日刊 勝ち組スポーツ・勝ちスポ!
横浜を散歩するならさんぽす

缶詰、うまさ再確認

学生の味、ホテイのやきとり
缶詰を探しに出る

 中学生ぐらいまで、ホテイのやきとりの缶詰をやたらに食べてた気がする。塩味が好きで、ご飯にぶっかけて食べた。当時はCMもよくやってた。♪やきとりな〜ら〜ほ〜てい、やきやき♪

 ♪やきやき と言われても、カップ焼きそばが焼きそばじゃないぐらい、焼き鳥じゃあないよなあ。にこごりみたいになった脂の中に肉が浸かっている。あれはああいう食べ物だ。

 いつの間にか、滅多に缶詰を食べなくなって、みんなどうですか食べていますか。近所のスーパーの缶詰売場を覗いてみた。
 さんまのかば焼きとか赤貝のしぐれ煮とか定番。土曜日の昼、学校から帰ってモシャモシャと食べた味を思い出した。

 スーパーなのでそれほど変わったものがあるはずもないのだが、目についたのが『銚子風おでん』。 1996年のドラマ「コーチ」をきっかけに作られたサバカレーの会社が出している。

 何が銚子風かというとツミレが入っていること。醤油の味付けが濃い、関東風だ。食べると意外においしい。
 そういえば秋葉原でおでん缶が流行したと以前にニュースで見た。おでん缶のルーツは秋葉原にあり。行ってみることにした。
信田缶詰株式会社 「銚子風おでん」
横浜を散歩するならさんぽす

南国・宮崎を旅する!
第73回日本ダービー特集
確定申告の基本
讃岐うどんの魅力に迫る!!
男一匹、観劇する
週末は三浦海岸で地引網
世界にただひとつの器を造ろう!
個人情報、個人の安全を見直せ!
水と食品サンプルの町、郡上八幡
サービスエリアの新名物、速弁がうまい!
「カナル型イヤフォン」ってどう?
役立たずでも面白い! 検定に注目せよ
すわ!地震 そのときに!
一生モノの逸品「匠の革トランク」
これぞ道楽!ボートで遊ぶ
今が旬の女子フィギュアスケートに注目
チチブデンキ

秋葉原で見つけたラーメン缶
シスターはラーメンをすするのか

 ずい分久しぶりの秋葉原では、駅前でキリスト教の尼さんの恰好をした女の子がビラを配っていた。

「シスターカフェです、よろしくお願いします!」

 子羊たちのご来店をお待ちしてます、だそうである。メイドだけじゃなくてシスターもいる秋葉原だ。

 おでん缶の自動販売機で有名なチチブデンキはラオックスのザ・コンピュータ館、通称ザコンの前にある。

 パソコンの歴史をつくってきたザコンも今年9月末に閉店するそうだ。
 時代が変わったのだとしみじみと思う。10年以上前、営業をしていた時、ザコンは自分のクライアントだったのだ。ザコンがなくなるんじゃシスターやメイドがそこらを徘徊していてもおかしくない。

 チチブデンキのおでん缶は名古屋の天狗株式会社の製品。オリジナルおでん缶の様子を見に来たわけだが、どうも様子が違う。
 (ラーメン缶?)
 おでん缶はあるものの、むしろ大きな顔をしているのはラーメン缶だった。ラーメンを缶詰にして売っているのだ。

 ラーメンを缶詰?それは珍しい。おでんはやめにして、『札幌らーめん缶味噌味』『こてんぐ中華そば』『博多ラーメン缶』の3缶を購入。いずれもメーカー違い、スープ違いだ。

 帰りにぶ〜らぶら歩いていたら、『ハローキティおでん缶物語』という製品が目に止まった。
 <萌える趣都アキハバラ>とある。キティちゃんもまさか秋葉原で萌え、それだけならばまだしもおでん缶にされると思ってもみなかっただろう。

 しかもキティちゃんのバックには無数に“萌え”の文字、まるでメガスターの星空ように。生き残るって大変だな、と一缶購入。
アートとしての青白磁、その美の魅力
一匹10万円?小動物を飼ってみよう!
浴衣で粋な夏をすごす
一杯1500円のうどんを食べてみた
生ゴミリサイクルで環境に気を遣おう!
触れたらハマる「ダーツ」の魅力!
真面目にデートを考えたてみた!
ハーレーダビッドソンでアメリカン!
大人だからこそ!絵本を読もう!
デキる男の最新ビジネスツールとは
酢の王様「バルサミコ酢」の華麗なる世界
男の下着
食欲の秋を乗り切る肉体改造&管理!
新たな時代の男のキッチン
ららぽーと豊洲体験レポート!
エキゾチックリゾート 長崎

ラーメン缶は間違っていないのか?
これで正しい姿なのか?

 家に帰り、まずキティちゃんのおでん缶を開けてみた。
 ……ただのおでんじゃん。どのあたりが萌えなのだ?コンニャクか?うずらか?まさかさといも?
 キティちゃんの形をしたはんぺんとか星型のちくわぶを期待していただけにガッカリした。

 意気消沈しつつラーメン缶を開ける。
 ???何か変だ。何が変だ?ラーメンの麺ってこんなだっけ?ありそうでなかったラーメン缶、考えてみれば当たり前で、麺だもの、時間がたてば伸びるだろう。
 伸びない麺にするには麺そのものを汁を吸わない伸びない素材に変えるしかない。

 というわけでコペルニクス的転回。
『こてんぐ中華そば』にこうある。<ワザありコンニャク麺使用>。なるほどコンニャク。日本ならでは。ではさっそく。
(むむ?)
 ちょっと待て。これはお前、
(糸コンニャク?)
 コンニャク麺って、お前そりゃ糸コンニャクじゃん!

 『札幌らーめん缶味噌味』は麺屋武蔵が監修、非常食を意識して作ったのだそうだ。
 スープはとてもおいしい。さすが麺屋武蔵。メンマもちゃんと入っている。問題は麺だ。
 味噌味だし札幌だし、スープがからみやすい太麺でちぢれ麺、わかる。わかるが、コンニャクである。太い糸コンニャクである。
 そんな小技を利かせたところで、コンニャクにスープがからむか!

 『博多ラーメン缶』もである。販売している福岡市の「はかた寿賀や」は燻製の専門店で、なぜラーメン缶なのかわからないが、博多だからトンコツで細麺だ。だから細麺にしたところで、それは糸コンニャク。
 すき焼きの縛った糸こんにゃくをバラしたみたいで、スープはうまいけど、つらいよ、まずいよ。

 『札幌らーめん缶味噌味』にカロリーが書いてあった。一缶84kcal。さすがコンニャク、超低カロリー。
 あれか、秋葉原のオタクたちは若いのに肉がもっちり、軍服姿でハフハフ言ってるから、そんな子どもたちを見かねての親心か? 
札幌らーめん缶味噌味