをしている。
 味の濃さ、何で出汁をとっているか(基本は鰹。出汁をとらず水を使う店もある)など、店によって違うので、自分好みの店を見つけたい。

 また、具の種類も多種多様。エビ、イカ、タコ、牛肉、豚肉、明太子、そば……この辺りは定番中の定番、どこのお店でも大抵見つけることができる。
 その他もちやチーズ、カレー、ベビースターなども人気だし、鮭やキムチ、納豆、梅、いかすみ、トマトなど変り種を用意する店も少なくない。
 “デザートもんじゃ”なるものも最近密やかに?人気を集めている。

 そうは言っても、実際に行ってみないと分からないのが正直なところ。まずは近所のお店から試して欲しい。
 もんじゃで有名な月島などへわざわざ出向くという方は、月島もんじゃ振興会協同組合のHPをどうぞ。

 人気店は……食事時に行けば行列ができているのですぐ分かるはず(笑)食べ放題の店もあるが、もんじゃは全体的に価格が安いので、かなり気合を入れないと元がとれないかも……。

自分に御褒美を!
価値観の違い!100万円の使い道。
和の粋「火鉢」を楽しもう
究極のエコレジャー・シーカヤック
漂泊の自由人・ゴーギャンの誘惑
2007年は「ヘルシーおせち」から!
目で、味で、食べ方で楽しむ輸入菓子
21世紀親子の室内遊び! キッズカフェ増加中
未来をかけたレアメタル競争勃発!
アンテナショップで全国巡り♪
カメラを自作する?ピンホールカメラで遊ぼう
ホームシアターをより快適空間に
世界のカウントダウンイベント特集
女性の魅力満載のベリーダンス
木のねんど?もくねんさん
楽器をつくる

もんじゃの作り方を公開!

 いざお店に行ったはいいものの、どうやって作るの?と困ってしまった人の話をよく聞く。

 大抵はお店の人が作り方を伝授してくれるはずだが、時には「えぇ、作れないの?」という顔をされてしまうこともあるようだ。
 作り方が分からないまま適当に、とんでもないもんじゃに仕上げている人もよく見る。ここでは代表的なもんじゃの作り方を紹介しよう。

?油を引き鉄板を温める。なかなか熱くならないことに苛立っている人を時々見るが、鉄板が温まりにくい、つまり、鉄板に厚みがあればあるほどおいしく焼ける。そう思えば待っていられるだろうか?

?具とタネ(汁)を混ぜ合わせ、具財のみを鉄板へあける。

?キャベツを切るようにしながら炒める。こうすることで野菜から甘みが出てよりおいしいもんじゃに仕上がる。

?炒めた具でドーナツ状の土手を作る。

?そして、中央のあいたところにタネ(汁)を流し込む。土手が決壊してもあせらずに、流れそうになったタネ(汁)はヘラで土手に一体化させてあげれば大丈夫だ。数回に分けて注げば安心だろう。

?タネ(汁)がグツグツと煮えてきたら、全体を混ぜ合わせできあがり。お好みで青のりをかけたり、ソースなどで味をつけてもいいだろう。
月島もんじゃ振興会協同組合