日刊 勝ち組スポーツ・勝ちスポ!
横浜デートスポット

セーヌ川にビーチが?パリ・プラージュ

パリ・プラージュって?

 “パリ・プラージュ”とは、“パリの砂浜”という意味でパリ・セーヌ川に砂を敷き、パリで気軽に海岸気分を味わってもらおうという企画。 今年で6回目になるこの企画は7/19〜8/20まで行われています。

 そもそもパリから海岸までは少なくとも片道2時間列車にゆられ約6000円以上かけて行かなければならず、日帰りでは簡単に海までは行けないのが現状。
 その海岸も夏ともなるとホテルも混雑、値段も急騰するということから、パリ市がこの企画を持ち出しました。

 出来た当初新しいものをすぐには受け入れないフランス人達が「セーヌ川に砂浜??」という反論もありましたが、結局大好評で年々企画も増していき、今ではすっかりパリの夏の風物詩として定着しています。

 今年の予算は、去年よりも0.2ミリオンユーロ上がり2.4ミリオンユーロ(約4億円弱)で約60%はスポンサー出資。
 以前フランスの地方で行われていたことがあったこのイベントは、パリ・プラージュが火付け役となり、欧州各地の都市や東京にまで街なかにある人工ビーチが広がっています。
「パリプラージュ」公式サイト
横浜デートスポット

脳の衰えを防ごう
新「会社法」で誰でも社長になれる
オリンピック観戦ついでのイタリア
この冬の「鍋料理」は熱々フォンデュを
新生活を彩る超クールな冷蔵庫!
ヨーロッパの古城を持つ!
本気で遊ぶ!エンジンラジコンを楽しもう
ミラコラーレ/「車オタクの総合デパート」を目指して
コートドール実食レポート
セキュリティで愛車を魔の手から守る!
男一匹、観劇する
究極の「焼きいも」を探せ!
レアもの発見 B級お宝発掘入門
袖に輝くカフリンクスに注目!
スーパー健康法 バナナ酢
話題のホビングリッシュに挑戦(子ども編)
「パリプラージュ」公式サイト

パリ・プラージュは人工砂浜だけではない?

 パリ・プラージュは、第一回目のデザインを任されたジャン・クリストフ・シャブレが今年もデザインを担当しました。
 パリっぽいと思わせるこの雰囲気もパリ・プラージュをより楽しませてくれる一つです。

 そしてここでは、人工ビーチだけでなく様々な施設が同時に設けられています。
 一般施設として、

●無料の無線インターネット
●カフェ
●売店
●パリ・プラージュ・グッズ売店
●アイスクリーム・ショップ
●ミスト・シャワー場
●おむつ替え場
●トイレ等

 スポーツ施設は、
●ビーチ・バレーコート
●ビーチ・ラグビー場
●ビーチ・ミニバトミントンコート(子供用)
●ビーチ・サッカー場
●ロック・クライビング
●アスレチック等

 ライブコンサート場もあり、この夏8回ライブ(ロック、ワールド・ミュージック、シャンソン)が行われ25以上のグループが参加します。
 毎年人々が楽しめる企画を増やすのが目標とされていますが、実際はもうアイデアが出尽くしたといわれているにも関わらず「来年はどう凝った企画が出されるのか?」というさらなる期待の声が高まってます。
ワンカップで日本全国飲み歩きの旅
意外と知らない「出産祝い」のツボ
ファイヤーキングをコレクションする
勝ち組の為の結婚相談所
六本木ヒルズグルメランキング・フレンチ
発明でどーんと稼いじゃおう!
オリジナル現像で、写真にこだわる!
彼女とめぐる発祥の地デート in横浜
防音マンションで音楽と共に暮らそう。
競技人口世界2位!クリケットで楽しもう
じわじわ浸透中!南国フルーツ
クロスカントリーを観よう!楽しもう!
ドイツW杯テレビに映らない見所を探せ!
女性を夢中にする ホースライディング
フランス発 クリスマス便り
徹底分析〜「温泉たまご」とは何だ!

日焼けにいそしむフランス人でいっぱい?

 さて来ている人達は、もちろん日焼けや日光浴に来ているフランス人達。
 ビキニなんて当たり前でセッセとこんがり肌になるために日焼けにいそしんでいます。日本と違い、なぜフランス人をはじめとした欧米人は日焼けをしたがるのかというと?

 それは、冬の寒さが厳しいヨーロッパ(特に北部)の王侯貴族は、その昔長い冬の寒さをしのぐため年中温暖な地中海沿岸へと行っていました。

 それゆえ、欧米では「日焼け=お金持ち」というイメージが今でもあり、少々焼いてもすぐに白くなってしまう。お天気がいい日に今がチャンスと肌を焼きリッチ感溢れるイメージを持とうとするのです。

 ところで、南仏ではトップレスの女性が多いことから、パリ・プラージュでもトップレスやヒモ状態のビキニ女性がいましたが、昨年から禁止されることに。

 パリジャン紙によると理由は「過度な露出はセーヌ川岸沿いでの危険な行為を誘発しかねない」ということで、違反者には38ユーロ(約6000円)が課されるようになりました。ウーン、日本人にとっては想像出来ない規則ですね。
「パリプラージュ」公式サイト