日刊 勝ち組スポーツ・勝ちスポ!
江ノ島デートスポット

“ネイルタトゥー”体験レポート

話題沸騰中“ネイルタトゥー”って何?

 「入れ墨=特別な“道”に属する人のシンボル」みたいなイメージって、少なくとも最近まではありましたよね?

 で、今でもそのイメージが完全に消えたわけではないことは、銭湯などで「入れ墨をした方はお断り」と書かれていることからもうかがえます。

 でも、今や“入れ墨”はファッションのひとつとして定着しつつあります。極ふつうの人で、入れ墨を施している人はいくらでも見かけます。

 筆者などは昨日も電車の隣にいた、ノースリーブTシャツの男性の、肩から二の腕にかけて彫られた大きな“トラ”の顔に遭遇しました。
 肩も太くて立派だったのですが、その立派さを巧みに活かした迫力あるトラの顔が実に見事で、「よく描かれているなぁ〜」と思わず見入ってしまったばかり。「おしゃれな男性だなぁ」と感心はしても、「肩でもぶつかってからまれては大変…」と警戒するようなことはありませんでした。
 後になって、ふと、「一生このままにするのか? それともそのうち飽きてしまうのか?」という疑問は湧きましたが…。

 正確には、その男性のそれは“タトゥー”と呼んだ方がベターなのかもしれませんね。
“入れ墨(刺青、文身など漢字表記はさまざま)”を表す英単語が“tattoo”というだけで、どちらも本質は同じ。
 でも、一般人のおしゃれとしてトレンドになった背景は、日本古来の“入れ墨”から直接ではなく、海外からの影響によってだったのですから。

 ところで先日、あるテレビ番組で佐藤江梨子さんが紹介したことで、一気に注目が集まっている“ネイルタトゥー”。別名“爪タトゥー”をご存知でしょうか?
 素直に「爪に入れ墨を施す」と理解はしても、「爪に?」、「どうやって?」 と、なかなか具体的なイメージが浮かんできません。

 そこで、探してみました“ネイルタトゥー”のできるスポットを。そして、体験してみました。もちろん、自身の爪で!

画像提供:スタジオ ピュア
スタジオ ピュア
江ノ島デートスポット

地上波デジタル放送をそろそろ導入したい!
VEXzodiaでゴルフクラブをオーダー!
ホルモン焼を食べつくせ!
この値段でこのボリューム!名古屋モーニング
断食2週間、究極のデトックス体験
男の帽子スタイル
これぞ道楽!ボートで遊ぶ
こだわりの印鑑
都会にいながら憧れのログハウスに住みたい
21世紀親子の室内遊び! キッズカフェ増加中
大人の嗜み-スペインワイン
最高の「お月見」は最高級の旅館で!
地球環境問題への第一歩を踏み出そう
あの人を呼びたい!講演依頼のHOW TO術
大空を泳ぐ!スカイダイビング
あの老舗の“あんぱん”が食べたい!
スタジオ ピュア

稀少なスポット「スタジオ ピュア」

 いざ、ネイルタトゥーのできるスポットを探そうと、ネット検索をしてみたところ…いやぁ〜、苦戦しました。
 結果リストのほとんどがブログで、その内容の多くが「どこでできるの?」だったからです。「痒いところが余計に痒くなった」のでした。

 そんな中で、唯一辿り着いたのが、東京は板橋区にある「スタジオ ピュア」です。

 ここでちょっと触れておきたいのですが、取材のスタート時点では、他にスポットらしき収穫が得られなかったのです。
 ところが、一週間後の取材終了時に同様の検索で、結果は大きく違っていました。「なぜ?」
 そんな疑問も抱えて、いざ「スタジオ ピュア」を訪ねてみました。

 「スタジオ ピュア」は、大下さんと斉藤さんの、お二人の女性によって運営されています。
 美容・健康関連企業で働いていた大下さんが、6年前に自宅マンションの一室で開いた、アートメイクからボディタトゥーまで、広くおしゃれを提供するスタジオで、今も店舗は持たずにその一室が使われています。

 パートナーの斉藤さんは、5年ほど前にピュアのスクールに通っていた生徒さんの一人。「もともと興味があった」ところへ、「すごく器用でうまいと思った」大下さんにより抜擢されたのだとか。

 何はともあれ“タトゥー”初体験の筆者は、それなりに緊張していたのです。が、お二人のソフトでキメ細やかな対応といい、仲良し姉妹のような呼吸のよさといい、その「アットホーム」なムードがリラックスさせてくれました。

ドイツW杯テレビに映らない見所を探せ!
ドカンと一発! 個人で打ち上げ花火
世界遺産に触れよう!
今宵は誰と頬張る?あったか「おでん」
南米熱帯雨林の天恵、アマゾンフルーツ
都内でブドウ狩りを楽しむ
運命の出会いを求めて〜パーソナルチェア〜
温泉情緒を満喫〜四万温泉
オーダー自転車で街を行こう!
インドの秘境 アジャンター・エローラへ
「クロスバイク」で快感通勤のススメ!
日本の夏参加宣言!祭りを体で感じよう
ニュージーランドに住んでみよう
ファンを増やしつづけるフリークライミング
フランス式エコライフとは?
大人の遊び「ミリタリーコスプレ」

“ネイルタトゥー”は、
“タトゥー”であって“タトゥー”ではない

 「“タトゥー”と付いているので、ふつうのタトゥーをイメージして、一生残るのか? 痛くないのか? みなさん心配されます。
 でも、まったく痛みはありませんし、爪が伸びればタトゥーも段々と消えていって、最後は完全になくなります。なので、本当にはタトゥーではないんです」

 との大下さんの説明を聞いて、「爪が伸びてしまえば無くなる」点については納得がいったものの、「痛み」については不安を残したままの筆者に、大下さんが続けた。

「爪は何層もの角質からできていて、その極表面にだけ針で少しキズを付け、そこにインクを入れ込むんです。出血どころか、皮膚に触れることも一切ないので、本当に痛くないんですよ」

 とは言っても、“針”を使う以上はかなり構えてしまう。通常は「痛くない」でも、万が一の時には…と顔を曇らせてしまったのを見てとったのか、大下さんが言った。

「私たちはもともと、爪よりも難しい肌にタトゥーをしてきたので、技術的にも充分に自信を持っています。針やコットンなど、肌に接触しうるモノはすべて使い捨てにするなど、衛生管理もきっちりできているので、安心してください。
 実は、この前、佐藤江梨子さんがテレビで触れる前から、『爪にもできないかな』と構想を抱いていたんです。私は、タトゥーの中でも、特にワンポイント・タトゥーのおしゃれをもっと知って欲しいと思っていたので」

「そう。だからテレビを観て、『あっ!やっぱりやってみよう』ってすぐに実行したんですよ」と斉藤さん。

 実際、すぐに互いの中で実践トライアルを行い、知人友人にモニターになってもらい、「7月第一週には、ピュアの正式メニューに加えた」のだとか。
 施術の傍ら、ネットやブログによる広報も担当している斉藤さんは言う。

 「すっごい反響で、ビックリしています。なんでも、他にやってくれるお店がないとかで、おとといは静岡から、今日は横浜から3人でわざわざ来てくださったんですよ」

 なるほど。「スタジオ ピュア」は、やはり7月の時点では希少な存在だったのだ。

画像提供:スタジオ ピュア
スタジオ ピュア