日刊 勝ち組スポーツ・勝ちスポ!
京都を散歩するならさんぽす

温暖化で幻となる日も近い?“天然氷”

今ならまだ食べられる“天然氷”のかき氷

 鰻でも松茸でも、今や“天然”と名の付くモノの価値は誰もが認めるところ。
「天然なんだから高くて当然」と、大抵の人が考える。それは言うまでもなく、そのモノの本質的な魅力もさることながら、それが希少な存在であるという事実があるからだ。

 昨今、希少価値が急激に高まっているも天然モノのひとつに、“天然氷”がある。理由はズバリ、気候温暖化だ。

 去る8月16日に、岐阜県多治見市と埼玉県熊谷市で最高気温が40.9度となり、74年ぶりに記録更新となったことからも、それは充分に実感できる。
 熊谷市から20キロほどの距離に住んでいる筆者は、エアコンのない自宅で呼吸困難を感じて緊急脱出し、夜に帰宅してもまだ35度を指している寒暖計を見て、「エアコンなし生活も時間の問題か…」とがっくりした日だった。

 どんなごちそうよりも「氷」にかぶりつきたくなってしまう超猛暑の今夏だが、温暖化は夏のみではなく冬も同様で、冬季の自然の営みによって創られる天然氷ができにくくなっている。それが国内産の天然氷の現状だ。
 そのうち、極地に近い諸外国からの輸入天然氷がもてはやされる時代が来るかも?
 世界各地の氷河の溶解も進んでいるのだが…。

 それでも、かろうじて今この時点(2007年8月)では、日本の自然が生んだ“天然氷”は存在する。そしてその氷を使ったかき氷を食べることができる。

今ならまだ食べられる“天然氷”のかき氷
京都を散歩するならさんぽす

うわさのストレスコーチングって何?
今、時代はホスピタリティ
カスタムナイフは男の趣味
MNP、3.5世代携帯電話って何?
一度はしてみたい“わんにゃんデート”
古くて新しい「古書」売買が今熱い!
パワー&ヒーリングスポット、セドナ
科学的自己分析入門
アクアテラリウムを楽しもう。
ドイツ生まれのスタイリッシュ日用品-コジオール(koziol)
2006年・花火大会鑑賞プラン
政治家になろう〜市議会議員編〜
愛車のお手入れ
アクアエクササイズでヘルシーボディ!
横浜ベイサイドでの新感覚デートとは
勝ち組男性が綺麗なのは絶対です!
希少な天然氷を求めて西から東から炎天下にできる長蛇の列

希少な天然氷を求めて西から東から
炎天下にできる長蛇の列

 「国内で天然氷を製造しているのは、片手で数えるほどしかない」
 何人かの業界関係者に尋ねて返ってきた、共通の返答だった。
 関東地方で知られているのは栃木県と埼玉県で、栃木県内には日光霧降高原チロリン村を含む3軒あるという。

 一方、埼玉県では一軒のみとのことで、長瀞町にある「阿佐美冷蔵」の本店(支店も長瀞町内)を訪ねてみた。

 現場に着くやいなや、長蛇の列に唖然。朝10時の開店までまだ30分もあるというのにだ。思わず「コレ、かき氷を食べる列ですか?」と確認してしまったほどだ。

 「列はいつもみたいです。いつもここを通る度に見てると、下手をすると道路に溢れるまで並んでいたりしますから。ずっと食べてみたいと思っていて、今日は朝イチで来たんです」と、熊谷市在住の30代女性。

 「道路に溢れるほどの列」と聞いてさらに目を丸くした筆者。
 なんたって、そこはのどかな田舎町だ。荒川河川敷にユニークな岩畳があり、長瀞ライン下りやラフティングなど、大自然が満喫できる観光地で、人口は8千5百人ほど。

 住宅も店もそれなりにゆったりと敷地がとられている。列の一番手から筆者までで既に40人くらい。
 その列が道路に溢れるには、少なくともさらに100人は並ぶ必要があるだろう。この界隈でそれほどまでに長い人の行列ができるのは、パチンコ屋でもあり得ないはずだ。

 聞けば、「3時間待ちだった」という人もいるとか。
「この炎天下の中だからこそ食べたい」氷であるにせよ、「炎天下に並んでも食べたい」ほどのモノなのか?

 しかも、前出の女性は「かき氷は本当はあまり好きじゃない」というではないか!
 筆者の予想を遥かに超えたまさに“有り難い”モノに違いない、と期待にない胸を膨らませて臨んだのであった。
PLCを使って家庭で簡単ネットワーク
真剣に!グローバルに!結婚相談所
男のこだわり!氷山の氷でオン・ザ・ロック
男の下着
大空を泳ぐ!スカイダイビング
一般人だって、歯は命!
彼女連れの時のとっておき!
目覚まし時計が、光る!香る!飛ぶ!
大人だから「和服あそび」を気軽に楽しむ
GWはモーツァルトで熱狂しよう!
体験!発見!ジビエ料理の世界
食うか食われるか クマと戦う
鞄は実用?それともオシャレ??
中国茶を極める
野点で味わうジャパネスク
浴衣で粋な夏をすごす

明治24年から続く蔵元「阿佐美冷蔵」

 結論から言おう。「おいしかった」
 3時間待ちはともかく、30分並んでも食べられてよかった、と思った。

 お椀に山盛りにされたそのボリュームを見て、「頭がツーンとするのでは?」とか「後でお腹が緩くならないか?」と、先の女性と同じく、元々は氷好きの方ではない(多分に雪国出身のせい)筆者はやや不安を抱いていたのだ。
 そんなこともあって、敢えてフルーツ系を避け、“昔のキャラメル”を選んだのだった。

 しかし、それはおいしい源泉水を飲んだ時のようなしっとりとした甘さがあり、舌にもお腹にもやさしい冷たさだった。
 その裏づけなのかどうか?ふつうの氷よりも、ずっと解け方が遅い。出されてから30分経っても解けきらず、最後はみぞれを楽しむことができた。

 メニューは、いちごみつ、こだわりメロン、果汁入り白桃、さくらあずき、里のぶどう、せん茶あずき、昔のキャラメル、氷みつ、黒みつの全9種類。ただし、季節によってはないものもある。
 いちごとメロンが500円。それ以外は600円。シロップも特製で、500ml入りが800円(イチゴと桃)と1000円(氷みつと黒みつ)で販売もしている。

 加えて、風情ある店の雰囲気も味わいを引きてていた。店は旧い民家をアレンジしたレトロな造りで、店内のほかに樹木が茂った中庭席もあり、自然と旧き良き時代を同時に鑑賞できる。
 また明治時代から続く氷の蔵元だけに、木の冷蔵庫、氷かき器氷を掴むハサミなど、氷やかき氷に因んださまざまなアンティーク品がディスプレーされ、ギャラリーさながらなのだ。

 氷のやさしい冷たさとともに、庭木や、その向こうを流れている荒川からの自然の涼風が心地よく、猛暑も行列に並んだ疲れもすべて忘れて、ゆったりとした癒しに浸ることができるのだった。

取材協力:阿佐美冷蔵

明治24年から続く蔵元「阿佐美冷蔵」