日刊 勝ち組スポーツ・勝ちスポ!
お散歩するならさんぽす

ヒートアイランド現象を食い止めろ!

我が愛すべき東京は今深刻なる
ビョーキにかかっているのである!

 今年の夏は暑かった。特に東京の汐留地区や新宿地区のビルが立ち並ぶコンクリートジャングルをネクタイ姿で歩いていると、もはや「夏なんだから、暑いのは当たり前じゃん!!」なんていう気休めを通り越し、ただならぬ恐怖すら覚えてしまったのは記者だけであろうか。

 そう、都市は今ビョーキにかかっているのである。聞くところによると、東京の年平均気温はこの100年で3.0℃上昇したという。
 この数字だけ見てもピンと来ないかもしれないが、他の大都市では平均2.4℃、中小規模の都市ではたったの1℃しか上昇していないということから考えれば、いかに東京の平均気温上昇幅が大きいのかが理解できるだろう。

 このように都市部の気温が周辺のエリアに比べて極端に高くなっている現象を「ヒートアイランド現象」と呼ぶ。
 直訳すれば「熱の島」という意のこの言葉。気温分布を描いたときに、都市部だけが周辺から浮き上がった島のような様相を呈することから名づけられたもの。

 まるで、周囲から取り残されてしまった"離れ小島"を連想してしまうようなネーミングは確かに言いえて妙である。


画像提供:「東京都環境局ホームページ
※熱環境マップ
ヒートアイランド現象化する東京
お散歩するならさんぽす

現代風!? 葬儀・墓参アラカルト
男だからこそ、家庭菜園を楽しもう!
ボートハウスで愛車と生きる
紅葉と癒しの高級旅館
めざせ「おしゃれパパ」スタイル!
彼女とぶらり小旅行 上高地・立山の旅
粋にいなせに!男の着物
これぞ道楽!ボートで遊ぶ
浜松町で鉄板焼きを手軽に喰らう-粉八-
ドイツ生まれのスタイリッシュ日用品-コジオール(koziol)
在住者が提案する地元密着デート
バーベキューは豪快に豚の丸焼き!
フランス発 クリスマス便り
伊豆・河津温泉「抹茶風呂の宿つりばし荘」
世界遺産アユタヤ
目で、味で、食べ方で楽しむ輸入菓子
便利だが、気温上昇のもと

都市の利便性が生んだ悪循環に嵌って
連鎖的にビョーキがビョーキを呼ぶ!

 「ヒートアイランド現象」の原因としては、もちろん深刻な「地球温暖化」の影響も見逃せないのだが、もっと直接的な要素も考えられている。

 まず、都市部の緑が極端に少なくなりコンクリートの建築物やアスファルト道路に覆われているため、太陽の熱が地面に蓄熱されやすい一方、水分蒸発による冷却効果が少なくなっているという点。

 そして、ビル内で使用されるエアコンの排気熱や、車の排気ガスなどの人工廃熱によっても気温は上昇する。さらに、ビルの乱立により風の通り道が遮られ、熱が逃げにくくなっているという点も指摘されている。

 また、特に夏場においては室内の熱を冷房で排出することで外気温が上昇し、そのことがさらに冷房の使用に結びつくという悪循環を生んでいるのも確かだ。
 言うまでもなく、このビョーキは他のビョーキへと連鎖していく。真夏日や熱帯夜が増加し、人々は眠れぬ夜に悩まされ日々の生活への支障をきたすこととなり、熱中症により体力の弱いお年寄りや子供たちも危険に晒されることとなる。

 また、光化学オキシダント生成の助長や局地的集中豪雨を発生させる原因となり、高温化によって発生する上昇気流の影響により、冬季には都市の上空を汚染物質がドーム状に覆う「ダスト・ドーム」が形成されるとの指摘もあるのだという。
大人の嗜み-スペインワイン
賢い選び方はこれ!ペットフード
ダッチオーブンで七面鳥を焼く
アジの干物作りにトライ!
地方発 ドライブデートスポット
勝ちスポ的資産運用術入門
和の粋「火鉢」を楽しもう
オリンピック観戦ついでのイタリア
マクロビオティック…健康で長生きしたい人に
楽しい自動車メーカー「光岡自動車」
倉敷・最高の地酒を訪ねて
留学・駐在・起業…「大連」の魅力とは
ツール・ド・フランス2007年速報!
今が旬の女子フィギュアスケートに注目
自律移動ミュージックプレイヤーmiuro
異国の“味”がつまった民族楽器

進行するビョーキを水際で防げ!
東京都環境局が推し進める大作戦!!

 ビョーキで熱を出してしまった東京を、このまま放っておくわけにはいかない。看病をしてあげなくてはならない。
 僕らができることで少しでも東京の熱を冷ますことができるのなら、力になりたい。そのためには上記で示したような原因を一つ一つ潰していくことだ。

 まずは、人工廃熱の削減に協力をすること。あまり自動車を利用せず、都心部に行くときには電車や自転車を利用してみるのもいいだろう。

 また、打ち水なども効果的。自宅周辺のアスファルトに打ち水をすることで水分蒸発による冷却効果が期待できる。そんな小さな心がけが大きな実を結ぶ可能性だってあるのだ。

 さて、ここからは少し大きめの話をしよう。まずは「緑化」の問題。
 東京都環境局では、一定のガイドラインを設け、ビルや家屋などの屋上緑化や壁面緑化などの対策メニューの推進を行っている。

 熱環境上の特徴をつぶさに調査し作成した「熱環境マップ」を元に、地域ごとに設定したメニューを提示し、建築主や設計者へも積極的に呼びかけていくものだ。

 また、既存の住宅でも可能な対策を提示し、助成金の支給も行っている。
 さらには、風の通り抜けを考えた都市計画の見直しおよび指導も強化していくという。このような行政レベルでの対応にも注目しつつ、個人レベルでも可能な対策も講じていきたいものだ。



画像提供:「東京都環境局ホームページ
※建物用途別対策メニュー図
建物用途別対策メニュー図