日刊 勝ち組スポーツ・勝ちスポ!
浅草を散歩するならさんぽす

蚊は怖い存在!蚊対策!

耳障りな羽音、そしてかゆみ…。そんな苦しみが連続する

 ブ〜〜ン…!

 その羽音に、寝苦しい熱帯夜がさらに寝苦しくなった経験はありませんか!?
 しかもその音が静まった後、すぐにたまらないかゆみが襲ってきます。さらにまた耳障りな羽音、そしてまたかゆみ…。そんな苦しみが連続し、そのため睡眠不足になるなんて何十苦もの被害も。

 そんな被害に遭わせる夏の天敵、それが蚊です。しかも昼夜の区別なく、おまけに室内だけでなく山や海、森林などアウトドアの至る所でも遭遇します。

 夏といえば開放的になれる季節で、長期のバカンスに誰もがウキウキとした気分に浸れることでしょう。
 しかし、この蚊のためにその気分も半減してしまう!!そんな人も多くいるでしょう。

 そこで蚊の習性やターゲットになりやすい人、今後日本では蚊が脅威になる可能性があること、さらに蚊に刺されないための撃退&予防&撲滅についてレクチャーしちゃいま〜す。
蚊
浅草を散歩するならさんぽす

親密だから許される、下着のプレゼント
今「ブックカバー」は着せ替えて楽しむ時代
エキゾチックな世界「ドバイ」をENJOY!
断食2週間、究極のデトックス体験
豪華客船クルーズ・飛鳥2デビュー特集
世界最高の輝き!スワロフスキーに夢中
ららぽーと豊洲体験レポート!
モテ男必携?「お化け探知機・ゴーストレーダー」
ジョギングで、心も身体も「うまい!」
究極のスタミナ食!おいしいキムチ研究
世界のカウントダウンイベント特集
ベビーサインで赤ちゃんと遊ぼう!!
下関でふぐを食べつくす豪華旅行
在住者が提案する地元密着デート
自慢の絨毯、ロレックス、サルを見て!
発明でどーんと稼いじゃおう!
蚊

日本に生息する蚊の種類は約100種類で、人間の生き血を吸う蚊の種類はその約3分の1ほど

 まずはこんな目に遭わせる、にっくき(笑)蚊について知りましょう。

 日本に生息する蚊の種類は約100種類。その中で人間を刺し生き血を吸う蚊の種類は、その約3分の1ほどいると言われています。
 中でも代表的なが、睡眠を妨げる赤色のアカイエカと、草いじりなどしている昼間に刺してくる白黒模様のヒトスジシマカです。
 どちらも体長は5〜5.5ミリ程度で、体重は2〜3ミリグラム程度です。

 なお血を吸うのはメスだけで、お腹の中にある卵の栄養分として血液のたんぱく質が必要のようです。
 体重と同量の血液を1度にカラダに取り込むことができる蚊ですが、別に血が主食というワケではないようです。

 成虫の寿命は3週間程度で、卵から成虫に成育するまでに約2週間がかかります。つまり忌まわしいことですが、蚊の数はどんどん増えてくる計算になります。
髪の悩みを解決する「ケラスターゼ」
一流を感じる 〜リムジンに乗る優越〜
防音マンションで音楽と共に暮らそう。
神仏に出会う霊場巡礼
タイムスリップ感覚で下町デート
幸せを呼ぶ!?イマドキの家計簿
「プラセンタ」人気のヒミツ
男40にして始める羊毛フェルト人形作り
花や緑のある暮らしを楽しみませんか
トライアスロンをしよう!
エンジン付ゴムボートで気軽に水遊び
オール電化体験記
勝ちデート 隠れ宿で静けさに酔う
勝ち組の為の結婚相談所
まだ間に合う!!「ETC導入ガイド」
ユニバーサルデザインの現在

蚊は二酸化炭素にくわえ、温度の高いところへ群がる習性もある

 ではどうすれば、その蚊に刺されないですむのでしょうか?
 そのために、まずは蚊に刺されにくい体質を知っておく必要があります。

 まず蚊は二酸化炭素に集まってきます。
 ご存知の通り人間は、二酸化炭素を放出している生き物です。つまり生きている限りアナタがイヤでも、蚊の方はアナタを慕って追いかけてくるんです(笑)。
 これは個人差もありますが、特にアルコールを飲んだ後より排出されます。

 これはアルコールを摂取した後、水と二酸化炭素に分解されるせいです。ですので、もし蚊をよせつけたくない場合はアルコールの摂取を控えることです。

 おまけに皆さんも経験があると思いますが、蚊は人間からの攻撃をかわす名手でもあります。素面でも蚊をキャッチするのは難儀するのに、それがアルコールを飲んだ状態となるとなおさら(笑)。

 また二酸化炭素をより排出することでも蚊は集まってきます。つまり、より呼吸をするということを意味します。すなわち激しい運動直後は、蚊の標的になりやすいということです。

 なお蚊は二酸化炭素にくわえ、温度の高いところへ群がる習性もあるようです。そのため上記2つのことは、蚊を呼び寄せる行為にほかならないのです。

 逆に蚊が多く集まる屋外でアルコールを飲んだり、激しい運動をすることを避けるべきだと言わざるを得ないでしょう。
蚊