日刊 勝ち組スポーツ・勝ちスポ!
横浜中華街おすすめ食べ歩きマップ

サバイバル・シミュレーションのススメ

『災害は忘れた頃にやってくる』

 「備えあれば憂いなし」とは言っても、現実には「備えあっても憂いはある」のではないだろうか?

 特に、自然災害を前にした場合には、どんなに最新鋭の防備があったとしても万全はあり得ない。先日も、NHKが「地震の強い揺れが来る前に、テレビとラジオで知らせる緊急地震速報を今秋からスタート」のニュースがあったばかり。

 でも、それを聴きながら、「それって本当に当てになるの?」と思ったのは筆者だけだろうか?

 「ならいっそ、『当たって砕けろ』で開き直っちゃたほうがいいんじゃあ?」
 などと思ってはみても、いざその時になってみると「しまったぁ〜」と後悔するのが、人間の常というもの。
 後悔が可能ならばまだいいのだが…。

 日本は地震だけでなく、津波、台風、洪水、土砂崩れなど、自然災害に見舞われやすい国。
 「いつものことだから」と慣れるのはいいとして、その背後にしっかり備えをしておかないと、「いつも」を超えた事態に陥った時のリスクは計り知れない。

 「喉元過ぎれば熱さ忘れる」で、「備えるつもり」のままナアナアにしてしまっている人も多いのでは?
 また、「バッチリ備えた」という方も、それが何年も前のままであったならもはや「バッチリ」とは言えない。道路事情、情報システム、防災グッズなど、すべてにおいて、随時更新されているからだ。

 『災害は忘れた頃にやってくる』。
 だからこそ忘れたくないのが備えだ。憂いは消えなくとも、だ。

 自分の身を守るため、被害を少しでも軽減するために、できるだけ防災のポイントを再チェックする機会を作りたい。
地震被害
横浜中華街おすすめ食べ歩きマップ

オリジナルの「署名」にこだわる!
この夏「ヘッドスカーフ」が流行中!
勝負下着を身に着けよう!
スパで大人のリラクゼーションを満喫する
アメリカのエコライフとは?
黒いトマトから究極のトマトまで〜フルーツトマトの世界
まだ間に合う!!「ETC導入ガイド」
どれだけ知ってる?マイナースポーツ
自宅を映画館に!ホームシアターの世界
サービスエリアの新名物、速弁がうまい!
自宅に麻雀ルームを作ろう
ハイビジョンで迫力の映像を楽しもう
アートとしての「磁性流体」
滋養強壮!?サプリメントライフ!
クリスマスはどう過ごす?
脳を活性化する「大人の塗り絵」
大雨による土砂崩れ

サバイバルのシミュレーションをしよう!

1995年に発生した阪神・淡路大震災は、戦後日本で起こった最大の震災と言われる。
 神戸市消防局ホームページによれば、死者6,434人、全壊および半壊した家屋は249,180棟に上ったという。

 また、119番通報について次のように報告されている。「地震発生とほぼ同時に、118回線ある119受信専用回線が全て受信状態となった。それ以降も、119番通報は止むことなく鳴り続いた。」

 普通の火災などとは異なり、自然災害は広い地域を襲うため、被害者が同時に多発し、その結果、通信回線がパンクしてしまう。

 これに関しては筆者にも経験がある。2004年に新潟で起きた中越地震で、実家がこの地にある筆者は、老いた両親や親族の安否を確かめようとしたものの、固定電話、携帯電話ともに翌朝までつながらなかった。

 さらには、「初期段階では、現有消防力では手がまわらず、そのため、市民自らの手で、家族、近隣住民の救出活動が行われ多数の人々が救出された」とある。人材や物理的な不足以外にも、実は、消防庁舎そのものも被害に遭っていたのだ。

 これらからも、最悪の“いざ”という場合には、何もかもが“ナイ”事態になり得ることを覚悟しておくことの重要性がわかる。

 そして、その不測の非常時を乗り切る=サバイバルのためには、日ごろからさまざまな角度からシミュレーションをしておく必要がある。
贅沢の極み 〜幻のアラ鍋
セレブなワインテイスティング会
野点で味わうジャパネスク
自然の恵みを堪能する宿、マッカリーナ
味噌汁だって主役なのだ!専門店登場
くさい臭いは元から断つ! 体臭の正体
めんそーれ、石垣島
気軽な三ツ星シェフの二号店オープン!
最高の動物園デート
パリの高級レストラン”タイユヴァン”
「サイエンスカフェ」で頭脳を磨く
香道、自分の内にあるものを味わう道
「カナル型イヤフォン」ってどう?
個人情報、個人の安全を見直せ!
汐留でお泊りデート
本物ゆえに味わいがある、甘味を食す!

日頃からしっかり把握しておきたい“コト”

緊急避難場所を把握
 ---自分のいる地域の徒歩圏内にある、学校などの公共施設に設けられているはず。緊急避難マップがあれば、状況に応じて速やかに避難所に向かうことができる。
 家族内で、避難場所の優先も確認しておくと、連絡が不通になっても慌てないで済む。

●公衆電話の設置場所の把握
 ---固定電話、携帯電話ともにつながりにくくなる。一方では、携帯電話の普及により公衆電話が激減した。いざという時に、最も頼りになる電話が公衆電話だ。

●緊急時の内部連絡網やその手順を決めておく
 ---災害時の通信状態はパンクしがち。伝言リレーのように流れを決めておくことで、よりスムーズに連絡が届きやすくなる。
 また、電話やメールなど、可能な通信手段も確認。番号などのデータは、パニックの中でもアクセスしやすい場所に確保しておく。

●自宅から勤務先までの道路事情や地理を把握
 ---勤務中に大災害が発生し、全ての交通機関がマヒし、復旧の目処も立たない場合、いわゆる「帰宅難民」になりかねない。そうなってしまった場合に備えて、最近では各地で「サバイバル・ウォーク」が実施されている。
 また、昭文社が発行しているシミュレーションウォークのための「震災時帰宅支援マップ」は心強いツールのひとつでもある。

 ちなみに、阪神・淡路大震災の直後、筆者は“いざ”に備えてシミュレーションウォークを試みたことがある。
 当時住んでいた千葉県船橋市から、勤務先近くの東京駅まで、30数kmの距離を、リュックを背に、早朝6時に家を出て、地図と口を頼りにかなり早いペースで歩き続けたものの、東京駅に到着したのは夕方6時を過ぎていた。今だったらきっと+2時間はかかるに違いない。

 その際に発見したこと。それは、道中にあまりに多くの川があることだった。
 当然、川に比例して橋がある。災害時にその橋が崩落していたら…。

 予想以上に、最低限の生活圏内の“自分の足”を基準にしたルートを把握しておくことの重要性を痛感したのだった。毎日「ぼーっ」と電車に乗っているだけではダメだ。
日頃からしっかり把握しておきたい“コト”