日刊 勝ち組スポーツ・勝ちスポ!
浅草を散歩するならさんぽす

ヒートアイランド現象を食い止めろ!

我が愛すべき東京は今深刻なる
ビョーキにかかっているのである!

 今年の夏は暑かった。特に東京の汐留地区や新宿地区のビルが立ち並ぶコンクリートジャングルをネクタイ姿で歩いていると、もはや「夏なんだから、暑いのは当たり前じゃん!!」なんていう気休めを通り越し、ただならぬ恐怖すら覚えてしまったのは記者だけであろうか。

 そう、都市は今ビョーキにかかっているのである。聞くところによると、東京の年平均気温はこの100年で3.0℃上昇したという。
 この数字だけ見てもピンと来ないかもしれないが、他の大都市では平均2.4℃、中小規模の都市ではたったの1℃しか上昇していないということから考えれば、いかに東京の平均気温上昇幅が大きいのかが理解できるだろう。

 このように都市部の気温が周辺のエリアに比べて極端に高くなっている現象を「ヒートアイランド現象」と呼ぶ。
 直訳すれば「熱の島」という意のこの言葉。気温分布を描いたときに、都市部だけが周辺から浮き上がった島のような様相を呈することから名づけられたもの。

 まるで、周囲から取り残されてしまった"離れ小島"を連想してしまうようなネーミングは確かに言いえて妙である。


画像提供:「東京都環境局ホームページ
※熱環境マップ
ヒートアイランド現象化する東京
浅草を散歩するならさんぽす

おせち料理は作る派? 買う派?
古今東西・ソファーいろいろ
オール電化体験記
驚きのアイテム勢揃い USBを楽しめ!
価値観の違い!100万円の使い道。
エキゾチックな世界「ドバイ」をENJOY!
生ジュースでフレッシュな毎日を!
今年の夏こそ本気でサーフィン
男、箸にこだわる!
六本木ヒルズグルメランキング・中華
紅葉の秋、古都・京都でデート!
マンネリ解消!クルージングデート
2010年五輪の目玉、スキークロスに先乗り!
男が作る燻製
ドカンと一発! 個人で打ち上げ花火
便利だが、気温上昇のもと

都市の利便性が生んだ悪循環に嵌って
連鎖的にビョーキがビョーキを呼ぶ!

 「ヒートアイランド現象」の原因としては、もちろん深刻な「地球温暖化」の影響も見逃せないのだが、もっと直接的な要素も考えられている。

 まず、都市部の緑が極端に少なくなりコンクリートの建築物やアスファルト道路に覆われているため、太陽の熱が地面に蓄熱されやすい一方、水分蒸発による冷却効果が少なくなっているという点。

 そして、ビル内で使用されるエアコンの排気熱や、車の排気ガスなどの人工廃熱によっても気温は上昇する。さらに、ビルの乱立により風の通り道が遮られ、熱が逃げにくくなっているという点も指摘されている。

 また、特に夏場においては室内の熱を冷房で排出することで外気温が上昇し、そのことがさらに冷房の使用に結びつくという悪循環を生んでいるのも確かだ。
 言うまでもなく、このビョーキは他のビョーキへと連鎖していく。真夏日や熱帯夜が増加し、人々は眠れぬ夜に悩まされ日々の生活への支障をきたすこととなり、熱中症により体力の弱いお年寄りや子供たちも危険に晒されることとなる。

 また、光化学オキシダント生成の助長や局地的集中豪雨を発生させる原因となり、高温化によって発生する上昇気流の影響により、冬季には都市の上空を汚染物質がドーム状に覆う「ダスト・ドーム」が形成されるとの指摘もあるのだという。
シーズン到来!ビアガーデン
マリー・アントワネットってどんな人?
あぁ、美味しいプリンが食べたい!
ホームジムで贅沢ボディに贅肉ナシ!
アートとしての「磁性流体」
本場で学ぶ!いまどきの海外留学
ボジョレー・ヌーボーの解禁日−パリ
今年の花見は大人の花見
もんじゃを極めて江戸っ子気取り!?
あなたの口の中は大丈夫?
南国・宮崎を旅する!
ケースに凝る!マイ・ケース探訪
大人の男はシングル・モルトを極める
プチグランドサークルドライブ
彼女とめぐる発祥の地デート in横浜
美よ永遠に!“プリザーブドフラワー”

進行するビョーキを水際で防げ!
東京都環境局が推し進める大作戦!!

 ビョーキで熱を出してしまった東京を、このまま放っておくわけにはいかない。看病をしてあげなくてはならない。
 僕らができることで少しでも東京の熱を冷ますことができるのなら、力になりたい。そのためには上記で示したような原因を一つ一つ潰していくことだ。

 まずは、人工廃熱の削減に協力をすること。あまり自動車を利用せず、都心部に行くときには電車や自転車を利用してみるのもいいだろう。

 また、打ち水なども効果的。自宅周辺のアスファルトに打ち水をすることで水分蒸発による冷却効果が期待できる。そんな小さな心がけが大きな実を結ぶ可能性だってあるのだ。

 さて、ここからは少し大きめの話をしよう。まずは「緑化」の問題。
 東京都環境局では、一定のガイドラインを設け、ビルや家屋などの屋上緑化や壁面緑化などの対策メニューの推進を行っている。

 熱環境上の特徴をつぶさに調査し作成した「熱環境マップ」を元に、地域ごとに設定したメニューを提示し、建築主や設計者へも積極的に呼びかけていくものだ。

 また、既存の住宅でも可能な対策を提示し、助成金の支給も行っている。
 さらには、風の通り抜けを考えた都市計画の見直しおよび指導も強化していくという。このような行政レベルでの対応にも注目しつつ、個人レベルでも可能な対策も講じていきたいものだ。



画像提供:「東京都環境局ホームページ
※建物用途別対策メニュー図
建物用途別対策メニュー図