日刊 勝ち組スポーツ・勝ちスポ!
京都を散歩するならさんぽす

MOOG(モーグ)の音色に酔いしれる

アナログシンセサイザー「MOOG」

 シンセサイザーとは、電子的手法により音を合成する楽器のことを指します。キーボードと意味を混同して使われることがありますが、ギター型や笛型、打楽器型など、キーボード以外のコントローラーを備えたシンセサイザーもあります。

 現在ではサンプリングしたデータを元に音を作り出す、デジタルシンセサイザーが主流になっており、コンピュータ制御によって非常に高機能で複雑な和音を作り出すことができます。

 それに対してアナログシンセサイザーの場合、和音も少なかったり機能的にもデジタルに劣るわけですが、その代わり、サンプリングを基にしているデジタルシンセサイザーには作成できない音色を表現することができます。

 最近ではその特色が見直され、製造中止になった旧式のアナログシンセサイザーが高く評価され、「ビンテージ・シンセ」として売買されているのです。

 今回は、そのアナログシンセサイザーの代表格「MOOG(モーグ)」について取り上げてみました。
Moog Music
京都を散歩するならさんぽす

現代風!? 葬儀・墓参アラカルト
ボジョレー・ヌーボーの解禁日−パリ
ベニス・ゴンドラの旅
自律移動ミュージックプレイヤーmiuro
愛と夢が凝縮された「キャラ弁」の世界
夏オフィスでの冷え対策
男性も、下着のオシャレが必要な時代!
金沢でしっとり大人のデート
アンテナショップで全国巡り♪
ネイルサロンに行ってみよう!
快眠追求の極意とは?
記録的寒波。辛いモノで内から打ち勝て
「ブドウ糖」で脳内パワーをチャージ!!
体験型ギフト〜ギフトが贈る素敵な時間
石鹸にこだわれ!
夏はすぐそこ!ビーチサンダル特集!
コラム集1シンセサイザーについて/70年代ロック大航海〜ビートルズ ...

モーグの起源

 モーグ・シンセサイザーは、1964年にアナログシンセサイザーとして世界で初めて開発された電子楽器です。アメリカの電子工学博士、ロバート・モーグによるもので「モーグ」の名前もここから来ています。

 ただし、モーグ博士は初期のアナログシンセサイザーの開発にしか携わっておらず、その後の開発についてはさまざまなエンジニアの努力によって成し遂げられました。

 モーグは、1967年にザ・モンキーズがアルバム「スター・コレクター」の中で初めて使用し、さらに1969年にビートルズのアルバム「アビイ・ロード」によって世に広まることになります。

 そして、モーグが持つ一機能であるミュージックシーケンサーの正確なリズム保持は、特にテクノやディスコミュージックと相性が良かったため、これらの音楽ジャンルの確立を通してモーグは世界に普及していくことになりました。
2007年 カウントダウン・レポートfromパリ
確定申告の基本
レアもの発見 B級お宝発掘入門
シュヴァルの理想宮って知ってますか?
お正月の風物詩:凧揚げ
日本上陸!外資系ラグジュアリーホテル
VEXzodiaでゴルフクラブをオーダー!
指先で風を操る快感 〜スポーツカイト〜
ヴィンテージワインで、深いひと瞬間を
男性こそ!ヘッドスパを体験!
優雅に香るシガーが大人を演出します
ばんそうこうのエトセトラ!驚きの真実。
ケースに凝る!マイ・ケース探訪
話題のホビングリッシュに挑戦(子ども編)
異色のウォッチメーカー -Sinn-
「米ぬか」はカラダにもお肌にも栄養満点!!

ステージ仕様のミニモーグ

 ミュージシャンのキース・エマーソンは、本来ライブ演奏向けではなかったモーグをステージに持ち込み、演奏中に設定を変えて音を作っていました。この彼の挑戦によって開発されるきっかけを得たのが、「ミニモーグ」でした。

 1970年に世界初のステージ仕様のシンセサイザーとして登場し、ステージで使うことを想定して、あらかじめ接続された機能をスイッチで選ぶように作られました。それにより、音色設定の自由度は低くなるものの、機械が苦手な人にも簡単に扱えるようになったのが特徴でした。

 ミニモーグは単音のシンセサイザー(モノフォニック)であり、単一の旋律しか表現はできませんが、太く深みのある音色は、30年以上経った今でも多くのミュージシャンに愛され、若手ミュージシャンのファンも続々と増えています。

 そのミニモーグ。2002年以降の現在は「Minimoog Voyager」として発売されています。モリダイラ楽器のサイトでモーグの音色を実際に聴くことができるので、試してみると面白いでしょう。


画像提供:モリダイラ楽器
モリダイラ楽器