日刊 勝ち組スポーツ・勝ちスポ!
横浜中華街おすすめ食べ歩きマップ

一杯1500円のうどんを食べてみた

たかがうどん、されどうどん

筆者である私は関西出身なんです。関西の人間が関東へ出てきて最初に思うことの一つが『なんや、このウドンの汁の黒さは!?』『こんな真っ黒な汁、気持ち悪くて飲めるかい!』なのであります。しかも駅の立ち食いならいざしらず、料金が高い。『ケツネうろん(キツネうどんのことです)1杯320円や
がな!』と思うかどうかは別にして、さすがに外で食べようとはなかなか思わなかったのです。
しかし最近は、四国の讃岐うどんがブームとなり、そのチェーン店もいたるところに出店してきたので、かなり気軽に食べれるようになりました。かけうどんが200円、ちょっとトッピングしても3〜400円で済みますし。そんな中、世の中では千円以上もするうどんが人気を集め、行列ができているのだとか。そんなアホな。というわけで、ちょっと食べに行ってみました。

参考リンク:はなまるうどん
横浜中華街おすすめ食べ歩きマップ

“真の”ナポリピッツァを食べる
気になる「あの一流ビル」のテナント料
今年こそ! 大人のクリスマス
徹底解剖!ハタラク中国人のお仕事意識
“いざ”その時のために…「喪主」
60's−80's「大人のROCK」入門ガイド
六本木ヒルズグルメランキング・中華
街乗りを楽しむならレンタサイクルで!
懐かしき魅惑のおやつ 手焼きせんべい
どもりと向き合おう
黒いトマトから究極のトマトまで〜フルーツトマトの世界
本格的な忘年会
フランス全国民が祝うパリ祭をレポート!
秋の京都で大人のデート〜宇治名刹巡り
水難事故から身を守れ
大河ロマンの焼酎〜「篤姫」と指宿
古奈屋・カレーうどん

カレーうどんの古奈屋

そのうどん屋とは『古奈屋』。カレーうどんの名店であります。1号店が巣鴨にでき、雑誌の紹介などで火がつき、行列のできる店へと発展。いまや11もの支店を出すほどに成長した人気の店であり、テレビなどでもよく紹介されているので、ご存知の方も多いと思います。
このカレーうどんを作った戸川社長は変わった経歴の持ち主でありました。18歳で上京、音楽関係の仕事につき、その後堺正章などのマネージャー経験を経て芸能プロダクションを経営し、成功してのです。芸能プロの社長ですから、当然年収ン千万以上あるわけなのです…。ところが40歳にして突然会社を辞め、飲食業を始めようと決意したのだとか。高収入を捨ててなぜそういう風に至ったのか、知る由もありませんが、そこで黙々とカレーうどんの味を作り、43歳で古奈屋をオープン。現在の味が完成するまで4年の月日を費やし、さらにプレークするまで数年かかり、現在の人気に至るのだそうです。
スピードマスターが好き
古民家テイストで暮らそう
都会の景色を二人占め「セスナで遊覧」
日曜大工で自分サイズの家具を作ろう
王様の眠りを約束する快眠テクノロジー
ジョギングで、心も身体も「うまい!」
一度はしてみたい“わんにゃんデート”
スローに、ハードに水と戯れる カヤック
日曜大工にトリトンワークセンター! プロ並の仕上がりを
辛くて旨いっ!「とうがらし」
色で痩せる・カラーダイエット
温泉ロマンで心もほかほか
泳ぐ芸術品「錦鯉」を育てよう!
高級ステーキを食す!
ご当地名物「ゆるキャラ」を探せ!
目覚めスッキリ!羽毛布団で快眠ライフ

そして『古奈屋』に行ってみた

そして向かったのは『古奈屋』丸の内オアゾ店。夕方だったので行列は無し。ランチタイムやもっと遅い時間は並ぶようで、店の外にも椅子が用意してありました。うどん屋だけにてっきり古風な佇まいを想像していたのですが、場所が今風のオシャレな人気スポットだけに、モダンな作りの店内。一番奥のカウンターに案内されると、ガラスの向こうはビルの吹き抜けと、うどん屋というよりはバーにでも来たかのようです。さっそくメニューを見るとベースとなる「カレーうどん」が1050円。いろいろトッピングをつけるとさらに高くなるのです。(当たり前か)そしてうどん以外にも「玄米五穀カレーぞうすい」(1100円)や、女性に嬉しいハーフサイズセットなど、結構バラエティに富んでおりました。
まぁせっかく来たので、清水の舞台から飛び降りるつもりで(そこまで言わんでも…)うどんの中でも一番高価な「えびもちカレーうどん」(1570円)を注文してみました。
古奈屋・カレーうどん・丸の内オアゾ店