日刊 勝ち組スポーツ・勝ちスポ!
江ノ島デートスポット

鍼・灸で今日もうつくしく

鍼・灸の技術力とは?

病気までいかないが、なんだかだるい。微弱なゆれを示す地震針のようにイライラしてしまう。そんなときは鍼&灸で気分を変えてみてはどうだろう?

この2つの技術効果といえば、肩こり、むくみ、頭痛、不眠解消などがあげられる。どれも、生活する上で継続的に起こりうる症状だろう。

 実は、現在かかっている病気を治すことに注目が集まりがちだが、中国医学の代表ともいえる鍼灸治療は病にかかるのを防ぐ役割を重点においているそうだ。
 それは2000年以上前に書かれた黄帝内経という鍼のことなどが記載された中国最古の医学書に「未病を治するは名医なり」という言葉がからも伺える。

では、どんな風に体に良い影響をあたえるのかというと、人間には365の経穴(ツボ)と、体内に流れる14本のルートに分かれた経絡がある。
 これを刺激し、全身の気と血のバランスを上手いこと調整していくことで、弱った心身を自力で健康な状態に戻そうとする自然治癒力を高めるのである。

また、頭に鍼を刺すことで脳内にモルヒネと似たような痛みを抑える物質が作られ、苦痛を和らげることも特徴だ。
 女性独特の症状である「子宮筋腫」の激痛を逃れるため、治療に通っている女性は多い。効果の持続力は7〜10日ということだ。
鍼・灸の技術力とは?
江ノ島デートスポット

クラシックコンサートへ行こう!
「トイレ」は 自分だけのくつろぎ空間
伊豆・河津温泉「抹茶風呂の宿つりばし荘」
ジョギングで、心も身体も「うまい!」
ラフティング これぞ自然のウォータースライダーだ!!
ワールドグッドデザイン 京仏壇『壇』
健康的な外食を!ドクターズレストラン
とっておきの高級ステーキが食べたい!
ANAインターコンチネンタルホテル東京
これぞ!とんかつの名店!
タイムスリップ感覚で下町デート
男がハマる“おりがみ”の世界
自宅を映画館に!ホームシアターの世界
自分に御褒美を!
包丁にこだわる!
ガンボってなんだ?食ってみよう。
テレビや雑誌で話題のアスカ鍼灸治療院

テレビや雑誌で話題のアスカ鍼灸治療院

 町のあちらこちらで鍼灸の看板がかかげられている中、ご紹介するのはVoCE、ベーグル、FYTTE(フィッテ)などの有名雑誌や所さんのそこんトコという番組で放送されたアスカ鍼灸治療院。

 ここのホームページをのぞいてみると、取材履歴ページに気になる文字が表示されていたのだ。
 講談社 日刊ゲンダイの「美顔鍼でいい男になる」というテーマ記事。鍼という技術をもちいて、たるみやしわをのばしてしまおう。という内容だ。

 顔に鍼を刺す! こわくないのか。とスリルをともなった好奇心が全身をかけめぐる。
 そして、早速美顔鍼を体験するべく予約の電話を入れるのであった。

 JR五反田駅から5分くらいの場所にある治療院は大通りに面しているため、見つけやすい。
 院内はあたたかな温もりを感じる蛍光灯の光に包まれている。鍼もお灸も未体験だった筆者はかなり緊張していたのだが、リラックスできた。

ゆったりした気持ちで名前や住所といった基本情報を記載し、現在の体の状態を問診表にチェックしたあと、治療台に寝そべる。
 すると、顔についた余分なお肉が下に流れてくる。いやおうなしに、自分のメタボリックさが身にしみてきたのだった。
豆乳せっけん&ゆき肌豆腐
大冒険を満喫できる究極の乗馬とは?
マカロンはお好き?
ザ・ウインザーホテル洞爺でリッチなデート
仮想世界「セカンドライフ」で人生リセット
大河ロマンの焼酎〜「篤姫」と指宿
クリスマス間近! ホテルでデート
第133回天皇賞特集
夏オフィスでの冷え対策
キミは、ふんどしを締められるか!
鳥ハムの魅力にあなたもやみつき!
あぁ、美味しいプリンが食べたい!
将来のための別荘探し
世界が誇る「RECARO」の魅力
ダンディにキメるパイプスモーキング!
徹底分析〜「温泉たまご」とは何だ!

初体験! 美顔鍼

 施術を待つ間、予約待ちの電話が何回もあった。リピーターが多いのだなとぼんやり。
 そこに、森本レオの声を少し明るくした、ソフトな声色が頭上から聞こえてきた。院長先生のお出ましだ。

 とうとう鍼が顔にささるのか…と緊張がみなぎりつつ、帰る時にはすっきりした顔立ちになっているのだと妄想をふくらませる。

 施術は、顔の触診からはじまった。先生の手は大きくてあたたかい。
 眠りをさそうようなタッチに意識が遠のいていく。まずい、これでは詳しく体験レポートが書けなくりそうだ。

 目覚めようと必死に股をつねってみが、あまり意味がなかった。そんな状況を打破したのは鍼をトントンと肌に埋める段階になったとき。
 「チクンっチクン」と刺すたびに、ちょっとした衝撃が走るのだ。

 打ちこむ箇所によって、イタ気持ちいい〜♪といった感覚から、伸ばした指の爪を使って強くつねるようなグッとくる痛みを感じた。
 次はどんな刺激がくるのかとハラハラどきどき。まるで、サスペンスドラマでもみている気分だ。

 使用した鍼の本数は合計で30本くらいだろうか。いたるところに糸のような細長い感触があった。
 全部の鍼をつけ終えたら、30分以上そのまま放置し、肌を活性化させていく。
初体験! 美顔鍼