日刊 勝ち組スポーツ・勝ちスポ!
鎌倉小町通りを食べ歩き

悪化する治安から身を守れ!防犯対策

最早自己責任の時代か…
欠かせなくなっている防犯対策

 安全大国。日本が世界に最も誇ることができるのは治安だった。

 しかしそれはもう過去の話になりつつある。まだまだ海外、例えば犯罪大国としてしばしば挙げられるアメリカなどと比較すると日本も治安はいいほうだが、犯罪の数が増えてきていること、そして凶悪化していることを誰もが実感しているはずである。

 犯罪発生件数は、戦後だと昭和50年が最も少ないが、それ以降、平成14年のピークまで増加率には差があるものの、増加の一途をたどっている。

 殺人、強盗、放火、強姦などの凶悪犯罪は終戦後ほぼ減少を続けていたが、平成2年をさかいに増加に転じ、現在に至っている。
 連日報道される数が多くなったのか、すっかり増加傾向に陥っていると思われる殺人事件だが、ここ10年間においては数字的にほぼ横ばいではある。

 凶悪犯罪件数を押し上げている原因と考えられているのは強盗の増加とみられているが、犯罪が凶悪化しているのは火を見るより明らかだ。

 異常な殺人をはじめ、信じられないような事件、子どもを狙う容赦の無い事件、そして理由が不明の猟奇的な事件など、かつては考えられないような事件が連日のように報道されるようになった。

 最早今の日本でも重要なのはセルフディフェンス、自己防衛である。
 様々な状況での防犯対策があるが、まず守るべきは我家だ。マンション、一戸建てと居住形態でその方法も変わるが、いろいろな防犯方法を紹介したい。


取材協力:防犯グッズ.com
自己防衛は大丈夫ですか?
鎌倉小町通りを食べ歩き

サービスエリアの新名物、速弁がうまい!
携帯灰皿は、男のアクセサリーである。
あの人を呼びたい!講演依頼のHOW TO術
脳を活性化する「大人の塗り絵」
戦場のオアシス「ミリメシ」とは何ぞや?
自分に御褒美を!
確定申告の基本
ヒット商品の秘密はこれ?黄金比の謎
現代風!? 葬儀・墓参アラカルト
アマ野球チームを作ろう!
2007年 カウントダウン・レポートfromパリ
本気で遊ぶ!エンジンラジコンを楽しもう
新たな時代の男のキッチン
1度はやりたい!ドクターフィッシュ
包丁にこだわる!
ドカンと一発! 個人で打ち上げ花火
防犯カメラ

効果的なのはやっぱり防犯カメラ
2つ以上使えばより有効

 防犯対策の道具として最も思い浮かびやすいもののひとつに「防犯カメラ」がある。

 我家に接近してきた不審者を安全な場所から確認したり、警察などへ提出するために録画したりするのが、防犯カメラの使い方として思いつくものだが、犯罪者のやる気を削ぐ抑止力としてダミーのカメラを設置するのも有効だ。

 ただ、ダミーだけというのも心もとない。やはりホンモノとダミー、2つ以上のカメラを設置すると有効度がより高く、そして広がりも出るというものだ。

 当然防犯カメラにも様々な種類がある。ダミーとして有効なボックス型のカメラに対して隠しカメラとして不審者を撮影できる、超小型のピンホールカメラ、暗闇でも撮影ができる暗視カメラ、音声も録音することが出きるカメラなど、実に沢山の種類がある。

 また、ワイヤレスタイプの防犯カメラもある。
 通常はケーブルで伝送するカメラの映像信号を、無線で受信機に送信するタイプで、ケーブルが不要なので配線工事の手間が省け、設置が格段に容易になる。ただし、電波が確実に到達できる環境が必要で、障害物などによっては設置できる場所に制限が出てきてしまう。

 抑止、確認、証拠の確保など、防犯カメラは大いに頼りになるグッズの1つである。


画像提供:東洋トレーディング
テーマレストランで楽しいデート
ベビーサインで赤ちゃんと遊ぼう!!
六本木ヒルズグルメランキング・中華
ありきたりじゃない旅 〜inアフリカ〜
築地でおいしいものを探そう!
漂泊の自由人・ゴーギャンの誘惑
ジョギングで、心も身体も「うまい!」
日本が誇る眼鏡職人
ビッグスクーターでタンデムツーリング!
指先で風を操る快感 〜スポーツカイト〜
男の料理はカタチから!
男はワイルドに!〜ハンティング〜
ツール・ド・フランス2007年速報!
独占報告!中国若者熱烈的恋愛事情
ヘタでいい、ヘタがいい〜絵手紙入門〜
愛と夢が凝縮された「キャラ弁」の世界

窓を防犯使用にして
悪漢の侵入を防ぐ

 さて、カメラは監視や記録、抑止という点では役に立つが、最近ではそのカメラを無視するかのごとく素早く大胆に窃盗などを行なうヤカラもいる。
 そんな犯罪者を防ぐための工夫もしたいものだ。真先に思い浮かぶのは窓の防犯である。

 空き巣の侵入手口で最も多いのは窓から、というデータもある。であればその窓はどのように守ればいいのだろう。
 窓を破って侵入、とは言いつつも、犯罪者は派手に窓を壊すわけではない。そんなことをすれば、当然周囲に気づかれやすいからだ。

 最も多いのは、クレセント錠付近のガラスを割り、そこから手を入れ錠を解錠し、侵入するという方法。
 なので最も手軽で効果的なのは、窓の上下に補助錠を設置することだ。補助錠は比較的安く、簡単に取り付けることもできる。また、破壊に強い防犯ガラスにしても効果がある。

 また、窓に格子を施工するのも有効。しっかり設置すれば、窓から侵入することはかなり難しくなるのは確実。
 ただし設置の方法を誤るとすぐに外されてしまう可能性も。なので施工は防犯に詳しい業者に任せたほうが確実だ。

 防犯フィルムを貼るのも非常に効果的だ。フィルムであれば自分で貼ることも可能なので比較的安値で施工することができる。
 ただしフィルムだけではやや心もとない。補助錠もセットで取り付けると安全度が確実に高まる。
空き巣の侵入手口