日刊 勝ち組スポーツ・勝ちスポ!
横浜デートスポット

フランス全国民が祝うパリ祭をレポート!

まずパリ祭って、どういう祝日なの?

 この祝日を日本では「パリ祭」といいますが、フランスでは「キャトルズ・ジュイエ(仏語:7月14日の意)」といわれる祝日で、そもそも1789年7月14日のフランス革命により王政廃止になった歴史的な日を祝う祝日です。

 18世紀、フランス王太子妃マリー・アントワネットが贅を尽くした生活をしていた頃、フランス国民は毎日食べるパンすらないほど貧しい生活をしていました。
 後に王政に対する民衆の不満が爆発、7月14日のバスティーユ襲撃を始まりとし王政と封建制度を廃止させたのです。

 今日でもフランス人の心の中に「皆で訴えることによって政治は変わる」という考えが根強くあり、毎日のようにどこかでストライキが起きているのはこの事件によるものです。

 北アフリカなどのアラブ諸国、アフリカ諸国、アジア諸国の移民は、宗教が違うのでクリスマスは祝わない人が多いですが、このパリ祭の日ばかりは、まさにフランス人国籍を持つ人ならば心よりこの日を祝う「フランス人全員の心を一つにする祝日」で、どの人にとってもこの「自由の国フランス」に感謝する日となっています。
マリー・アントワネットってどんな人?
横浜デートスポット

最後のこだわり?オリジナルなお墓 
浜松町で鉄板焼きを手軽に喰らう-粉八-
ラフティング これぞ自然のウォータースライダーだ!!
北京近郊ぶらり旅 中国世界遺産特集
クルマ・ジャガー所沢 ハンユウ株式会社
ベストセラー作家を目指してみる?!
都心に広がる天空 セレスティンホテル
歴史ロマン満載、日本の名城特集
この冬、めざせ北海道!
冒険&ヒーリング ダイビングのすすめ
ドイツW杯テレビに映らない見所を探せ!
“真の”ナポリピッツァを食べる
「プラセンタ」人気のヒミツ
色才兼備の時計「クロード・メイラン」
格付けって何?あなたの会社が評価される
高級トイレットペーパーのとっておき
パリ・イベント

パリ祭ではシャンゼリゼ通りのパレードが見もの!

 2007年は運が良く土曜日がパリ祭ということもあり、いつもより多くの観光客がシャンゼリゼ通りのパレードを見に訪れました。
 観客は、海外からの観光客よりもフランス人観光客の方が多かったようです。

 パレードでは、ニコラ・サルコジー仏大統領の考えにより、ヨーロッパ27カ国もの兵隊が初参加しました。
 ただ、ヨーロッパの国によってはフランスの兵隊と違いキビキビした行進に慣れていない国もあり、フランス式行進に仕方なくさせられたというハプニングもあったそうです。

 パレードでは毎年大統領が参加し、シャンゼリゼ通りを車に乗って皆に手を振りながら通ってくれます。
 今年は、ニコラ・サルコジー仏大統領の初参加ということもあり、フランス国民から大きな歓声が上げられていました。

 その他の見ものとして、陸だけでなく空からの戦闘機もギュンギュン飛ばしていること、行進する対象物がどんどん大きくなっていくこと(馬に乗った兵隊→バイク→トラック→戦車)、と本当に迫力満点で見ごたえタップリのパレードです。

 最後には、ベートベンの第九(歓喜の歌)が流れ、パレードにフィナーレを迎えたのも印象的でした。
60's−80's「大人のROCK」入門ガイド
クルマ・Garage RITMO
クリスマスはどう過ごす?
京町家で味わう和モダンの粋
僕らは、貯金箱の快感が忘れられない!
ウワサの「炭酸泉」
タイムスリップ感覚で下町デート
サステナブルなエコロジーグッズ
シュヴァルの理想宮って知ってますか?
made in japan
和風クールビズ「手ぬぐい」が大人気!
これはアートだ!デザインバーコード™
満天の星空を我が家に!
デザイン脱毛でひげ剃りにサヨナラ!
古くて新しい「古書」売買が今熱い!
2006年・花火大会鑑賞プラン

エッフェル塔でのコンサートは大物スターが参加!

 エッフェル塔前のコンサート(19:00〜22:30)は、今年は何と60万人(!)が参加したという巨大コンサートとなりました!
 フランス、ヨーロッパ、アメリカから集まった有名ミュージシャンの無料コンサートは、実際「空が揺れているのでは?」と思うほどの大音量で、持っていた水を飲んだときは、その水の振動さえ感じたほど。

 参加したミュージシャンは、ニコラ・サルコジー大統領が自ら選んだよりすぐりのミュージシャンばかりでした。では、どのミュージシャンが選ばれたかというと?

ミッシェル・ポルナレフ
63歳、60年代カルト的ミュージシャンとして名をあげたシンガー。父はエディット・ピアフへの楽曲を作った有名な演奏家。
次々のヒット曲を飛ばしたが、マネージャーに騙され税金が払えなくなったのを理由にアメリカへ渡米。最近復帰したことで話題を呼んでいる数世代のファンを持つシンガー。

・ボブ・シンクラー(DJ):
仏人ハウスDJで、フランスFMなどでかかりまくっている。

・ネリー・ファタド:
FMなどでヒット曲を次々に飛ばしている、今をときめく世界的に有名なシンガー。

・ローラ・パウジ−ニ:
世界で最も有名なイタリア人シンガーの一人。

・TOKIO HOTEL(トーキョー・ホテル):
ドイツ人ロックグループ。
まだ10代と若いヴィジュアル系のバンドグループで、ドイツ人やフランス人の女の子にはカリスマ的存在。
音楽は、10代とは思えないほどの実力と迫力がある。ドイツ語の歌が多いため、フランス人高校生のドイツ語専攻率が40%もアップしたほど。

 そんな彼らによるコンサートは、もちろんものすごい盛り上がりでしたよ。
ミッシェル・ポルナレフ