日刊 勝ち組スポーツ・勝ちスポ!
鎌倉小町通りを食べ歩き

一眼レフカメラが女性に受けている!?-初心者1眼レフカメラ入門-

1眼レフカメラが身近になった!!

 最近、OLや主婦の間で1眼レフカメラが流行っているらしい。
 プロの写真家やカメラ好き、鉄道好きな人が主に使用しているイメージがあるのだが、どうも、この感覚は古いようだ。

 今はコンパクトカメラの技術も進歩して、スポーツモード、パーティーモード等いろいろなシーンに合わせ、モード設定できるものがたくさん出てきた。これにより、ボタン1つ押すだけで、満足のいく写真がとれるようになったのだ。

 道行く草花や、かわいい我が子、トキメクものを撮影していく中で、自分の感動を写真に残せる楽しみを知り、カメラにはまっていく人が多い。

 写真をとっていく過程で、どんどん欲求は深まり、もっと自分のカラーを出したい!とか本格的に写真の勉強したい!といったことから1眼レフカメラのブームに火がついたようだ。

 最近では重くてゴツイ1眼レフカメラから女性でも手軽に持ち運べる、軽量化されたものが販売され、さらにブームに拍車がかかったということだ。
1眼レフカメラ
鎌倉小町通りを食べ歩き

噂の「塩スイーツ」を食べてみた!!
地方発 ドライブデートスポット
おいしい水を探しに行こう
気になる「あの一流ビル」のテナント料
発明でどーんと稼いじゃおう!
ボートハウスで愛車と生きる
世界が夢中!憧れの靴マノロ・ブラニク
ハードボイルドに決める大人のガン遊び
オリンピック観戦ついでのイタリア
健康的な外食を!ドクターズレストラン
色と香りを楽しむフレーバーソルト
脳を活性化する「大人の塗り絵」
あなたの為に世界に一つだけの花
ヘリコプタークルージングで眺める極上の夜景
自宅でそろえる高級健康器具
今「ブックカバー」は着せ替えて楽しむ時代
デジタルカメラ

携帯カメラやデジタルカメラと違って
1眼レフカメラの操作は難しい?

 携帯カメラやデジタルカメラの普及で、写真を撮る機会が増えた。
 ある会社が携帯カメラによる撮影頻度について、アンケートを行った。その結果は、週に1回以上使う人が女性だけでも、41.4%もいるそうだ。

 デジタルカメラのように、自動モードの撮影に慣れていると、1眼レフカメラの操作は難しいと思うのではないか。
 その他にも、レンズに書かれた数字や、パソコンのデスクトップ型のように、レンズと本体(ボディといわれている)が別々になっている形式にもなんとなく壁を感じる。説明書を読んでもチンプンカンプンだ。

 私なんて、知らない単語が羅列してあるだけですぐに眠たくなってしまう。
 だが、ここで縁遠くなってしまうのはもったいない。やる気を失わずに使い方をマスターするにはどうしたらいいのか!
 ここが重要ポイントだ。

 そして、思いついたのが初心者向けのフォトセミナーに行くこと。
 まずは基本的なことは人から学び、使ってみるのが、てっとり早い。「習うより慣れろ」とことわざにはあるが、この際「習って慣れろ!」である。
文豪の愛した食事
大人のホビー「高級ラジコン」
ハリウッド映画製作の裏側
自然が生み出す奇跡。中国:九寨溝
地上最後の楽園「タヒチ」を満喫しよう
デキる大人のデンタルケア
大人の嗜み-スペインワイン
異色のウォッチメーカー -Sinn-
お正月の風物詩:凧揚げ
ボジョレー・ヌーボーの解禁日−パリ
満天の星空を我が家に!
60's−80's「大人のROCK」入門ガイド
美よ永遠に!“プリザーブドフラワー”
クジラを食い尽くせ! 絶品尾の身に驚嘆
日本各地に眠る埋蔵金伝説に触れる
ワンカップで日本全国飲み歩きの旅

1眼レフカメラの
1Dayセミナーに参加!うきうき! 

 セミナーについて調べてみると、1回限りのものから複数回にわたり勉強していくものまで多種多様にある。
 日ごろ、使い捨てカメラを愛用している私は、正直この記事を書くまで1眼レフカメラなんて別世界。
 あまつさえ、デジタルカメラで撮影する場合、必ずといっていいほどファインダーを覗こうとするカメラオンチな女である。

 なので今回は、基本をじっくり抑えるべく、ワンツーマンで教えてもらえる「クオリティーフォトスクール」の1Dayセミナーを選んだ。

 ドキドキしながら始まったレッスンは、変化していく自分のカメラ技術に驚きと楽しさの連続で面白い。

 全体的な流れとして、カメラの性質と機能について説明を受けた後、実際に練習するテーマにそって写真をとりまくる。使用機材はデジタル1眼レフカメラで、勉強前と後の写り具合をすぐに確認できて便利だった。

 学んだ後の写真は、プロが撮影したような出来ばえ。かなりテンションがあがってくる。
 多少、自分に対する欲目もあるだろうが、それを抜きにしても確実に違いが現れる。

 いくつになっても、上達するのは、楽しい! 嬉しい! のである。
クオリティーフォトスクール