日刊 勝ち組スポーツ・勝ちスポ!
横浜デートスポット

夏オフィスでの冷え対策

女性だけじゃない!
男性も悩む「冷え症」

 夏真っ盛り! ピーカンの太陽とは裏腹に、この時期、悩みの種となるが「冷え症」です。

 「暑い夏には、ガンガンの冷房」が常識になってきた最近は、どこもかしこも寒〜い!!なかでも、冷房の効いたオフィスにいる時間が長い女性は、冷えに悩んでる人が多いのではないでしょうか。

 そもそも、冷え症とは、体内の血液の循環がうまくいかず、熱の生産が低下した状態です。冷え症になる人は、運動不足の人、やせ気味の人、自律神経が乱れている人などと言われますが、
 特に、屋外との温度差が大きい夏場は、自律神経が崩れ、冷え症になる人が増えます。

 これまで、貧血の人が多く、血圧も低めの女性に多い症状とされてきましたが、最近は、ストレス社会で働く男性も、睡眠不足や栄養不足、さらには、ストレスで自律神経が乱れて、冷え症になる人が増えてきているそうです。

 オフィスでの冷房の効き過ぎは、仕事の効率を下げてしまうなんて話もあります。冷え症も、最初は、ちょっとした体の不調ですが、過度な冷えが続けば、深刻な状態になることもありますので、男女とも、しっかり対策をしましょう。
ほぼ日ごきげんハラマキ
横浜デートスポット

目覚まし時計が、光る!香る!飛ぶ!
アイウェアで顔の印象をガラリと変える
MOOG(モーグ)の音色に酔いしれる
口呼吸は危険がいっぱい!
情緒を呑み尽くす 京都で大人のデート
アニメで見て憧れたアノ食べ物を徹底追求
石鹸にこだわれ!
新たな時代の男のキッチン
色才兼備の時計「クロード・メイラン」
プライベートジェットを手に入れろ!
温暖化で幻となる日も近い?“天然氷”
スカンジナビアの優れたデザイン達
スーパー健康法 バナナ酢
手軽にできるプチ出家体験 坐禅に挑戦
新「会社法」で誰でも社長になれる
毎日の食卓にカヴァを!
ほぼ日ごきげんハラマキ

【冷え症対策 その1】
冷え対策グッズでガード!!

 冷えが気になる最近は、様々な冷え対策グッズが登場しています。

 まず、注目なのが「腹巻き」です。
 昔懐かしい、いわゆる「腹巻き」も健在ですが、おしゃれで可愛い腹巻きも登場しているんです。

 早速、私も、ストライプの腹巻きを手に入れて、トライしたところ、これが、あったか〜い!!
 一枚あるだけで、こんなに変わるんだ!!と驚きました。

 しかも、色や柄も可愛いので、キャミソール感覚で着られて、背中からチラッと見えても大丈夫。
 生地が薄いので、ウエスト部分でもたつく事もなく、スーツ姿でももちろんOKですよ。
 腹巻きというと、どことなくダサいイメージがあるかもしれませんが、今はそんなことないですよ!!
 この夏は、可愛い腹巻きでお腹を温めてみてはいかがでしょうか。

 第二の心臓とも言われるふくらはぎも、しっかり温めたいところ。
 足の冷えが気になる方には「レッグウォーマー」がおススメです。

 男性なら、冷えを緩和させてくれる「靴下」はいかがでしょうか。
 最近は、汗は蒸散しつつ保温してくれる機能的な靴下が登場しているんです。

 あと、健康に良いとされる5本指靴下も冷え撃退効果がありますし、靴下を重ね履きするのも効果があるそうですよ。
うわさの“つくし飴”その正体は?
2007年は「ヘルシーおせち」から!
心をデトックス!? 感情モニタリング
沖縄のザ・ブセナテラスに行ってきた
60's−80's「大人のROCK」入門ガイド
男だってスクールで自分磨き!
鳥ハムの魅力にあなたもやみつき!
日曜大工で自分サイズの家具を作ろう
バレンタインに大人のための生チョコは如何?
留学・駐在・起業…「大連」の魅力とは
オリジナルの「署名」にこだわる!
脳の衰えを防ごう
オリンピック観戦ついでのイタリア
宇宙に値段をつける宇宙ビジネス
横浜ベイサイドでの新感覚デートとは
男はワイルドに!〜ハンティング〜

【冷え症対策 その2】
体を温める食べ物をとろう

 東洋医学では、食べ物は「陰性」と「陽性」に分けられます。陽性は、体を温めてくれる食べ物、陰性は、体を冷やす食べ物。つまり、冷え症改善のためには、陽性の食べ物を摂ると良いということです。

 陽性の食べ物の特徴は、北の寒い地域でとれたもの、硬いもの、赤、黄、オレンジなど温かい色のもの、野菜なら根菜類といったもので、代表的な食べ物としては、生姜、ネギ、ごぼう、人参などが挙げられます。

 一方、陰性の食べ物の特徴は、南の暑い地域でとれたもの、柔らかいもの、白、青、緑などの冷たい色のもの、野菜なら葉っぱものといった感じで、代表的なものとしては、トマト、なす、きゅうり、トロピカルフルーツ、豆腐などがあります。

 昔は、暑い夏に、陰性の食べ物を食べて、体を冷やし、寒い冬に、陽性の食べ物を食べて、体を温めていたと言われています。でも、夏でも冷房の効いた現代では、陰性の食べ物をとっても、体を冷やしてしまいますので、できるだけ、陽性の食べ物をとるのがいいとされています。ただ、陰性の食べ物でも、温めたり、塩を加えれば、陽性に転化しますので、陰性の食べ物も工夫して食べれば大丈夫ですよ。

 オフィスでのランチを選ぶときも、この陰と陽をヒントにチョイスしてみてはいかがでしょうか。


生姜紅茶