日刊 勝ち組スポーツ・勝ちスポ!
横浜中華街おすすめ食べ歩きマップ

60's−80's「大人のROCK」入門ガイド

近頃のCMソングやドラマの挿入歌は
まさに「ROCK」のスタンダードの宝庫!

 最近、CMやドラマを何の気なしに眺めていると、時折「懐かしい洋楽」が耳に入ってくることがある。

 我々のように30代から40代の人たちにとっては、とても懐かしく感じる曲も、近頃の10代・20代の若者には新鮮に聞こえるのか、携帯電話や携帯音楽プレイヤーといった、比較的高感度な商品のCMに起用されることが多いようだ。

 例えば、I-podのCMにはローリング・ストーンズやボブ・ディランの往年の名曲が使用されていたし、SONY製品ではビリージョエル、携帯電話のCMで流れていたエアロ・スミス、ELO、ヴァン・ヘイレンのヒット曲が鮮烈な印象を残している。

 これらの曲は60年代から70年代、さらには80年代にかけてヒットした「ROCK」と呼ばれるジャンルに属するもので、どれもキャッチーなフレーズやリフレインを持つ、時を越えた今でも変わらぬ「エバーグリーン」な魅力を放つ名曲ばかりだ。

 CMばかりではない。音楽業界の最近のトレンドとして特徴的なのが、過去の名曲のリメイクや往年の名曲ばかりを集めたオムニバス・アルバムがもてはやされているということ。
 こぞって原点回帰を試みる傾向は、我々「大人の世代」の人間にとっては歓迎すべき現象といえるのではないだろうか。

 そんなわけで、今回は「大人のためのROCK」の歴史を紐解きながら、入門編的な名盤&名曲を温故知新。懐かしく感じる人も「知らなかった人」も、是非新たな魅力を見つけてほしい。
大人のためのROCK
横浜中華街おすすめ食べ歩きマップ

男だって紫外線対策!
そろそろ日本の男性も肥満をまじめに考てみよう
王様の眠りを約束する快眠テクノロジー
「髪の毛は一生かけて守るもの」
夏はやっぱり、アロハシャツ!
ブッシュマンダイエットで楽チン減量♪
ありきたりじゃない旅 〜inアフリカ〜
シーズン到来!ビアガーデン
ドイツ生まれのスタイリッシュ日用品-コジオール(koziol)
飛行機を作りたい!
「イームズ」で珠玉のインテリアを
ミラコラーレ/「車オタクの総合デパート」を目指して
知らなきゃソン!? “レーシック”
「けん玉」ってこんなにスゴいの!?
食事も兼ねた、美術館巡りはいかが?
ワンカップで日本全国飲み歩きの旅
ビートルズ

"僕たちはいつだって自由"
全ては「ビートルズ」から始まった!!

 ROCKの歴史を語る上で、外すことができないアーティストといえば「ビートルズ」であろう。

 世界的に、あまりにも有名なこのバンドは、1964年にイギリスのリバプールの片田舎から登場したジョン・レノン(ギター、ボーカル)、ポールマッカートニー(ベース、ボーカル)、ジョージ・ハリスン(ギター、ボーカル)、リンゴ・スター(ドラム)の4人組。

 彼らの登場は、当時の音楽シーンに衝撃を与えたばかりか、その後に脈々と受け継がれていくこととなった、全ての「ROCKミュージック」の原点となるべくスタイルを確立したのだった。

 それまでのポップスは「作り手」と「歌い手」が別々に存在していたのだが、彼らは作詞、作曲、演奏、歌を全て自分たちでやってしまうという、今では当たり前となったスタイルで、単なる娯楽のひとつに過ぎなかったポピュラー音楽にアーティスティックな方向性を見出した世界で最初のグループとなったのである。

 それからの彼らの活躍は今さら言うまでもない。「抱きしめたい」「ヘルプ」「イエスタデイ」「ノルウェーの森」「レットイットビー」など数え切れないほどの名曲と「リボルバー」「サージェント・ペパーズ」「ホワイトアルバム」などの名盤、そして何よりも「誰もが自由に自分たちの歌いたいことを歌う」という精神のもとで、実に多くのフォロワーを世に生み出してきたのだ。

 ジョンとポールが生み出した名曲が、時代を超えた今でも人々の胸を打つのは、そのクオリティーの高さ故だけではなく、そんな「自由の精神」が私たち人間の持つ本能的な部分に触れるからではないだろうか。

 そんな偉業を成し遂げた、あるいはそれ同等の影響力を世界に与えたアーティストは、結局彼らが1970年に解散した以降もひとつとして出現することはなかったのだ。
日本の魂、漁師になりたい!
ニュージーランドのボート特注
ネイルサロンに行ってみよう!
今が旬の女子フィギュアスケートに注目
一生モノの逸品「匠の革トランク」
オーロラを見にいく
包丁にこだわる!
ファイヤーキングをコレクションする
イタリアの高級別荘地 コモ
どれだけ知ってる?マイナースポーツ
男性美容講座・男の脱毛
日焼け止めをきわめよう!
日本が誇る眼鏡職人
ハードボイルドに決める大人のガン遊び
触れたらハマる「ダーツ」の魅力!
「サイエンスカフェ」で頭脳を磨く

老いてなお盛んなROCK魂!
60歳過ぎても現役の「ニール・ヤング」

 60歳を過ぎた今でも、現役で激しく「ROCK」する驚異のアーティストがいる。その名もニール・ヤング

 1967年「バッファロー・スプリングフィールド」というバンドのボーカルとしてデビュー。その後、「クロスビー、スティルス、ナッシュ&ヤング」という70年代のアメリカ・ウェストコーストを代表する伝説的なグループを経てソロ活動を開始。

 もちろん、これらのバンド時代にも数々の名盤・名曲を残しているが、前述のCSN&Y時代に発表した「DEJA VU」はロック史上に燦然と輝く名盤中の名盤としてかなり有名。
 カントリーやフォークのテイストを色濃く残しつつ、洗練された驚異的なコーラスワークと知的なアレンジで独自の世界を作り上げることに成功した。

 そして、CSN&Yの活動中に発表したソロ作品「アフター・ザ・ゴールドラッシュ」と、解散後に発表した「ハーベスト」で、彼は一躍時代の寵児に祀り上げられた。

 素朴で荒削りな手作り感覚の音作りと、限りなく透明な歌声。そして、アグレッシブに展開するギターワークで、多くのROCKファンの心を鷲掴みにした二ール。

 特に「ハーベスト」に収められた「孤独の旅路」は時を越えた名曲中の名曲だ。その後も、彼は留まることを知らぬ勢いで走り続ける。

 1995年には「ロックの殿堂」入りを果たし、若い世代のアーティストからも信望を集めている。

 非業の死を遂げた1980年代に活躍したカリスマ・バンド「ニルヴァーナ」のヴォーカリストであるカート・コバーンとの交遊はあまりにも有名。彼の死を悼んだ曲を「スリープス・ウィズ・エンジェルズ」というアルバムに収めている。
ニール・ヤング