日刊 勝ち組スポーツ・勝ちスポ!
お散歩するならさんぽす

この夏「ヘッドスカーフ」が流行中!

セレブから火がついた
「ヘッドスカーフ」

 この夏「ヘッドスカーフ」がオシャレな女の子の間で流行中です。
 ヘッドスカーフは、その名の通り、頭に巻きつけるスカーフの事。定番の正方形や長方形のスカーフをアレンジして巻く方法もアリですが、今年は、頭に巻きやすい長方形のヘッドスカーフや、スカーフ風のカチューシャやヘアバンドが多く登場して人気を集めています。

 人気の発端は、海外セレブ。去年あたりから、海外セレブの間では、帽子よりもヘアアクセサリーの人気が高まって、カチューシャやヘッドバンドがトレンドになっていました。

 その流れで、頭にスカーフを巻きつけるスタイルが増えてきたとか。そして、この夏は日本にも上陸して人気を集めているということです。

 色鮮やかで品のあるスカーフがベースになっているだけあって、セレブスタイルにもピッタリ。
 何気ないデニムスタイルも華やかに演出してくれますし、柔らかな素材感はサマーワンピース等にもマッチして夏のスタイルにも似合います。

 しかも、頭部を小さく見せる効果もあるとあって、オシャレさん達のココロをグッと掴んでいるんです。

ヘッドスカーフ
お散歩するならさんぽす

必見!中国ニュー・リッチ層の解体新書
タイムスリップ感覚で下町デート
現地ドイツでW杯を楽しみませんか?
日焼け止めをきわめよう!
暖炉のある暮らし
憧れのツリーハウスを建ててみよう
ウワサの「炭酸泉」
地方発 ドライブデートスポット
断食2週間、究極のデトックス体験
指先で風を操る快感 〜スポーツカイト〜
入学シーズン! 子どもの勉強机を自作する
「走るリビング」高級キャンピングカー
六本木ヒルズグルメランキング・和食
注目のメンズコスメ「VITAMAN」
ルーブル美術館は楽しい!
エベレストっておいくら?
アレンジヘアに巻くヘッドスカーフ

スタイルや個性に合わせて
自由な発想で楽しもう!!

 ヘッドスカーフの巻き方は、基本的に自由です。海外セレブの間では、髪の毛を一つにまとめて、前髪を上げ額を出して、スカーフを巻くスタイルが人気ですが、日本では、前髪を横に流したり、髪の毛をふんわりおろしたり、アレンジヘアに巻くスタイルが人気です。

 今年流行のヘッドスカーフやスカーフ風のカチューシャやヘアバンドなら、頭からすっぽり被って、長く垂れているスカーフの両端を後頭部で結べばOKなので、使い方も簡単!シンプルに首の後で結べばスマートに仕上がりますし、スカーフの長さがたっぷりあれば胸元に垂らしてゴージャスに演出する事もできちゃいます。

 一方、手持ちのスカーフをヘッドスカーフ風に使いたいという場合、意外に巻き方が難しくて、いざ巻いてみると、リレーの鉢巻きか、掃除の三角巾か、という事も少なくないよう。そんな時は、スカーフを8〜10cm程度で太めに折って、スカーフの柄を際立たせるように巻くのが今年風です。首の後でスカーフの両端を可愛くリボン結びをしたら、全体的に髪をふんわり立体的に仕上げるのがコツです。

 とにかく、あなたのスタイルや個性に合わせて、楽しく取り入れるのが、ポイントです。

愛と夢が凝縮された「キャラ弁」の世界
made in japan
サステナブルなエコロジーグッズ
男だってスクールで自分磨き!
これはアートだ!デザインバーコード™
キミは、ふんどしを締められるか!
自分にあった空間を作る
六本木ヒルズグルメランキング・中華
心に刻む日本の風景を貼り絵で
男だからこそ、家庭菜園を楽しもう!
知的空間で、最高の仕事を!
世界一の高層ビル“台北101”登頂
気軽な三ツ星シェフの二号店オープン!
懐かしき魅惑のおやつ 手焼きせんべい
ありきたりじゃない旅 〜inアフリカ〜
自然が生み出す奇跡。中国:九寨溝

「ヘッドスカーフ」の選び方
色・柄・素材をチェック!!

 まず、普通のスカーフと同じように、顔映りの良い色を選びましょう。顔の色が明るく見える、目が大きく見える色が、あなたに似合う色です。

 特にヘッドスカーフの場合、髪の毛の色や明るさによっても、似合う色が変わってきますので、鏡の前で、全身のバランスをチェックしながら選ぶと良いでしょう。

 体型別で言うと、小柄な人には、小さな水玉や花柄で、淡い色合いが似合います。大柄の人には、原色使いで洋服とのコントラストがはっきりしたものや大きな柄がおススメです。

 素材によっても印象が変わってきます。
 スカーフ生地に最も多い<シルク>は、上品な光沢があり、柔らかくドレープ性に富み、シワになりにくく形も作りやすいので、ヘッドスカーフにも向いています。

 柔らかい色合いと風合いの<コットン>は、エスニックやナチュラルなスタイルにピッタリ。
 サラッとした<麻>は、見た目にも爽やかで、夏らしさを演出できます。
 一方<化学繊維>はリーズナブルですが、柔らかすぎてちょっと形が作りにくいかもしれません。

 その他、スカーフの織り方によっても、雰囲気が変わります。自分のワードローブや着る洋服にあわせて上手にチョイスしましょう。
洋服とスカーフのバランスをチェック!