日刊 勝ち組スポーツ・勝ちスポ!
江ノ島デートスポット

木のお風呂道具で、湯〜たり度アップ!

きこり屋 バスルーム

一度使ったらやめられない、リピーター急増中!

 木の風呂道具人気は、全国的に拡大しているようで、今では店を構えないネットショップもある。
 そんなショップの中でも、幅広い品揃えで目を惹くのが「きこり屋 バスルーム」だ。

 このショップを含む「こもれびマート」を運営している「有限会社ジクーソー」の、笹島さんにお話をうかがった。

 「うちが始めたのが5年前で、木の風呂道具や浴槽は、注文が伸びています。
 ダントツは、40代以上の昔、木の風呂や木の桶を日常的に使ったことのある世代。木のよさを知っていて、経済的に余裕がでてきたところで、また使いたくなるようですね。
 30代では、流行の“ロハス”で天然モノを求めている感じです。
 100円ショップのプラスチック製で充分、と考える人も多い。でも一方では、木を使って一個一個、職人が丁寧に仕上げているモノを見て、『この値段は妥当』と価値判断する人もそれなりに増えているように感じます」

(少し前から言われている「二極分化」は、こんなところにも顕著になっているとは…。)

 「若い方の場合には、木の道具の手入れ方法も知りません。
 なので、うちではホームページでも使い方と手入れの仕方を公開していますし、購入者には印刷したものもお送りしています。
 一般的には、ヒノキの場合で大体3年くらいしかもちません。それでも、リピーターが増えてきています」

江ノ島デートスポット

耐久性が3倍の“拭き漆”製品

 笹島さんがこのショップを開業したきっかけは、「もともと木曽ヒノキの職人さんをよく知っていたから」だという。
 それだけに、「きこり屋 バスルーム」で扱っている製品は、「全て木曽地方の伝承の技を持つ職人さんにより、一個一個作られたもの」。

 「きこり屋 バスルーム」の自慢の一品は、なんといっても「拭き漆」を塗った製品だ。

 テカテカしていない、ややザラっとした仕上がりで、殺菌効果があり、耐久性が塗っていない場合と比べて3倍になる、という特徴がある。

「木曽地方では唯一と言われる、ある拭き漆の職人さんにやってもらっています。
 他店さんの塗られた製品の中には、ウレタン塗装のモノがあります。それだと本当の天然モノじゃなくなってしまいます。この天然拭き漆の足湯桶もオススメです」。

 また、浴槽も各種揃っている。

 「木はやさしく、木肌に触れることで癒しが得られる」
と、ご自身でも日常的に湯桶と椅子を愛用している笹島さんは強調する。
 値段は、同じ湯桶でも、木材や大きさにより幅があり、自分の好きなサイズや材質を指定する特別注文も受け付けている。

 石鹸箱やシャンプー台などの小物も各種あり、ご贈答用のセットの種類も多く、中でも「くまさん子どもお風呂セット」はイチオシだ。
 注文は、ネットショップ、メール、電話、FAXのいずれかにて。


■プレゼントのおしらせ■
只今、きこり屋バスルームで合計3500円以上のご注文をいただいた方に、先着50名様に石けん箱をプレゼント!
<応募要項>
買い物かごのご意見欄に「勝スポを見た」と入力いただくか、ご注文後にメールにて、「勝スポを見て注文した」とお知らせください。(石けん箱の種類はお任せになります)


写真提供&取材協力:
有限会社ジクーソー 「こもれびマート
〒460-0008 名古屋市中区栄1-5-22 東ビル4F
tel 052-231-4750 fax 052-231-4784
E-MAIL:info@komorebi-m.jp

浴槽