日刊 勝ち組スポーツ・勝ちスポ!
横浜中華街おすすめ食べ歩きマップ

自然の恵みを堪能する宿、マッカリーナ

マッカリーナ

宿泊客のみ許される贅沢

 朝食は、宿泊客しか食べることができません。
ちょっと優越感に浸りながらいただきましょう。7:30〜9時LO。前日にお好きな時間を指定します。

 花柄のテーブルクロスが夜のマッカリーナと趣を変えるダイニングで、まずはパン。

 この日はデニッシュ、けしパン、クロワッサンが2つ、柚子パンが並び、食べ切れなかった分は持ち帰ることができました。
 いちごとトマトのジャムもともに。紙袋とジャムをすくうスプーンも添えてくれて、さりげなくも嬉しい心遣いです。

 そして、果肉がいっぱいの、いかにも絞りたてなルビーグレープフルーツジュースと牛乳が登場します。
 グリーンサラダ、ハム、チーズ、ポーチドエッグチーズソース、ル・クルーゼのミニココットに入った具沢山野菜スープ、果物はいちご・キウイ・みかん・パイナップル・マンゴー。ゆっくりと優雅にいただきましょう。

 最後はポットにたっぷりのコーヒーか紅茶を。ついつい食べ過ぎて、お腹いっぱいになってしまっても大丈夫です。チェックアウトは12時ですから、部屋でゆっくりと休みましょう。
横浜中華街おすすめ食べ歩きマップ

マッカリーナへ行こうと
思い立ったら

 マッカリーナに宿泊する際、利用できるのは、ツイン3部屋とDXツイン1部屋のみ。
 ツインはベッドが小ぶりですので、身長の高い方などはDXツインがベターかもしれません。いずれにしろ、全4部屋しかありませんからかなりの競争率です。

 特に夏場訪れたい方は、早めに予約しましょう。1〜2ヶ月前に電話をしても埋まってしまっていた、という声もよく聞きます。
 昼食や夕食のみ訪ねるのもアリですが、電車で行くのは難しい場所なので、タクシーで行くか、車で行くかになります……。

 マッカリーナ行きが決まったら「他にどこへ行こうかな」と思うことでしょう。宿周辺にあるのは、3kmくらい離れたところにある「細川たかし記念像」が有名です。
 羊蹄山と真狩川をバックに像がそびえ、横にある手形に手を合わせると大音量で音が流れ、かなり驚きます……。

 また、道の駅も近く、帰りに野菜などを買って帰る方にオススメです。
 とは言っても、観光スポットはこれといってないのが事実。真狩村では自然と触れ合いのんびりゆったり過ごすのが正解でしょう。

 みなさんも、マッカリーナで心と体の休息をしませんか?
マッカリーナ