日刊 勝ち組スポーツ・勝ちスポ!
横浜中華街おすすめ食べ歩きマップ

じわじわ浸透中!南国フルーツ

皮を剥けば白く甘い果実がお目見え

皮を剥けば
白く甘い果実がお目見え

 ところで、ライチは好きですか?最近は中華料理店を中心によくお眼にかかりますよね?
 まだ冷凍物が主流ではありますが、生のライチも少しずつ浸透してきています。

 ライチを一回り小さくしたような龍眼(ロンガン)は、水分を多く含み、甘みと酸味のバランスがとれさっぱりとした味わい。
 ただし痛みやすいので、日本で手に入るのは大抵の場合冷凍物や缶詰、ジュースなどの加工品です。

 「果物の女王」として知られる、マンゴスチン
 残念ながら日本では生の状態で食べられる機会は少ないのですが、繊細な味わいでかなりおいしい。実は筆者一番のおすすめフルーツです。
 ライチをより優しい食感に、甘さのなかに適度な酸味を加え上品に奥深くした味……と、私は思っていますが個人差があるでしょう。
 食べられる機会がありましたら迷わず食べて下さい。
横浜中華街おすすめ食べ歩きマップ

旅先で、お取り寄せで?
一度は食べたい南国フルーツ

 国内は沖縄などで生産されているドラゴンフルーツ
 丸い形の赤と、楕円形の白があり、赤はほんのりとした甘みを、白はさっぱりとした酸味を感じます……とは言っても、どちらもその味はほのかなものです。ごま状の種が多く含まれ、美容にも良いとされ、女性からの注目度も高いフルーツです。
 「正直味は……」という人が多いのですが、筆者は好きだったりします。はっきりした味が好きな人には向かないかもしれません。

 ジュースはよく見かけるのに、生ではなかなか食べる機会のない、グアバ
 国内では奄美大島などで栽培されています。果肉は大きく分けて、赤と白。種が多くやや食べづらいのと、旬が短いことから、加工品の方が出回っているのかもしれませんね。
 しかし、実は皮まで食べることができ栄養たっぷりのフルーツなのです。夏場の短い時期ですが、是非お試しを。

 ランブータンは始め「これを食べるの?」と思うかもしれませんが、口にすれば甘くてジューシー。種のシャリシャリ感もアクセントになっています。

 チェリモヤは冷やせばまさに、アイスクリームのよう!カスタードアップルとも呼ばれています。
 こちらも少し表面が黒っぽくなるまで熟すのを待ってからいただきましょう。若干やわらかくなったくらいがちょうどいいそうです。
 おそらくお札がなければ買えない価格だと思われますが、この新食感にはそれだけの価値があります!

 これらの果物を手に入れるのはなかなか難しいと思いますが、見つけたら是非チャレンジしてみて下さいね。
旅先で、お取り寄せで?一度は食べたい南国フルーツ