日刊 勝ち組スポーツ・勝ちスポ!
横浜デートスポット

21世紀、家庭用ロボットの普及!

ロボットに支えられた生活
どうなる? 未来のロボット事情

高度な汎用性が求められる、家庭での使用にはまだまだ耐えうるものではないが、製造業の分野では、ロボットは当たり前のように普及している。材料を混ぜるロボット、ネジを絞めるロボット、塗装するロボット…。家庭でも、芝刈りロボットや掃除ロボットに限れば、2004年の時点で全世界に60万台も普及している。人間の活動を支援するロボットは、これまでそれと認識していなかっただけで、意外なほど生活と密接に関わっているのだ。
これからも、ロボットは進化し続け、やがては「ロボットの友達」も家庭に普及する時代がくることだろう。かの名作「ブレードランナー」や、スピルバーグ監督の「AI」、ウィルスミス主演の「iROBOT」など、人間とロボットとの間の軋轢を描いた作品も、現実のものとなるかもしれない。
国連欧州経済委員会の報告によると、2007年にはエンターテインメント・娯楽ロボット市場は250万台に達する見込みだという。
あなたはロボット、買いますか?
横浜デートスポット