日刊 勝ち組スポーツ・勝ちスポ!
鎌倉小町通りを食べ歩き

「米ぬか」はカラダにもお肌にも栄養満点!!

手作りパック&お風呂で「米ぬか」美人に!!

手作りパック&お風呂で
「米ぬか」美人に!!

 米ぬかの使い方として忘れてはいけないのが、美容法!という事で、2つの手作りケアにチャレンジしてみました。

 まずは、手作り「米ぬかパック」に挑戦。「米ぬか」「小麦粉」「水」をそれぞれ適量用意したら、「米ぬか」と「小麦粉」を6対4の割合でよく混ぜてなじむまで20分程置きます。
 「水」を少しずつ足していき固くもなく柔らかくもない程度になれば出来上がり。石けんで汚れを落とした顔全体に「米ぬかパック」をまんべんなく塗ります。
 そのまま10分程おいてから強く顔をこすらないように水で流します。

 実際に洗ってみると、肌のザラツキがなくなってツルツルに!
 鏡で見ても毛穴やシミが少し目立たなくなったかな!? と、にんまり。

 続いては「米ぬか風呂」に挑戦。木綿の手ぬぐいで作った袋やハンカチ等を用意しその中に「米ぬか」を入れます。
 鍋で10分程煮てから煮出したお湯と一緒に湯船に入れます。乳白色のまろやかになったお湯にゆっくりと浸かりましょう。

 実際に顔や体を洗ってみると、お肌がしっとり滑らかに!
 お風呂からあがって顔を見ると毛穴が引き締まりキレイかも!? と、ここでもにんまり。
 米ぬかに含まれている油分が皮膚になじんでお肌をしっとりさせてくれたり、石鹸と同じくアルカリ性なので毛穴に詰まった汚れを落としてくれるのだとか。

 さすが、生活の知恵から生まれた伝統的な美容法!昔の日本人女性に倣って、皆さんも米ぬかケアしてみませんか?
鎌倉小町通りを食べ歩き

日本で初めて商品化
老舗の米ぬか袋「美人ぬか」

 もっと手軽に米ぬかケアをしたいという人には、明治27年「神戸美人ぬか本舗」として創業した「リアル」から発売されている「美人ぬか」がおすすめです。
 米ぬかを木綿袋に入れた洗顔&洗身料なのですが、実はコレ、日本で初めて商品化された米ぬか袋なんです。

 米ぬかから抽出される、純度100%の天然米ぬかエキス「オリザブラン」を配合し、ベースに植物由来の成分を中心に仕上げたもので、米ぬかの潤いと木綿の適度なマッサージの相乗効果で不要になった角質を取り除いて、お肌のキメを整えてツルツルに磨き上げてくれます。

 和風のパッケージを開けると、極細の白い粉末からはベビーパウダーのような優しい香り!
 手の平にちょこんと乗る可愛い「美人ぬか」を水またはぬるま湯の中で軽くもみます。
 充分に水を含ませて軽くマッサージする要領で洗います。思わずごしごしとこすってしまいそうになりますがここは優しく優しく!全体を洗い終えたら水で流します。

 実際に使ってみると、お肌がツルツル&モチモチに!ふんわりと優しい香りが残るのもいい感じ!!
 とにかく手軽なので米ぬかケアを長く続けたいという人におすすめです。

 「リアル」には他にも様々な米ぬか化粧品が揃っていますので、米ぬかでトータルケアも出来ちゃいますよ。


取材協力&画像提供:株式会社リアル
日本で初めて商品化老舗の米ぬか袋「美人ぬか」