日刊 勝ち組スポーツ・勝ちスポ!
上野を散歩するならさんぽす

ハワイアン・スタイルのプリスクール

生きた英語力を身につけさせるために
急激に需要が高まる「プリスクール」

最近、よく耳にするようになった「プリスクール」なるものをご存知だろうか。欧米においては、その言葉通り、子供たちが学校に入学する前に通う「準備スクール」のことを指すようだが、日本においては、小学校や幼稚園に入る前の子供たちを対象とした、新しいカタチの子供英会話スクールのことを指す場合が多い。
ここ数年で急激に増加の一途を辿っている「プリスクール」であるが、基本的にはどの教室にもネイティブの先生が数人在籍しており、子供たちは遊びや団体生活を送りながらネイティブと触れ合うことで、自然と英会話が身についていくというもの。

社会全体がグローバル化に進んでいく中で、これからの将来を担う子供たちには、生きた英語力を身に付けさせたいと願う親が急増するのも当然のこと。できるだけ早い時点から、英語に触れさせる機会を作りたいとの思いと、現状の日本の公立学校における英語教育への不安感から、この「プリスクール」の需要というものが急激に高まっていったと推測されるのだ。
プリスクール
上野を散歩するならさんぽす

触れたらハマる「ダーツ」の魅力!
診察料は子供の笑顔!!おもちゃドクター
懐かしき魅惑のおやつ 手焼きせんべい
そろそろ日本の男性も肥満をまじめに考てみよう
セキュリティで愛車を魔の手から守る!
魅惑のタイランド!見どころはココだ!
人気沸騰中!米粉のパン&洋菓子
2007年 カウントダウン・レポートfromパリ
男ならクルマと別荘・中古外車編
浜松町で鉄板焼きを手軽に喰らう-粉八-
歴史ロマン満載、日本の名城特集
新たな時代の男のキッチン
エンジン付ゴムボートで気軽に水遊び
ベストセラー作家を目指してみる?!
おいしい水を探しに行こう
ファイヤーキングをコレクションする
プリスクール

幼少時からの英語教育も重要であるが
しつけや基本的な日本語教育も必要だ

子供の順応性や吸収力というものは、大人のそれに比しても非常に高く、ネイティブの先生と触れ合いながら、楽しいカリキュラムをこなしていけば、確かに英語力はついていくかもしれない。しかし、未就学児が身に付けるべきものは、決してそれだけではないはず。子供の教育に熱心になるのは良いが、その反面、他人との関係を上手に構築するために必要なコミュニケーション能力や、基本的な日本語能力、もっと基本的なことを言わせてもらえば、その時期になされなくてはならない「しつけ」などが、全くお話なっていないケースというのは多々ある。要するに、英語や勉強はできても、他人に対する思いやりが持てなかったり、自分勝手な行動をとって周りに迷惑を掛けてしまうような子供が増えているのも、そんな親たちの偏った教育方針によるものではないのだろうか。

子供への英語教育は非常に大切なものであり、幼少時からじっくりと身に付けていくことが重要なのはわかる。だから「プリスクール」というものが果たす役割というものは非常に大きいのも確かだ。しかし、ただ熱心に英語だけを教えていればいいというものではない。英語教育を含みながらも、根本的な人間教育みたいなものが行われるような「プリスクール」というものがあれば、自分の子供を安心して預けることができるのだろう。
嗜好品の最高峰・コーヒー。究極の一杯
ANAインターコンチネンタルホテル東京
「カナル型イヤフォン」ってどう?
60's−80's「大人のROCK」入門ガイド
田舎暮らし
オリジナル現像で、写真にこだわる!
トライクってかっこよくて楽しいみたいだ
六本木ヒルズグルメランキング・中華
水と食品サンプルの町、郡上八幡
ドイツが誇るスーツケースRIMOWA
生きたイカでつまみ作りに挑戦
ペーパークラフトに没頭しよう!
ワンランク上のボウリングをしよう
勝ちデート 隠れ宿で静けさに酔う
黒いトマトから究極のトマトまで〜フルーツトマトの世界
ビッグスクーターでタンデムツーリング!

「オハナ」=「家族」が丸ごと通える
フランクでアットホームなプリスクール

横浜の馬車道駅そばにある「オハナ・イングリッシュ・プリスクール」は、株式会社野村国際教育アカデミーが運営する幼児教育施設で、ハワイNo.1のプリスクール「シーガルスクール」と提携するハワイアンスタイルのプリスクールだ。

その名にある「オハナ」とはハワイの言葉で「家族」という意。その言葉どおり、従来のプリスクールにはない、アットホームな雰囲気の中で運営されているのが当スクールの特色のひとつとなっている。また、プリスクールと銘打ってはいるものの、幼稚園児や小学生の英語教室や、下校後の小学生の一時保育、そして子供を預けながら受講ができる、お母さん向けの英語教室なども用意。また、1日8時間のフルタイムケアによる、保育施設を兼ね備えた英語スクールとしても機能し、まさに「オハナ」=「家族」丸ごと対応してくれるファミリースクールなのだ。

そして、そのアットホームな雰囲気を特徴付ける最大の魅力を打ち出してくれるのは、現地ハワイにあるHIN(ハワイ・インタージェネレーション。ネットワーク)という機関より、3ヶ月交代で派遣されてくるネイティブな先生たち。50代から70代という、シニア世代の先生がボランティアでやってきているというのだ。夫婦単位で派遣されてくるというケースも多く、まさにハワイのグランドファーザー&グランドマザーが、温かな目でたくさんの孫と触れ合っている、というような、奥深い愛情が教室じゅうに漂っているのである。
オハナ・イングリッシュ・プリスクール