日刊 勝ち組スポーツ・勝ちスポ!
京都を散歩するならさんぽす

異国の“味”がつまった民族楽器

えっ?ロバの下顎の骨が楽器!?

 海外で外国人と交流すると、「日本の音楽はどんな?」とか「日本の踊りを見せて」などと言われることが多い。そんな時、みなさんはどう返しているだろう?

 筆者の場合、小学校で習った「さくらさくら」などの短い唱歌を歌ったり、故郷の盆踊りをちょっと再現したり…しかも、ハニカミながら…。

 すると、まず10人中9人が“?ハテナ?”の顔をする。我ながらちょっと物足りない。何か一工夫してアピールしなければと思っても、ない芸は出せない。

 結果、いつも思うのだ。いつか日本独自の楽器を習って、外国人のリクエストと期待にバッチリ応えてやるぞ、と。ところが、日常生活に戻ってしまうと、志は抱きつつもなかなか一歩を踏み出せないでいる。

  そんな折、たまたま立ち寄った新宿にある民音音楽博物館で、なんともユニークな楽器を発見!

 それはカリブ海の国、キューバの代表的な楽器のひとつ「キハーダ(Quijada)」(写真)。
 ロバの下顎の骨を丸ごと使った楽器で、色は塗ってあるものの、歯もそのまま付いた状態で、どこから見ても楽器には見えない。バチもなければ吹くような孔もない。仕方なく関係者に尋ねてみてビックリ。

 「これはこの顎の骨の側面を、こうして拳で叩いて鳴らすんですよ」

 驚嘆とともに、実際に鳴らそうとしたのだが…拳が痛くてとてもではないが音など出ない。四苦八苦していると、更に驚くべき事実を教えられた。

 「(北島三郎の)あの与作の、“カーン”はコレなんですよ。なんでもふさわしい音を出せる楽器を、かなり探しまわったそうです」

 後で調べてみると、なんとあの水戸黄門の中の効果音としても有名だとか。世界には何とも不思議な楽器が存在するものなのだなぁ、と思うと同時に、それを発案した人々に深く感心しないではいられない。
 そして改めて思ったのだ。「民族楽器っておもしろい!」

 では、具体的にはどんなものがあるのか、筆者の独断と偏見、そして実際に海外で接した楽器からピックアップしてみた。
民音音楽博物館
京都を散歩するならさんぽす

スマイルハートを全世界に!
都会の景色を二人占め「セスナで遊覧」
袖に輝くカフリンクスに注目!
今だからこそ、大人の「バリ島」へ
心に刻む日本の風景を貼り絵で
日本の伝統〜山車
おせち料理は作る派? 買う派?
気になる「あの一流ビル」のテナント料
色才兼備の時計「クロード・メイラン」
宇宙に値段をつける宇宙ビジネス
デザイン脱毛でひげ剃りにサヨナラ!
暮らしを彩る魅惑の輝き バカラグラス
食欲増進にもいい人気の和風リキュール
オーガニックで行こう!
旅行ついでに人間ドック!PETとゴルフ?
2010年五輪の目玉、スキークロスに先乗り!
民音音楽博物館

弦を擦って鳴らす楽器

■ ブータンの「ピュワン」Piwang(写真)
 ブータン民俗舞踊には欠かせない楽器のひとつ。もともとはチベットから伝わったらしい。
 現地では、祭事や、親戚や友達が集う自宅でのパーティー、レストランでの会食などで奏者を呼んで興じる。
 胴の部分は、牛やヤギの皮、弦は2本で素材は馬の尻尾。

■ モンゴルの「モリン・ホール」Morin Khuur
 馬のしっぽの毛を束ねて作った2本の弦を、同じく馬の毛を束ねて張った弓で弾く(上のブータンに地理的に近いことが頷ける)。
 馬の頭部をあしらった彫刻があることから、日本では馬頭琴として知られている。
 やわらかい温もりのある音を奏で、モンゴル音楽には欠かせない楽器として古くから親しまれている。

■ ロシアの「バラライカ」Balalaika
 胴体の三角形がシンボル。ナイロン弦2本と金属弦の合計3本の弦を持つ。
 材質の異なるこの弦により、他の弦楽器に比べて幅広い音色を奏でることができる。
 もともとは、シベリアや中央アジアの遊牧民の楽器だった。
究極の「焼きいも」を探せ!
気になるカエルのお菓子箱。オフィスグリコ
春の京都でしっとりお花見デート
大人の嗜み-スペインワイン
ばんそうこうのエトセトラ!驚きの真実。
寒い冬こそ“お取り寄せ”!
世界標準!大人のテーブルゲーム
食欲の秋を乗り切る肉体改造&管理!
レトルトカレーを極める
今年こそ! 大人のクリスマス
古今東西・ソファーいろいろ
北京近郊ぶらり旅 中国世界遺産特集
香りのフェロモンでモテる!
オープンカーで颯爽と!
勝負下着を身に着けよう!
ハーレーダビッドソンでアメリカン!

吹いて鳴らす楽器

■ インドネシアの「スリン」Suling(写真)
 6孔の、竹で作られた縦笛。ガムラン演奏の一部でもある。温もりのある癒し系の音色が魅力。
 インドネシア全土に見られるが、地域によりデザインや音色はさまざま。

■ インドの「プーンギ」Pungi (写真)
 もともとはインドの民俗音楽を演奏する楽器の一つで、今はインドのへび使いが吹く笛として知られている。英語では通称「Snake Charmer」。
 くり貫いたひょうたんの上下に穴を開け、下方に葦、または竹製の笛状の筒(孔の数は多様)が2本装着されている。
 このひょうたんが布袋になったものが、初期のバグパイプだと言われている。

■南米の「ケーナ」kena(写真)
 「ケーナ」はインカ時代の公用語、ケチュア語。ペルー、ボリビア、エクアドルを中心に、アンデス山脈がある南米諸国で愛用されている。
 素材は、竹や葦が多いが、骨(リャマ、コンドル、ペリカン、鹿、人)、石、金属、素焼きなどさまざま。
 大きさも孔数も各種あり、前面に3〜7孔、裏側に1孔を持つものが多い。
浜松市楽器博物館