日刊 勝ち組スポーツ・勝ちスポ!
鎌倉デートスポット

「和傘」その美しさに魅せられる世界

「和傘」の歴史 
日本文化の象徴

 和傘のある風景というと、皆さんは何を思い浮かべますか?
 旅館の番頭さんが持っている和傘?和風料亭のお庭の和傘?
 それとも、舞妓さんが手に持ってはんなりと歩く姿でしょうか? 

 今では和傘を普段使いする人は少ないので、気にとめていないと見逃しがちだったりしますが、意外に色々な所で目にしているもので、今でも日本分文化を象徴するものの一つとして生き続けています。
 今回は、そんな和傘の奥深い世界をご紹介していきます。

 和傘は、竹の骨に和紙や絹布などを張った傘の事。その昔中国から伝えられ、平安・鎌倉時代には貴族たちが使うようになり、江戸時代に入って広く一般的に普及したと言われています。

 当時は、各地で土地柄をいかした和傘が作られて、最盛期には年間1500万本以上が生産されましたが、明治時代に入ると洋傘が使われ始めたため急激に衰退。
 現在では、和傘の産地として有名な岐阜をはじめ、京都、金沢、徳島、鳥取などに、少数の和傘製造店が残るだけです。

 今日では、昔のように生活必需品として使われる事はなくなりましたが、日本舞踊や茶道、歌舞伎ではなくてならない道具であり、伝統行事や寺社でのお祭りで使われたり、旅館や料亭のインテリアとして使われています。
和傘の歴史
鎌倉デートスポット

和の粋「火鉢」を楽しもう
香水でセクシーな男を演出
地球環境問題への第一歩を踏み出そう
中国ビジネスの鍵はニセモノ対策!?
エキゾチックリゾート 長崎
ハワイアン・スタイルのプリスクール
パリ・メンズファッションレポート
JACOB JENSEN(ヤコブ・イェンセン)
デジカメ入門と銀塩カメラ
大学発ブランド「近大マグロ」探訪
夏はすぐそこ!ビーチサンダル特集!
エキゾチックな世界「ドバイ」をENJOY!
アンティーク着物、あなたはどう着る?
オリジナル現像で、写真にこだわる!
トレイルランニング - 山を走ろう
レアもの発見 B級お宝発掘入門
和傘の種類について

蛇の目はヘビの目!?
和傘いろいろ

 和傘の代表格と言えば<蛇の目傘>。細身で美しい装飾が施された女性的な和傘です。
 その名の通り、もともとは中央の白い輪の部分が蛇の目に似ている事から名付けられたのですが、今では、無地の傘でも蛇の目傘と呼ばれる事もあるそうです。

 蛇の目と並ぶ和傘の代表が<番傘>です。江戸時代から、蛇の目傘と共に広く普及し庶民の実用品として使われていました。
 素材の良さをいかした、がっしり丈夫な作りが特徴で、質素な中にも渋さが漂う男性的な和傘です。
 昔は、旅館が屋号などを入れて急な雨の時の貸し傘として利用していた為、現在も和風旅館などで見かけられます。

 色鮮やかで高級感の漂う傘といえば<羽二重傘>。蛇の目傘の一種で、薄い絹を重ね合わせた羽二重の生地に手漉き和紙を裏打ちして作った傘です。

 日本舞踊のお稽古に用いるのが<舞踊傘>。現在では、日傘やインテリア用に使われる事も多いそうです。

 茶道の野点で使われるのが<野点傘>。お寺や神社のお祭りや伝統行事の他、旅館や料亭、お茶屋さんで、和風のインテリアとしても使われる事が多いので、一番馴染みのある和傘かもしれません。
 
一澤信三郎帆布に注目!
プチグランドサークルドライブ
体験!発見!ジビエ料理の世界
新横乗り系?フリーラインスケート
NY行くならミートパッキングディストリクト
色で痩せる・カラーダイエット
「京野菜」はただのブランド野菜か?-京マーク-
未来をかけたレアメタル競争勃発!
『ハゲを隠すな』劣等感に逆転勝利!!
男がハマる“おりがみ”の世界
汐留でお泊りデート
自律移動ミュージックプレイヤーmiuro
ユニバーサルデザインの現在
ビールだって自分で作れば断然うまい!
ニュージーランドに住んでみよう
魅惑のタイランド!見どころはココだ!

地域色豊かな
全国各地の和傘

 岐阜県「美濃」で作られる<美濃傘>の歴史は250年以上。
 江戸時代に兵庫県の明石から移ってきた大名が傘職人を連れてきたのが始まりと言われています。

 楮を原料とした丈夫な美濃和紙と木曾三川の流域の良質の真竹をはじめ、エゴマ油、渋柿、ワラビ糊など地元に沢山の良質な材料がある事から、今も昔も日本最大の和傘の産地となっています。

 そんな岐阜に次ぐ産地だったのが、吉野川沿いにある徳島の「美馬」です。
 温暖な吉野川沿いで取れる良質な竹を使った<美馬傘>は、昭和に入ってからも数多く作られ、当時は200軒近い和傘店があったといいますが、現在は2軒だけ。
 しかし、昔ながらの伝統的な手法を守りつつ見事な傘が作られています。最近は、関西からの注文も多く、幅広く人気を集めているそうです。

 鳥取県「淀江」で作られる<淀江傘>は、江戸時代にやって来た倉吉屋周蔵が傘屋を開いた事がその始まりと言われています。
 竹材が入手しやすく、近くを流れる日野川の流砂が集まった砂浜で多数の傘を干せた事などから、和傘の産地となったとか。

 大正時代には、地元はもちろん西日本一帯で人気を集めましたが、昭和に入ると、傘製造業者がいなくなり、今では「淀江傘伝承者の会」の皆さんによって作られています。
 また鳥取の伝統の夏祭り「鳥取しゃんしゃん祭り」の傘踊りで使われ、山陰の夏の風物詩を彩る道具の一つとなっています。
美濃傘