日刊 勝ち組スポーツ・勝ちスポ!
浅草デートスポット

ブランド&手編みニットの世界

高級ニットは、冬だけ楽しめるオシャレ
温かく、スタイリッシュに着こなそう!

緯度が高く、年間を通して気温の低いイギリスでは、多くの高級ニット・ブランドが軒を列ねている。着脱の容易なカーディガンが誕生したのもイギリス。イギリスは、世界一のニット大国なのだ。
2005年は暖冬と言われてきたが、やっと気候も冬らしくなってきた昨今。今から高級ニットを手に入れて、残されたシーズンを、温かく、かつスタイリッシュに過ごしてみてはいかがだろうか?コートの下に厚手のニット。ジャケットの下に薄手のニット。車の助手席にひざ掛け代わりに置いておけば、冷え性な女性への気配りにもなる。
ビジネスマンも、スーツのジャケットを脱いで、ニットに着替えると、簡単にON/OFFが切り替えられる。会社のロッカーに一着忍ばせておけば、急な飲み会にもリラックスした服装で出かけられ、重宝することだろう。
ただし、気をつけて欲しいのは、勝ち組たるもの、数千円で、すぐに毛玉になってしまうような安物のニットに袖を通すのは御法度ということ!もちろん国産にもしっかりとした品はあるが、やはりここは安心の英国ブランドでキメておきたい。
浅草デートスポット

日本各地に眠る埋蔵金伝説に触れる
「京野菜」はただのブランド野菜か?-京マーク-
「心に、体に」おいしい水
愛と夢が凝縮された「キャラ弁」の世界
ミニベロの誘惑!
究極の癒しだ!イヤーエステ初体験
B級グルメ探訪〜地方編
色と香りを楽しむフレーバーソルト
汐留でお泊りデート
「けん玉」ってこんなにスゴいの!?
仮想世界「セカンドライフ」で人生リセット
この冬、めざせ北海道!
クリスマス間近! ホテルでデート
伊豆・河津温泉「抹茶風呂の宿つりばし荘」
今年こそ! 大人のクリスマス
そうだ、宇宙に行こう!

ニットの最高峰・手編みVS
スタイリッシュブランド

ニット=編み物の意。当然のことながら、その起源は手編みから始まっている。一編み一編みに心を込めるから温かく、素朴な味わいが出ると考える愛用者も多い。インバーアランは、熟練の職人たちが、最高品質のピュアウールを用いて編み上げたハンドメイド製品のみを扱う老舗中の老舗。商品タグには職人直筆のサインが入り、その品質を保証している。機械編みに比べてゆるい編み目は、次第にカラダのラインにフィットしていき、あなたの体型に吸い付くような着心地に成長する。着こなすうちに、世界に一着だけの、あなた専用のニットに生まれ変わるのだ。
対して機械編みにも、その利点は多い。なにより細かく、複雑な柄もコンピューター制御で可能とする、近年の技術革新がスゴイ。滑らかなカシミアのニットなど、完璧に目の揃った機械的な美しさは、幾何学模様をはじめとする斬新なデザインを表現するのに欠かせない。ロンドンやミラノコレクションにも出品するプリングルや、世界中のセレクトショップで取り扱われるジョン・スメドレーなどが代表だ。
セレブなワインテイスティング会
日本で食べる最高のフレンチ ロオジェ
ららぽーと豊洲体験レポート!
グルメの集まる店オーグードゥジュール
手首のオシャレを楽しんでみよう
くさい臭いは元から断つ! 体臭の正体
今風・酒の薦めは「立飲み」でキマリ
おもしろグッズ通販サイト
スローに、ハードに水と戯れる カヤック
パーソナルコーディネートで変身!
地上最後の楽園「タヒチ」を満喫しよう
すわ!地震 そのときに!
クールに楽しめ! 大人のビリヤード
古今東西・ソファーいろいろ
幸せを呼ぶ!?イマドキの家計簿
自分にあった空間を作る

最後に辿り着くのは
心のこもった逸品か?

手編み後進国の日本でも、手編みニットの需要は今、見直されている。手編み専門誌の創刊、御存じ“ニットの貴公子”こと広瀬光治さんのブームを経て、現在も多くの女性が手編みの魅力に捕われている。マフラー、手袋、ニット帽とステップアップして、最終的には手編みのセーターをプレゼント!そんなレトロなやりとりも、今だからこそ新しい。先日発表されたオリコン調べ『彼氏・彼女から貰いたいクリスマスプレゼント』ランキングでも、手編みのマフラーが男性部門で第8位を獲得の大健闘だ。
余談となるが、お受験の世界では、四者面談(児童と両親、学校側)の際に、子供が手編みのセーターを着ていると、子供に愛情を注いでいると判断されてポイントが高く、合格に結びつくのだそう。数十時間かかることも珍しく無い手編みニットは、今も昔も、愛の証として認識されているのだ。
もっとも、手編みしたくても時間がない、テクニックが伴わないお受験ママをターゲットに、子供用の手編みニットを受注販売するインターネット商店が存在するから、侮れない。
なんでも手に入る今だから、手編みのニットのプレゼントこそ、最高の贈り物と言えるのではないだろうか。

関連リンク:広瀬光治「もっとニットずーっとニット」