日刊 勝ち組スポーツ・勝ちスポ!
鎌倉を散歩するならさんぽす

自然の恵みを堪能する宿、マッカリーナ

食通にとっても料理人にとっても
“夢の場所”マッカリーナ

 北海道は虻田郡、羊蹄山の麓にある真狩村にたたずむ「マッカリーナ」をご存知ですか?
 1997年のオープン以来、全国から来る食通の舌を唸らせているオーベルジュです。

 田舎町にフレンチのレストランを作ろうとした当時は周囲の反対も多かったそうですが、今では真狩村の野菜を中心とした食材、羊蹄山の湧き水などを存分に生かした、目に、舌に、体に嬉しい料理が認められて大盛況!

 私たちゲストにとってはもちろんのこと、料理人にとっても、良質で新鮮な食材をふんだんに使って調理ができるという贅沢な空間が実現し、注目されています。

 雄大な自然を感じながら、野菜中心のフレンチをいただく。これって実は、かなり贅沢なことではないでしょうか?

 メインはレストランですが、宿泊棟もあり、じっくりと腰を据えて、真狩村が誇る料理の数々と向き合うことができるのです。そんなマッカリーナの魅力を余すことなくレポートします!
マッカリーナ
鎌倉を散歩するならさんぽす

最新の生活様式“ロハス”を知ろう
パパ!忍者になるっ。
おもしろペット大集合!
本場で学ぶ!いまどきの海外留学
MNP、3.5世代携帯電話って何?
競馬ファンの究極“馬主”を目指そう
アナタの「口内環境」を見直そう!!
彼女とめぐる発祥の地デート in横浜
日焼け止めをきわめよう!
女性を撃ち抜くセクシートランクス
真面目にデートを考えたてみた!
すわ!地震 そのときに!
おもしろ・マイナースポーツ
地方発 ドライブデートスポット
本当の勝ち組は健康自己管理から
デザイナーズチェアを手に入れよう!
マッカリーナ

過不足ない空間
宿としてのマッカリーナ

 マッカリーナが地の食材を使うレストランであることは周知の事実ですが、宿としては満足度が得られるのか?と思う人もいることでしょう。

 マッカリーナに高級ホテルのようなゴージャスさを求めることはできませんし、温泉も出ません(すぐそこに公衆浴場の真狩温泉があり、500円で露天風呂やサウナを利用できますが)。さらに言えば、至れりつくせりのサービスもありません。宿泊客はホテル棟と部屋で共通の鍵をもらい、自由気ままに過ごします。

 事あるごとにフロントに連絡し、あれしてこれしてと言っているホテルユーザーには向かないかもしれません。
 しかし、セルフサービスで好きなときに好きなだけ利用できるバースペースには各種ジュース、ペリエが揃い、ハーブティも並びます。お部屋の冷蔵庫には羊蹄山の湧き水が。アメニティも充実しています。

 イギリス王室御用達、モルトンブラウンのシャンプー・コンディショナー・ソープやバスソルト2種をはじめ「なくても困らないけどあると嬉しいな」といった類のものは大抵揃っています。

 過剰なサービスを受けるよりも、自分たちの時間を気ままに過ごしたいという方にうってつけの宿と言えそうです。
今だからこそ、大人の「バリ島」へ
効果は折り紙つき? 薬売りがつくる健康薬膳
フランス式エコライフとは?
愛車のお手入れ
岩盤浴でデトックス
そろそろ日本の男性も肥満をまじめに考てみよう
生ゴミリサイクルで環境に気を遣おう!
北京近郊ぶらり旅 中国世界遺産特集
レトルトカレーを極める
抗生物質が効かない!?
現地ドイツでW杯を楽しみませんか?
いまこそ!オトナの予防接種のススメ
生命の起源 「水」 を考える
酢の王様「バルサミコ酢」の華麗なる世界
この冬の「鍋料理」は熱々フォンデュを
裁判を傍聴しよう

多くの人を魅了するディナーとは?

 夕食は当日お好きな時間を指定(ただし20時LO)。
 7月某日は、前菜盛り合わせからスタートしました。

 真イカのフリットやフォアグラ、北寄貝、あんこうのテリーヌ、地鶏のカレー風味などが真狩村で取れた新鮮な野菜の下に隠れています。
 続いて茹でたてのブロッコリー。塩が効いていますしそのままでも十分イケますが、特製ソースもよく合います。

 じゃがいもの冷製スープは、じゃがいもの味を存分に感じられるメニュ。少量のオリーブオイルがアクセントになっています。
 パルマ産生ハム・玉葱・リコッタチーズのサラダは、合わせて食べると最高!

 そして「メインの前の1品」としてホタテのポワレが出され、いよいよメイン。岩手・短角牛か平目をチョイスします。

 なかなかの量、そしてここでも真狩村の野菜をしっかりと堪能できます。この後はお好みでチーズなどを(大抵の人はここでお腹いっぱいなんですが……)

 デザート1皿目はシャインマスカットとゼリー。
 満腹なはずなのにするする入ってしまうから不思議。

 次は桃のコンポートとシャーベット。プティフールとハーブティかエスプレッソをいただき、至福のディナーは幕を閉じます。
マッカリーナ