日刊 勝ち組スポーツ・勝ちスポ!
上野を散歩するならさんぽす

一杯1500円のうどんを食べてみた

たかがうどん、されどうどん

筆者である私は関西出身なんです。関西の人間が関東へ出てきて最初に思うことの一つが『なんや、このウドンの汁の黒さは!?』『こんな真っ黒な汁、気持ち悪くて飲めるかい!』なのであります。しかも駅の立ち食いならいざしらず、料金が高い。『ケツネうろん(キツネうどんのことです)1杯320円や
がな!』と思うかどうかは別にして、さすがに外で食べようとはなかなか思わなかったのです。
しかし最近は、四国の讃岐うどんがブームとなり、そのチェーン店もいたるところに出店してきたので、かなり気軽に食べれるようになりました。かけうどんが200円、ちょっとトッピングしても3〜400円で済みますし。そんな中、世の中では千円以上もするうどんが人気を集め、行列ができているのだとか。そんなアホな。というわけで、ちょっと食べに行ってみました。

参考リンク:はなまるうどん
上野を散歩するならさんぽす

スローに、ハードに水と戯れる カヤック
テーブルサッカーで、もう一つのW杯!
至高の酒・シャンパンを楽しむ
B級グルメ探訪〜地方編
色と香りを楽しむフレーバーソルト
イタリアの高級別荘地 コモ
男性美容・デキる男のリフレッシュ!午睡を満喫
金の魔力にせまる!
今宵は誰と頬張る?あったか「おでん」
夏オフィスでの冷え対策
今が旬の女子フィギュアスケートに注目
デキル男の個性派システム手帳
週末は三浦海岸で地引網
神仏に出会う霊場巡礼
おしゃれ愛犬グッズで充実ドッグライフ
パーソナルコーディネートで変身!
古奈屋・カレーうどん

カレーうどんの古奈屋

そのうどん屋とは『古奈屋』。カレーうどんの名店であります。1号店が巣鴨にでき、雑誌の紹介などで火がつき、行列のできる店へと発展。いまや11もの支店を出すほどに成長した人気の店であり、テレビなどでもよく紹介されているので、ご存知の方も多いと思います。
このカレーうどんを作った戸川社長は変わった経歴の持ち主でありました。18歳で上京、音楽関係の仕事につき、その後堺正章などのマネージャー経験を経て芸能プロダクションを経営し、成功してのです。芸能プロの社長ですから、当然年収ン千万以上あるわけなのです…。ところが40歳にして突然会社を辞め、飲食業を始めようと決意したのだとか。高収入を捨ててなぜそういう風に至ったのか、知る由もありませんが、そこで黙々とカレーうどんの味を作り、43歳で古奈屋をオープン。現在の味が完成するまで4年の月日を費やし、さらにプレークするまで数年かかり、現在の人気に至るのだそうです。
大人の趣味 手打ちそばに挑戦
憧れのフェラーリをレンタルしちゃおう!
究極のフィッシング「マグロ釣り」!
特選!超高級ふぐ料理の銘店
街を、自然を、MTBで駆け抜けよう
あなたの為に世界に一つだけの花
オープンカーで颯爽と!
酢の王様「バルサミコ酢」の華麗なる世界
香水でセクシーな男を演出
粋にいなせに!男の着物
ITがスポーツを科学する!
毎日の食卓にカヴァを!
Xマス直前。究極の過ごし方を提案!
社交ダンスでモテる男の術を学ぶ
大人も面白い! おすすめ児童文学
ヒートアイランド現象を食い止めろ!

そして『古奈屋』に行ってみた

そして向かったのは『古奈屋』丸の内オアゾ店。夕方だったので行列は無し。ランチタイムやもっと遅い時間は並ぶようで、店の外にも椅子が用意してありました。うどん屋だけにてっきり古風な佇まいを想像していたのですが、場所が今風のオシャレな人気スポットだけに、モダンな作りの店内。一番奥のカウンターに案内されると、ガラスの向こうはビルの吹き抜けと、うどん屋というよりはバーにでも来たかのようです。さっそくメニューを見るとベースとなる「カレーうどん」が1050円。いろいろトッピングをつけるとさらに高くなるのです。(当たり前か)そしてうどん以外にも「玄米五穀カレーぞうすい」(1100円)や、女性に嬉しいハーフサイズセットなど、結構バラエティに富んでおりました。
まぁせっかく来たので、清水の舞台から飛び降りるつもりで(そこまで言わんでも…)うどんの中でも一番高価な「えびもちカレーうどん」(1570円)を注文してみました。
古奈屋・カレーうどん・丸の内オアゾ店