日刊 勝ち組スポーツ・勝ちスポ!
鎌倉小町通りを食べ歩き

『〜専用』でよりおいしく!

カレー専用米に麻婆豆腐専用米
専用米でご飯をおいしく

 『華麗米(かれいまい)』をご存知だろうか。

 1979年に中央農業総合研究センター北陸研究センターが超多収品種を開発するため、インディカ米とジャポニカ米を交配させて作った新品種がその原型。

 90年代には『北陸149号』の系統名で各県で栽培試験が行われたが、収穫量が思ったほど伸びず、栽培を断念したいわくつきの品種だ。

 『北陸149号』は粘りが少ないのに弾力性があり、日本の米とアジアの長粒種の中間の性質を持っている。

 独特の食感に一般用よりも調理米が向いているだろうと検討したところ、一番マッチしたのがカレー。カレーのルーをかけると米同士がくっつかず、ルーがまんべんなく米の間に入り込む。

 さらに米自体が柔らかいため、日本米の味わいを楽しめる。まさに日本のカレーのための米なのだ。そこに注目したのがカレーのハウス食品だ。

 農水省では同米を『華麗米』と名づけて命名登録、ハウス食品は華麗米の商品化に向けて動き出した。
 中央農業総合研究センターは試験栽培を開始、<新潟県妙高市に3ヘクタールほど作付けし、15トンの生産量を見込む>(日本農業新聞)という。

 こうした特定の食品に向けた専用米には2003年に誕生した冷凍ピラフ用の『大地の星』(上育438号)がある。
 従来使われていた『あきほ』や『きらら397』よりも粘りが少なくバラけやすく、色つやが良く柔らかいことから、冷凍ピラフがよりおいしくなる。

 また丸美屋食品工業では麻婆豆腐に適したブレンド米『究極の麻婆米』を開発、今年4月〜6月にプレゼントキャンペーンを展開していた。
 ご飯の甘味やとろみ、香りが麻婆豆腐に合うことから、それを強くした米の配合を考えて作られた専用米だ。
鎌倉小町通りを食べ歩き

大人の趣味 音楽で自分の世界を楽しもう
食欲の秋を乗り切る肉体改造&管理!
男が作る燻製
一澤信三郎帆布に注目!
携帯の良番を手に入れる
在住者が提案する地元密着デート
生きたイカでつまみ作りに挑戦
香水でセクシーな男を演出
六本木ヒルズグルメランキング・中華
オリジナル現像で、写真にこだわる!
男の癒しバスタイム
和の粋「火鉢」を楽しもう
基礎代謝アップで寝ているだけで減量!?
レストアを楽しもう
アンテナショップで全国巡り♪
エベレストっておいくら?
吉田ふるさと村

卵かけごはんのエポックメーキング
吉田ふるさと村の『おたまはん』

 卵かけごはんは日本のB級グルメの最右翼のような食べ物だ。
 炊き立てのごはんに生卵、そこへ醤油、たったそれだけ。人類60億人の中で、卵をこのように食べるのは日本人だけである。

 生卵はロッキーだって食べたが、あれは飲んだのであって、ロッキーはグラスにぶち込んだ生卵に醤油は垂らさなかったし、ましてご飯がほしいとは思わなかったはずだ。

 それ以上どうしようと思わないほど完成されたシンプルさ。そのシンプルな卵かけご飯に革命を起こしたのが卵かけご飯専用醤油『おたまはん』だ。
 02年に発売、05年時点で30万本以上を出荷したというからすごい。

 発売は島根県雲南市の第3セクター、?吉田ふるさと村。島根産の醤油に<鹿児島の枕崎産のかつお節 、三州三河の本味醂で旨味を出>(同ホームページより)したもので、生醤油だけでは醤油の辛味が出るため甘味を加えたそうだ。

 前に買ったことがあるが、だし醤油のような味だった。関東風と甘味を強くした関西風があり、価格は税込294円。

 おたまはんの爆発的な売れ行きに、2005年には、たまごかけごはんシンポジウムまで開かれた(今年10月27〜28日に第3回が開催予定)。
 卵かけごはんも偉くなったものである。
お正月の風物詩:凧揚げ
寒天とトコロテンって同じ?違うもの?
ららぽーと豊洲体験レポート!
自宅を映画館に!ホームシアターの世界
21世紀、家庭用ロボットの普及!
木のねんど?もくねんさん
伊豆・河津温泉「抹茶風呂の宿つりばし荘」
これはアートだ!デザインバーコード™
休日散歩。異文化お参りツアーに行こう
クジラを食い尽くせ! 絶品尾の身に驚嘆
勝ちスポ的資産運用術入門
東京で食す 日本郷土料理めぐり
ニューヨークの美術館
口呼吸は危険がいっぱい!
色才兼備の時計「クロード・メイラン」
懐かしき魅惑のおやつ 手焼きせんべい

アイスクリームに醤油?
ニッチ市場に向けた新醤油

 『おたまはん』のヒットを受け、醤油メーカーからはさまざまな専用醤油が発売されている。
 山川醸造?の『アイスクリームにかける醤油』(税込350円)は名前のとおり、アイスクリームにかけるための専用醤油だ。

 アイスクリームに醤油ってパンツを間違えたみたいでしっくり来ないが、いわばスイカに塩みたいなもの?

 ?ヤマト醤油味噌では醤油のアイスクリーム『醤蔵アイスクリーム』を販売している(6個入りセット税・送料込3,150円)。

 醤油には150種類の香り成分が入っているのだそうで、乳脂肪分と醤油が合わさるとバニラの風味が突出するのだそうだ。
 キャラメルの風味もするのだという。アイスクリームに醤油というのはそう無茶な話ではないらしい。

 プリンに醤油でウニの味とかきゅうりに蜂蜜でメロンとか、そういうことを思い出しつつ、『アイスクリームにかける醤油』を取り寄せてみた。

 届いたのは卓上小瓶に入ったごく普通の醤油。普通の醤油と思って少しなめるとすごく甘い。何が入ってる? 
 味醂? アイスに味醂? バニラアイスにかけてみた。

 これでバニラの風味が立ち、さらにキャラメルアイスの味になるのか。……微妙だ。
 バニラの匂いと醤油の匂いが相まって、複雑な匂いになっている。
 おいしくないわけじゃないが、別に醤油をかけなくてもいいんじゃないか、これ。それともかけすぎたのか。

 ほんの少しかけてみる。なんというか、味が硬くなっている。醤油の塩味のせいか?
 どうにも好みのわかれるところだ。
『アイスクリームにかける醤油』