日刊 勝ち組スポーツ・勝ちスポ!
横浜を散歩するならさんぽす

使える護身グッズはこれだっ!?

鉄製部分をノド笛に上手にねじ込もう

 凶悪犯罪が激増中の昨今。いまや普通に生活していても、いつ暴漢に襲われるか分からない時代です。そこで今回は、悪党やアクシデントから身を守る護身グッズを紹介しましょう。
 まずひとつめは、日本古来の護身具である「さすまた」です(画像上)。江戸時代、罪人などを取り押さえるのに用いた3つ道具のひとつとされています。2メートルちょっとの棒の先に、2又に分かれた鉄製の頭部がついていますが、柄にイガイガがついていたりして、なかなか凶悪な姿をしています。使い方は2又に分かれた部分で、相手のノド笛を押さえつけるというもの。う〜ん、ヘタしたら死んじゃいますよね。小・中学校に設置されていることも多く、教師向けの講習会などもおこなわれています。さすがに現代版はアルミ製のものが多く、もう少しスマートな形をしています。
 ちなみに3つ道具の残りは、画像真ん中の「袖がらみ」と画像3番目の「突棒」です。どれもこれも、見ただけで震え上がるようなフォルム。江戸時代の罪人って大変だったんですね。

関連リンク:よみがえる箱根関所
よみがえる箱根関所・さすまた・袖がらみ・突棒
横浜を散歩するならさんぽす

都内でブドウ狩りを楽しむ
MNP、3.5世代携帯電話って何?
死ぬかと思った! 加圧トレーニングを体験
知的空間で、最高の仕事を!
洗顔&シェービングで男を上げる!
銀座の老舗
ヒット商品の秘密はこれ?黄金比の謎
第133回天皇賞特集
運転手は車だ 未来の車は事故らない?
体験型ギフト〜ギフトが贈る素敵な時間
ビールだって自分で作れば断然うまい!
イタリアの高級別荘地 コモ
科学的自己分析入門
話題のホビングリッシュに挑戦(子ども編)
体に美味しいオリーブオイル
飛行機を作りたい!
護身・銃・防弾チョッキ

44マグナムでも貫通しない!しかし…

 ここのところ銃による犯罪が増加しています。特に改造モデルガンによる発砲事件は、記憶に新しいところです。いつどこで、狙われているか分からない…。そんなマッドマックスの世界のような状況で、あなたの身を守るのが「防弾チョッキ」です。石原軍団しか着こなせそうにない、洗練されたデザインがグッドですね。重さは約3キロ弱と本格使用。足腰も鍛えられて、一挙両得です。最高級品は象も倒せる44マグナムにも耐えられると商品案内には書いています。でも防弾チョッキに穴が空かなくても、果たして人間の肉体は耐えられるのでしょうか…。撃った反動で骨折する人もいるくらいですからね。
 サイズはフリーサイズで、マジックテープによって調整可能。恐らく腹回りが立派な人でも対応できるように作ってあるでしょうから、痩せている人が着用したらそのシルエットは…。想像するのは止めておきましょう。防刃使用だから、腕、足、頭、首、臀部、下腹部などを切りつけられない限り安心ですね。ちなみボタンはダミーで外れないので、脱ぐときは人目を避けましょう。

関連リンク:Security&Self-Defense Enman・防弾チョッキ
アートとしての「磁性流体」
ビルウォールレザーのシルバー、レザー
憧れのツリーハウスを建ててみよう
生命の起源 「水」 を考える
指先で風を操る快感 〜スポーツカイト〜
コンビニクーラーと扇風機どっちにする?
古都・京都を優雅にデート
懐かしき魅惑のおやつ 手焼きせんべい
ドイツ生まれのスタイリッシュ日用品-コジオール(koziol)
お家で冬のほっこりデート!
リノベーションでデザイン住宅をゲット!
地球のロマン・映画で巡る世界遺産の旅
B級グルメ探訪〜地方編
野点で味わうジャパネスク
あの老舗の“あんぱん”が食べたい!
紅茶の楽しみ方

恋人の写真が、あなたを守る盾に!

 細菌やウイルスによるバイオテロにも注意が必要な世の中になりました。そこで頼りになるのが、使い捨てタイプの「ハイテクマスク」。一昔前の暴走族していたカラスマスクのような、粋なフォルムが魅力です。販売サイトによると、火災、有毒ガス、SARSのほか、1980年にWHOによって絶滅宣言が出された天然痘にも対応しているとのこと。まさに備えあれば、憂いなしですね。マスクを二重にすると、除去効果はアップするそうです。でも息、できるのかな…。

 さて小さいけれど侮れないのは、マスクだけではありません。たとえば最近注目されているパネルタイプの防犯盾は、335×250?とかわいいサイズですが、防犯スプレーとアラームを内臓しています。つまり防御しながら攻撃に転じて、しかも同時に周囲に助けを求めることもできるのです。もちろん普段はお気に入りの写真などを入れて、パネルとして使用することも可能。恋人の顔写真などを入れておけば、違和感なくお部屋に溶け込みますよね。いざというときは恋人の顔面が、暴漢からあなたを守ってくれます。なんともロマンチックな話ですね。

関連リンク:シーザム(防犯護身用品専門店)・エアーエイド・エマージェンシー・マスク
護身・マスク・盾