日刊 勝ち組スポーツ・勝ちスポ!
江ノ島デートスポット

映画を作るには?

自らのイメージを銀幕に!
その一歩は既存映画の「解剖」から

 その誕生から100年以上の時を経て、今なお人々の心に大いなる感動を送り続ける「映画」というメディア。誰しも一度は、映画の主人公となってみたい、自分のイメージした物語を映画という形にしてみたい、と思った事があるのではないでしょうか。それを今、現実のものにするとしたら?その姿は千差万別ですが、一番大切となるのは限りない情熱という事だけは間違いない事実です。今回は、そんな情熱を密かに胸に秘める方に向けて、自らのメガホンによる劇場公開映画を作るためのヒントとなるような情報をお届けしましょう。

 映画を作る上でまず何より必要となるのが原案・脚本です。今回はその具体的な技術を書くスペースはありませんが、代わりに一つの逸話を紹介します。ある著名なアニメ映画の監督は、映画の専門教育を全く受けた事が無かったにもかかわらず、書物で読んだ「同じ映画を10回観れば映画の作り方が解る」という言葉をそのまま実践して本当に「作り方が解った」といいます。彼はその後ほどなく、自らの原案・脚本・監督で予算8億円、坂本龍一が音楽担当という超破格のデビューを果たしました。彼が掴んだ「映画作りの秘訣」とは何だったのか?それは本人のみぞ知る所ですが、ここでもう一つヒントを。ハリウッドの大作物を適当に2〜3本選んで、時計を見ながら「開始後何分でこういう展開があった」というメモを取ってみましょう。意外な程、皆似たような展開の仕方をしている事に気がつくはずです。少し強引ですが、既存の映画を解剖する事で、脚本作りの要点は殆ど得られると言っても過言ではないでしょう。
江ノ島デートスポット

心に刻む日本の風景を貼り絵で
コンビニクーラーと扇風機どっちにする?
VEXzodiaでゴルフクラブをオーダー!
ひと味違うグリーティングカードを
パリジャン・パリジェンヌのデート
ハイビジョンで迫力の映像を楽しもう
“ネイルタトゥー”体験レポート
サステナブルなエコロジーグッズ
粋にいなせに!男の着物
有名建築家がデザインしたパリのカフェ
究極の酸素システム O2rich
一流を感じる 〜リムジンに乗る優越〜
美よ永遠に!“プリザーブドフラワー”
飛行機を作りたい!
ガンボってなんだ?食ってみよう。
あなたの口の中は大丈夫?
「About Audition」・オーディション・映画

注目の資金調達法「映画ファンド」
役者選びはオーディションで

 映画制作において、常に付いて回る最大の障壁が「予算」の問題です。これは映画の規模に関係なく生ずる問題で、巨匠黒澤明の名作「七人の侍」でさえ、予算の問題で撮影が一時ストップした事がありました。

 そんな中で最近注目を集めているのが、一般の投資家から撮影資金の出資を募る「映画ファンド」です。先日公開された仲間由紀恵・オダギリジョー主演の時代アクション映画「SHINOBI」は、日本初の個人向け映画ファンドで資金が調達された事が大きな話題となりました。一口10万円の募集で約5億円の資金調達に成功したとの事で、出資者に配当の生ずる興行収入の最低ライン(約20億円)を超えるかなど、今後の動向も注目されています。

 次に映画制作の大きなキーポイントとなるのが出演者。人気俳優をブッキングするというのも手ではありますが、どうせしがらみの少ない所で自分のイメージを形にするのであれば、話題作りを兼ねて新しい逸材を発掘するオーディションを開催してしまいましょう。Webサイト「About Audition」には、様々なジャンルのオーディション情報が多数掲載されています。もしかしたら、あなたの作品が大きな才能のはばたつ舞台となるかもしれません。
大人の科学 「大人のための科学キット」
「京野菜」はただのブランド野菜か?-京マーク-
真剣に!グローバルに!結婚相談所
キミは、ふんどしを締められるか!
自然にやさしく強くて軽いダンボール家具
「プラセンタ」人気のヒミツ
手抜き家事のススメ、掃除ロボット参上!
女性を夢中にする ホースライディング
ママの味?シェフの味?イマドキのカップケーキ事情
楽器をつくる
防音マンションで音楽と共に暮らそう。
究極の癒しだ!イヤーエステ初体験
リノベーションでデザイン住宅をゲット!
六本木ヒルズグルメランキング・中華
ボートハウスで愛車と生きる
男性も、下着のオシャレが必要な時代!

撮影に欠かせないロケ地
近年は自治体の協力が盛んに

 映画作りに不可欠なのが撮影場所。全てがスタジオ撮りであったり、アニメーション作品である場合を除いて、イメージに合った場所でのロケ撮影は欠かせないものです。

 皆さんはフィルム・コミッションという言葉を聞かれた事があるでしょうか?これは、市町村などの自治体が、地域の宣伝を目的として映画の撮影を積極的に誘致・サポートするというもので、現時点で70以上の自治体がこの活動を行っています。各フィルム・コミッションでは、ロケハン(下見)のサポート、道路使用や撮影許可申請の代行、映画内における地域情報の監修、エキストラの手配といった、まさに至れり尽くせりの補助業務を行ってくれます。これからの映画撮影には、まさに欠かせない存在となって行くでしょう。
全国フィルム・コミッション連絡協議会

 映画の種類によっては、マンションの一室や病院、飲食店などでのロケが必要となる事でしょう。株式会社ピースタジオでは、撮影に使用できるありとあらゆる不動産物件の紹介を行っています。ホームページには写真、見取り図のほか、各物件の使用料金も掲載されているので、安心して撮影計画を立てる事が可能です。
株式会社ピースタジオ・映画・ロケ