日刊 勝ち組スポーツ・勝ちスポ!
京都を散歩するならさんぽす

ベビーサインで赤ちゃんと遊ぼう!!

ベビーサインとは?

 最近、育児方法の1つとして注目をあびているのがベビーサインです。

 まだお話ができない赤ちゃんと手話やジェスチャーなどお手てを使ってコミュニケーションをとることです。この方法はアメリカで実践され、今では日本でも多くの方が育児にとりいれて始めています。

 「おっぱいが欲しいよ〜」「おしっこしたよ〜」など、大きな声で泣きだし、一生懸命訴えてきませんか?

 しかし、オムツを取り替えても何をしても泣き止まず「何を伝えたいの?」と、悩んでしまい不安を感じたり、イライラしてストレスがたまるママやパパも少なくないと思います。

 そこで、ベビーサインの登場です!

 可愛い我が子が何を言おうとしているのか、少しでも理解ができたら、どんなに楽しいことでしょう!

 「あっこれだったのね!」って、わかった瞬間、自分の子供とコミュニケーションが取れたことにママはホッと安心し、笑顔でこたえられます。また、赤ちゃんも自分の伝えたいことがわかってくれたことでニコニコですね。

 是非、これからたくさん語りかけてみてください。
ベビーサインとは?
京都を散歩するならさんぽす

世界標準!大人のテーブルゲーム
髪の毛から醤油?! つくってみた
ファイヤーキングをコレクションする
夏はすぐそこ!ビーチサンダル特集!
男の帽子スタイル
男性更年期、その傾向と対策
茶の湯を覚えて女の子からモテモテに!
今年こそ禁煙を成功させよう
ANAインターコンチネンタルホテル東京
アイウェアで顔の印象をガラリと変える
レアもの発見 B級お宝発掘入門
知らなきゃソン!? “レーシック”
生ジュースでフレッシュな毎日を!
ローマのデートコース
グルメの集まる店オーグードゥジュール
最高のサプライズをリムジンで
初めてのベビーサイン!

初めてのベビーサイン!

 ベビーサインは、個人差はありますが、早い赤ちゃんは6ヶ月頃からはじめます。

 「あ〜」「う〜」など、言葉ではなくても話かけようとしてきたり、「んっんっ」と、指を差して何かに興味を持ちだしたら早速、やってみましょう。

 例えば「バイバイ!」って、手を振ることを何気に教えていませんか?はじめて「バイバイ」ができたとき、感動ですよね。これも立派なベビーサインの第一歩だと思います。

 赤ちゃんの一番のお楽しみとして、おっぱい(ミルク)だったりしますね。

 手をグーパー、グーパーして「おっばい、おっぱい!」って子供に語りかけながら見せてください。

 おっぱいを飲みたくて、可愛らしい目を輝かせながら楽しそうにお手てで表現してきたら、1つコミュニケーションが取れたことになります。

 ベビーサインは、手話を基本としたものもありますが、難しく考えず、まずは赤ちゃんがわかりやすく、やりやすいものから始めてみませんか。
ワンカップで日本全国飲み歩きの旅
ガンボってなんだ?食ってみよう。
癒しのメイドin秋葉原
唯一無二のウェディング「最高の結婚式」
モテるバイクはスタイルで選ぶ!
世界最高の輝き!スワロフスキーに夢中
京都 湯豆腐の老舗〜南禅寺・順正〜
MBA取得で、目指せ一流ビジネスマン!
文豪の愛した食事
政治家になろう〜市議会議員編〜
21世紀親子の室内遊び! キッズカフェ増加中
おしゃれ愛犬グッズで充実ドッグライフ
噂の「塩スイーツ」を食べてみた!!
アジの干物作りにトライ!
本当の勝ち組は健康自己管理から

話ながらベビーサインを楽しみましょう!

 ママやパパが、話しかけながらベビーサインを使うことによって「話し言葉」と「ベビーサイン」の2つの方法があることを、赤ちゃんは自然に気づいていきます。

 以前は、ベビーサインに頼ってしまい話し言葉が遅くなるのでは?と心配の声も確かにありましたが、しかしながら実践した子供のほうが早くおしゃべりする傾向にあります。

 なぜならば、ベビーサインを教えることで、ママから話しかける機会が自然に増えていきますよね。
 そのことにより、ついつい嬉しくて一生懸命応えようと話しかけてくるようになります。
 また、早くからコミュニケーションを楽しんだ赤ちゃんは、お話が大好きになるからです。

 逆に心配なのが、大人がべビーサインのみにならないように気をつけてください。
 手話だけで、理解ができてしまうため子供に対し言葉をかけることが少なくなることです。そのことで、言葉の発達に影響しかねません。

 必ず、2つの方法でコミュニケーションをとるようにしましょう!!
話ながらベビーサインを楽しみましょう!