日刊 勝ち組スポーツ・勝ちスポ!
浅草デートスポット

六本木ヒルズグルメランキング・和食

カチスポ編集部オススメ
六本木ヒルズグルメ第二弾!

六本木ヒルズグルメランキング第二弾の今週は、女性人気ナンバーワンの「和食」。華やかなフレンチや、カジュアルなイタリアン、最近は台湾料理や韓国料理など、アジアの料理も人気上昇中ではあるが、なんといっても、ヘルシーな和食は、実は女性たちから不動の人気モノ。和食がキライな人って、聞いた事ないでしょ?

【第3位】旬房
・六本木ヒルズグルメガイド
四季折々の新鮮素材を選りすぐった、真の日本料理を堪能。

【第2位】鮨 すきやばし 次郎
六本木ヒルズグルメガイド
世界的に有名な「すきやばし次郎」の新店。名人・小野二郎氏より店を任された次男の隆士氏が、長年の修行で継承したにぎりを賞味。

【第1位】日本料理An(アン)
六本木ヒルズグルメガイド
『ニューヨークにあるジャパニーズレストラン』をイメージ。代官山や永田町などで「サルヴァトーレ・クオモ・ブロス」や「ピッツァ・サルヴァトーレ」など、イタリアン・チェーンを展開するXEXグループが、満を持して送りだした日本料理店。期待膨らむ超人気店。編集部の実食レポートは下記をご覧あれ。
浅草デートスポット

かっぱ橋道具街周辺そぞろ歩き♪
男ならクルマと別荘・中古外車編
ブランド&手編みニットの世界
異国の“味”がつまった民族楽器
自分にあった空間を作る
戦場のオアシス「ミリメシ」とは何ぞや?
もんじゃを極めて江戸っ子気取り!?
グルメの集まる店オーグードゥジュール
大空を泳ぐ!スカイダイビング
懐かしき魅惑のおやつ 手焼きせんべい
超ハッピーなラスベガスを遊びつくす!
色才兼備の時計「クロード・メイラン」
気になるカエルのお菓子箱。オフィスグリコ
発明でどーんと稼いじゃおう!
トライクってかっこよくて楽しいみたいだ
女性を夢中にする ホースライディング

ニューヨークスタイル和食
これが時代の最先端!〜An(アン)〜

さっそくお店へ!モノトーンを基調としたお店の雰囲気は、これまで抱いていた日本料理店のイメージとはまったく違ってモダン。白い大理石の造りに、ファニチャーもウェイターも黒。エントランスから続く黒い大理石の床を抜け、席に着くと、各テーブルに柔らかいスポットライトが灯されていた。
カウンターでは、割烹着の板前さんが腕を振るう。そんなショー的要素もニューヨークスタイル!内装の雰囲気から、思わず日本料理店であることを忘れてしまいそうだが、そんな光景を見て我に帰った。
割烹定番の「チントンシャン」ではなく、流れているのはモダンジャズ。1990年代には、アメリカで日本料理はイロモノ扱いだったらしいが、こんなふうに洗練されて逆輸入されて、ちょっぴり誇らしいやら嬉しい限りだ。
電話で予約しておいた「懐石コース」のメニューが渡される。一通り料理の説明を受けた後、いよいよ六本木ヒルズNo.1割烹「日本料理An」の晩餐がスタートだ!
これぞ!とんかつの名店!
ママの味?シェフの味?イマドキのカップケーキ事情
寒い冬こそ“お取り寄せ”!
漂泊の自由人・ゴーギャンの誘惑
彼女連れの時のとっておき!
生ジュースでフレッシュな毎日を!
大人だから「和服あそび」を気軽に楽しむ
裁判を傍聴しよう
2007年 カウントダウン・レポートfromパリ
日本の旨い物〜高級珍味
クリスマスはどう過ごす?
モテ男必携?「お化け探知機・ゴーストレーダー」
恥ずかしくない男性自身を手に入れよう!
大きいパネライにかわいいAIBO
ロールスロイスを見て触って乗ってみた
幻想的な美しさ、進化する砂のアート

常に「もう一口…」と
後を引くのが懐石の醍醐味

前菜(先付け)は「ずわい蟹&ざる豆腐」。旬にずわい蟹と、押し固める前の豆腐を和えた、柚子の香りが食欲を引き出す一品。器とのコントラストも美しく、あっと言う間に平らげてしまった。豆腐は豆乳から造った自家製で、濃厚な味がまったく蟹に負けていない。
次いでお造り。ヒラメを浅葱とスダチ醤油で食べるのは有名だけど、こちらでは醤油の代わりに海水ゼリーが寄せられている。口に含むとサッと溶け出して、醤油よりクセがない分、ヒラメの味が際立った。こういう、従来の和食では経験したことのない試みが新しい!
と、ここで中休みにあたる椀もの。うってかわってオーソドックスな味、蕎麦がきと茸で和ませる。次いで供された薄皮で包み蒸し焼きにされた海老とホタテのオーブン焼きも、包みを開いた瞬間に立ち上る、銀杏・茸など秋の香りが郷愁を誘う。モダンな造りながら、慣れ親しんだ和食の良いところが残されていて感無量だ。
蕪とアンキモの煮物を突きながら、こんな肴で、毎晩晩酌できたら幸せだろうなぁ〜と、贅沢な妄想を抱きつつ、じっくりと味わった。