日刊 勝ち組スポーツ・勝ちスポ!
京都デートスポット

噂の「塩スイーツ」を食べてみた!!

えんふぁん

お取り寄せで楽しむ「塩スイーツ」

 宮城県塩釜市にある「お取り寄せスイーツ えんふぁん。」から、「塩ブッセ(がまっこ)」と「塩ロールケーキ」をお取り寄せしてみました。

 「塩ブッセ(竈っこ)」は、ほんのり甘く柔らかいブッセ生地に、地元・塩竈の塩を使ったバタークリームがサンドされているブッセ(ひとくちパイ)。
 塩竈の塩は、サラッとしているのに塩気が強く、まろやかさと甘みがあるのが特徴だとか。

 早速、食べてみると、塩が、結構効いてます!
 その分、バタークリームに風味が出て、小さいけれどとっても濃厚。
 これだったら、どんどん食べられてしまうなーと、パクパクと頂いてしまいました。リピーターが続出しているというのも納得のお味です。

 続いて「塩ロールケーキ」です。
 キメ細かくふわっとしたスポンジに、卵黄をたっぷり使った自家製カスタードクリームと、甘さ控えめの生クリームがたっぷり入ったロールケーキ。

 こちらは、カスタードクリームに、フランス・ゲランドの塩が入っています。しょっぱすぎず、甘すぎずの絶妙な塩加減で、クリームにコクが出て、まろやかながら深みのある味に仕上がっています。
 どちらも、塩加減はやや強めになっていますので、塩の旨みも存分に感じられますよ。

 ほかに「まほうの塩ジェラートアイス」、和菓子の「志ほがま」といった塩スイーツもありますので、気になる方は、ぜひお取り寄せしてみて下さい。


取材協力:お取り寄せスイーツ えんふぁん
京都デートスポット

手作り「塩アイス」に
チャレンジしよう!!

 噂の「塩スイーツ」。実は、手作りでも楽しめちゃうんですよ。市販のアイスにちょっぴり手を加えて、手作り塩アイスを作ってみましょう。

 用意するのは、まず「塩」。
 せっかく作るなら、普通の食塩ではなく、ミネラル分が多いヨーロッパ産の天然塩や日本の良質な塩を準備しましょう。それから「練乳」と「市販のバニラアイス」を用意します。

 続いて、作り方です。
 まず、市販のバニラアイスを冷凍庫から出して、室温で柔らかくしておきます。柔らかくなったアイスに、ひとつまみの塩と練乳を少し入れて、よく混ぜます。
 そして、冷凍庫に戻す。これだけ!!

 再び冷凍庫から取り出して、頂いてみました。
 スプーンを入れると…サクッ!?いつもはクリーミーなバニラアイスが、ジェラード風になっているじゃないですか!口に入れてみると…中の方がシャリシャリしてて、おいし〜い♪
 塩が入ることによって、甘ったるくなくて、しつこさがないのもGOOD。

 まろやかな塩の旨みも効いていて、どこか昔懐かしいアイスクリームの味がしました。いつものアイスじゃ物足りないという方、ぜひ試してみて下さい。

 ということで、今回は塩スイーツをご紹介しましたが、いやはや、塩ってすごいっ!!塩スイーツってすごいっ!!
 塩スイーツ未体験の方は、ぜひ一度ご体験下さいね。
市販の塩アイス