日刊 勝ち組スポーツ・勝ちスポ!
浅草を散歩するならさんぽす

生命の起源 「水」 を考える

世界の水事情

 イギリスでホームステイしていたとき、毎日お風呂に入らせてもらえませんでした。

 というのも、イギリスの面積は日本とあまり変わりませんが、急峻な山が多く、すぐに海へ流れ落ちてしまうため、水資源が豊富ではないのだとか。
 ただ、空気が渇いているので、汗をかかず、その上緯度が高くて涼しいため、毎日お風呂に入らなくても、それほど気にならないという事情もありました。

 しかし、風呂だけなら良いのですが、水洗トイレも毎回は流さないんです。だから、公衆トイレに入ったら、前の人のものがそのまま残っていたりして、ぎょっとなることは一度ではありませんでした。

 日本でも、「ペットボトル入りのお茶」や、「ミネラルウォーター」などの「有料の水」が定着してきつつありますが、一昔前までは、水やお茶はただで当然という感覚でしたよね。でも、アメリカやイギリスでは、喫茶店でも水は有料が当たり前でした。

 また、国によっては、「蛇口から出る水は飲料水ではありません」という注意がなされることもあったりします。硬水なのでお腹を壊すということもありますが、なにより、十分清潔ではないという事情もあるようです。

 水は、決して無料のものではなく、もちろん、無限のものではないのです。

世界の水事情
浅草を散歩するならさんぽす

男一匹、観劇する
ドミノの世界
気になる「あの一流ビル」のテナント料
もんじゃを極めて江戸っ子気取り!?
金沢でしっとり大人のデート
今、時代はホスピタリティ
ボジョレー・ヌーボーの解禁日−パリ
これを使えば断然便利!AVリモコン
ケータリングで手軽にパーティー!
異色のウォッチメーカー -Sinn-
確定申告の基本
賢い選び方はこれ!ペットフード
日本人なら畳の家!
特選!超高級ふぐ料理の銘店
デキル男の個性派システム手帳
変り種ツアーで大冒険
環境省の地球シミュレータ

空梅雨続き?日本の降雨量の変遷

 近頃、夏になる度に、「渇水」「節水」「水不足」などという文字を見かけるようになったとは思いませんか。

 その理由の一つは、水洗トイレや全自動洗濯機などの普及により、昔より水をたくさん使用することになったことでしょう。

 しかし、降雨量はどのように変遷しているのでしょうか。 国土交通省による、「日本における年降水量の経年変化」の資料を見ますと、1971年以降、日本は少雨期に入ったらしいことがわかります。このまま降雨量は減る一方なのでしょうか。地球温暖化の影響はどうなのでしょう。

 地球温暖化が叫ばれるようになってから久しいですが、それでは、温暖化により、降雨量はどのように変化するのでしょうか。

 まず、日本においては、梅雨シーズンの降雨量が、水事情を大きく左右することはご存じでしょう。梅雨が長引けば、水は潤沢になり、反対に短ければ不足となります。

 環境省の地球シミュレータによれば、温暖化により、梅雨が
長引き、夏の降雨量は、増加傾向にあるとのこと。

 地球が渇いていくとばかりは言えないようで、一喜一憂する必要はないかもしれません。
 ただ、他人ごとのように考えて、何も対策をせずにいると、降雨量が増えても、水不足に陥る可能性はあります。
 私たち一人一人が現状を理解し、水対策をすることが必要なんですね。
ジョギングで、心も身体も「うまい!」
お正月の風物詩:凧揚げ
憧れのツリーハウスを建ててみよう
有名建築家がデザインしたパリのカフェ
彼女連れの時のとっておき!
携帯灰皿は、男のアクセサリーである。
留学・駐在・起業…「大連」の魅力とは
“いざ”その時のために…「喪主」
靴の宝石ベルルッティで最高の一足を
躍進する27歳社長のこだわりとセンス
日本の伝統音楽がフィットネスに!
使える護身グッズはこれだっ!?
一度はやってみたい!贅沢マグロ三昧!!
魅惑のタイランド!見どころはココだ!
ビールだって自分で作れば断然うまい!
アートとしての青白磁、その美の魅力

水不足の影響

 さて、それでは、水不足により、どのような影響がでるのでしょうか。

 まず、農作物に影響がでることは容易に想像できるでしょう。不作になれば、野菜の値段が高沸することは免れません。
 そして、プールなどの遊行施設の運営のストップ。地盤沈下の心配も出てきます。

 一般家庭においても、断水などの影響が出ます。たとえば、給水制限20%の段階で、給水時間が定められ、それ以外の時間帯は断水となるため、ポリバケツなどに水を貯めておかねばならなくなります。

 夏場は水も腐りやすくなりますから大変ですし、水洗トイレの水も流れなくなるのが困るところ。
 また、水が出ても、赤っぽい色をしているなどの問題もでてきます。

 過去の渇水時の事例として、「洗濯ができないため、水のある親戚に洗濯物を輸送して洗ってもらった」「水が出ないので、給水車で水を運んだ」「手術ができなかった」などの大きな問題点が見られています。

 そのほか、火事の際の消火活動への影響や、水洗トイレの閉鎖など、私たちが当たり前であると感じている、日常生活が、いつも通りには送れなくなるのです。
過去の渇水