日刊 勝ち組スポーツ・勝ちスポ!
上野デートスポット

ギターキッズたち永遠のあこがれ フェンダー

音楽好きなら誰もが知る
名作中の名作楽器

 ここ最近、バンドを結成し、音楽を楽しむ40前後の世代の人達が増えている。

 その世代は、いわば80's(エイティース)と呼ばれる世代。
 最近のヒット曲といえば出ては消え出ては消え、ちょっと古くなるとあっという間に忘れられてしまうが、80年代までに生まれてきたヒット曲は、今でも「現役」として、色あせることなく多くの人達に親しまれている。

 青春時代にそんな音楽に囲まれていた世代の間にはバンドブームなどもあった。そして現在は社会を支える立場の年齢。経済的に余裕が出てきた人も多い。
 若い頃には手の届かなかった、プロミュージシャン達が使っている楽器。それが今なら手に入る。そんな事情もオヤジバンドブームを後押ししているはずだ。

 音楽もいろいろあるが、オヤジたちが若き日に夢中になったのは圧倒的にロックやポップス。
 それらの演奏に欠かせないのはなんといってもエレキギターだ。

 エレキギターの世界には双璧と呼んでもいい2つのブランドが存在する。そのブランドのひとつがフェンダー。

 楽器にあまり興味の無い人でもこの名を聞いた事のある人は多いだろう。世界のトップミュージシャン達も愛用しているフェンダーの魅力に迫ってみたい。
FENDER OFFICIAL JAPAN
上野デートスポット

リノベーションでデザイン住宅をゲット!
今年こそ! 大人のクリスマス
社交ダンス〜新たなる魅力への誘い
携帯用嘘発見器をどう使う?
勝ち組ブログ・レジャー業界で有名なあの社長が登場!
キミは、ふんどしを締められるか!
診察料は子供の笑顔!!おもちゃドクター
愛と夢が凝縮された「キャラ弁」の世界
体験!発見!ジビエ料理の世界
さあ、憧れのマジックを覚えよう。
高級トイレットペーパーのとっておき
究極の「焼きいも」を探せ!
意外と知らない「出産祝い」のツボ
モバイルオーディオの楽しみ
男ならクルマと別荘・中古外車編
FENDER OFFICIAL JAPAN

ソリッドボディーのギターを生んだ
カリフォルニアの発明家

 20世紀初頭、ブルースやカントリーなど現在のロックやポップスの基礎を成すルーツミュージックのギタリストたちは、アコースティックギターで演奏していた。

 ドラムやベースなど他の楽器と一緒に演奏すると音のバランスがとりにくいため、ギタリスト達はアコースティックギターにマイクを付けてアンプから音を出し、アンプの音量調節をするようになったのがエレキギターのルーツのようだ。

 しかしこの方法は、ギターのボディー内部の音の反響などがマイクに作用してハウリングが起こりやすいという致命的な欠点を抱えていた。

 フェンダーの創始者であるレオ・フェンダーは、この問題を解消するギターとアンプの製作に着手。
 その結果、まずは世界初のトーンコントロールを搭載した楽器専用のアンプを発明した。そう、フェンダーは、最初はギターではなくアンプを生産したのである。

 ただレオは、この時点で優れたギターのビジョンを持っていたのだった。それはソリッドボディー、つまりアコースティックギターのように内部が空洞ではなく、詰まっているボディーのギターである。

 そして1951年、まずテレキャスターの前身であるブロードキャスターというソリッド・ボディ・ギターのプロトタイプを製作。
 その後テレキャスターが世界初の量産型ソリッド・ボディのエレキギターとして発表、認知される。

 これを追うように同年にプレシジョンベース、54年にはストラトキャスターが発表された。現在まで愛される名器たちの誕生である。
 
汐留でお泊りデート
自然が生み出す奇跡。中国:九寨溝
優しい香りに包まれて心を癒そう!
知られざる「観葉植物」のチカラ!
地上最後の楽園「タヒチ」を満喫しよう
ゴージャス!ルイ・ヴィトンの魅力
季節を体感、満喫デート
エキゾチックリゾート 長崎
パリ・メンズファッションレポート
おもしろ・マイナースポーツ
PLCを使って家庭で簡単ネットワーク
めんそーれ、石垣島
水筒でカフェを持ち歩こう
スローに、ハードに水と戯れる カヤック
まだ間に合う!!「ETC導入ガイド」
ボートハウスで愛車と生きる

テレキャスターとストラトキャスター
フェンダーの顔であるギターの特徴

 長きに渡り世界中のミュージシャン達に愛されるフェンダーの顔ともいえる2つのギター、そしてそれ以外にも人気の高い楽器たちをもう少し説明しよう。

 テレキャスターは1951年発表。根強い人気のロングセラーモデルである。フェンダーの特徴であるシングルピックアップ(マイク)の枯れた音が人気の秘密。

 ハイグレードのものになると、ロックミュージックにもってこいのソリッドな響きの中にも、とても繊細で細やかなバランスのいい音を奏でる。

 ストラトキャスターは1954年の発表以来、まさにギターの王道といっても過言ではないほど多くの人達に愛されている。3のピックアップはより変幻自在な音色を奏でる、オールラウンドに使えるギターである。

 そしてフェンダーのギターはそれだけではない。
 1958〜1980年製造のジャズマスターは、最近ではガレージロック、オルタナティブ・ロック系バンドがこぞって使うマニアックなギター。

 その兄弟機種のジャガーはネックがショートスケールなど若干使用が異なる。アメリカの伝説的なロックンローラーであるカート・コバーンが使用していた。

 そしてベースも広く愛用されている。プレシジョンベース、ジャズベースなどがある。
 驚きなのは、生産された当初から現在に至るまでどの楽器もほとんど変わることなく、それどころかオールドと呼ばれる古い楽器こそ価値ある存在となっていることだろう。


FENDER OFFICIAL JAPAN