日刊 勝ち組スポーツ・勝ちスポ!
江ノ島デートスポット

未来をかけたレアメタル競争勃発!

レアメタルは製造業の命綱
国の備蓄は1カ月以下の現実

 たいていのものには半導体が入っている昨今だ。冷蔵庫がしゃべるぐらいじゃもう驚かないが、某ハンバーガーメーカーが子ども向けのミールセットにゲーム機をつけたのには驚いた。
 ゲーム脳とか言ってなかったか、世間。許すのか、世間。

 パチンコもゲーム機みたくなって、ライダー変身でフィーバータイムだ。半導体が関係ないのって食い物ぐらいじゃないか?
 そうでもない。これからは田植えや収穫にロボットが使われてるそうである。

 高齢者でも農作業ができるとか。しかし格差とか言ってなかったか?
 中国の安い労働力に根こそぎやられて若者貧乏じゃなかったっけ?
 労働力を機械に変えるとようは同じ事だろうと思うのだが、それは中国から輸入してる分を全部自給できるようにするとかそういうこと?
 そうやってロボット化を進めて、半導体がなければ米も作れなくなる?

 良いとか悪いとかじゃなくて、そういうものだ。思いついたらやっちゃうのが人間だ。
 オートメーション化で油で手が汚れたことのない工場労働者が増え、おかげで女の人も就職するようになっているそうで、その同じことが農業でも起きて、いずれ土を触ったことがない農家が出てくる。そう考えて軽く驚いた。

 問題は半導体そのものだ。半導体も元を正せば金属。主として使われるシリコンは山ほどあるが、シリコンだけでは今の半導体はできない。
 インジウムやガリウムなど特性に合わせていろいろな金属を使う。こういう金属は鉄や銅と違い、どこにでもあるわけではない。珍しいからレアメタル。

 半導体以外にも液晶や携帯電話の筺体などにも使われる。
 事実上、先端技術製品はレアメタルがないと製造できない。実は日本、レアメタルのほとんどを輸入に頼っている。
 他の国が何らかの理由でレアメタルの輸出をストップしたら、国の備蓄は1カ月以下。民間の備蓄を合わせても60日に満たない。製造業は致命的だ。
1カ月以下
江ノ島デートスポット

大空を泳ぐ!スカイダイビング
夏オフィスでの冷え対策
古くて新しい「古書」売買が今熱い!
自然の恵みを堪能する宿、マッカリーナ
バーベキューは豪快に豚の丸焼き!
香道、自分の内にあるものを味わう道
あぁ、美味しいプリンが食べたい!
真面目にデートを考えたてみた!
社交ダンスでモテる男の術を学ぶ
大人だから「和服あそび」を気軽に楽しむ
モナコの楽しみ方
効果は折り紙つき? 薬売りがつくる健康薬膳
中国茶を極める
ロマンティック! 水上に住まう暮らし
自慢の絨毯、ロレックス、サルを見て!
オープンカーで颯爽と!
1カ月以下

他国に頼る危険性
レアメタルショックがやってくる?

 日本にはまったくといいほど資源がない。他国から材料や燃料を買って加工して販売する商工で経済が成り立っている。他国がいらないと言ったら、それで終わりだ。

 これが日本の最大の弱点であり、第二次世界大戦の時もアメリカの石油禁輸がきっかけだったといわれている(実際には備蓄があり、第二次世界大戦がなければ石油は足りたという話もある。真実はわからないが、オイルショックのトイレットペーパー騒動のように、石油がなくなるという怖い話に世間が乗ったのは事実だろう)。

 グローバリゼーションとは持ちつ持たれつの関係、入り組んだ資本は自分が糸を切れば自分の首を絞めるようにできている。
 資源国が大幅に輸出を規制すれば、キューバのような極貧国に落ちることになる。だから輸入が途切れる可能性は相当に低い、そういうことになっている。
 しかし北朝鮮のようにこれ以上悪くなりようがないことを取引条件にする国もあるし、その国ごとの事情もある。

 世の中には外貨獲得のために資源の叩き売りを行い、圧倒的な安値で他国の鉱山を閉山に追い込み、その上で自国の資源の輸出価格を上げるという、焼き畑農業みたいなアコギな商売をする中国のような国もあるのだ。
 ある資源を1国からの輸入に依存することは非常にリスクが高い。

六本木ヒルズグルメランキング・フレンチ
男のこだわり!氷山の氷でオン・ザ・ロック
夏バテを防止する&解消する方法はこれ
知っているようで知らない確定申告
幻想的な美しさ、進化する砂のアート
心をデトックス!? 感情モニタリング
木のねんど?もくねんさん
松茸に和牛!秋を食べ尽くす割烹旅館
ヘッドフォンに夢中
紅葉と癒しの高級旅館
ゴールデンウィークの過ごし方
自分にあった空間を作る
「熟成古酒」はコク深い大人の味わい
アマ野球チームを作ろう!
おいしい水を探しに行こう
ケータリングで手軽にパーティー!

最大のレアメタル産出国、中国
始まった輸出規制と価格高騰

 日経ビジネスオンラインの記事“レアメタルが禁輸になる日”によると、中国ではレアメタルを輸出ではなく、自国の産業に使うべきでそのためにはレアメタルを輸出禁止品目べきだという意見が出ているという。

 記事によればレアアース、タングステン、アンチモニー、インジウムなど中国からの輸入が7割から9割以上を占める金属があり、禁輸政策の対象となった場合、先端製品の価格にそのまま跳ね返る。

 毎日新聞(2007年8月20日)によれば、中国の輸出抑制はすでに始まっており、レアメタルの価格が高騰しているそうだ。
 中国の安値攻勢で<米国や豪州の鉱山が相次ぎ閉山>、シェアを獲得した時点で輸出価格を引き上げ、この5年間で<排ガス浄化用触媒に使う白金の価格は2.4倍、自動車用鋼材に使うモリブデンは6倍>だそうである。 そこに投機会社が便乗、さらに価格が吊り上がっている。

 中国が狙ってやったのだったら(もちろん狙ったのだろうが)、戦略外交の見本のようだ。
 産業の米と呼ばれる半導体、その原料を一元も使わず、それどころか外貨をいただきながら押さえてしまった。

 毒入りウナギが見つかっても、政府が黙っているわけである。あまつさえ、毒は見ないフリしましょうか、 海もキレイにしましょうかと媚びてくる。転じて日本、そうしなければ国際競争力が鈍る、と中国にシフトしたのだろうけれど、安物買いの銭失いとはよく言ったものだ。

 他国に自分の喉元を押さえつけられては、友好もへったくれもない。
 喉元を押さえられないために自衛の方策を練る必要がある。輸入ルートの複数化と独自の鉱山開発、さらに備蓄を補う資源のリサイクルや代替材料の開発だ。

レアメタルが禁輸になる日