日刊 勝ち組スポーツ・勝ちスポ!
浅草を散歩するならさんぽす

六本木ヒルズグルメランキング・中華

カチスポ編集部オススメ
六本木ヒルズグルメ第三弾!

 六本木ヒルズグルメランキングも回を重ねて第三弾、最終回となりました。トリを飾るのは、長大な歴史と比類なき多彩さを持った食の四番打者「中華料理」です!それでは、早速ランキングをご覧下さい。

【第3位】チャイナルーム
六本木ヒルズグルメガイド
各産地より届いた食材を活かした、本格的な海鮮中華を楽しめるお店。

【第2位】ウォンズ シノワ
六本木ヒルズグルメガイド
生きた素材がその場で調理される新鮮さと、周囲を見渡すパノラマ夜景が自慢のお店。

【第1位】レイカサイ
六本木ヒルズグルメガイド
北京の路地裏にある本店には、世界中から食通が訪れるとか。そんな名店の姉妹店が六本木ヒルズにも見参!以下、編集部による体験リポートをご覧下さい。
浅草を散歩するならさんぽす

野点で味わうジャパネスク
一杯1500円のうどんを食べてみた
ITがスポーツを科学する!
生ゴミリサイクルで環境に気を遣おう!
オリジナルの「署名」にこだわる!
パリジャン・パリジェンヌのデート
京町家で味わう和モダンの粋
マリー・アントワネットってどんな人?
知らなきゃソン!? “レーシック”
本格的な忘年会
スローに、ハードに水と戯れる カヤック
今はクルーザーがモテる時代!
仮想世界「セカンドライフ」で人生リセット
豆乳せっけん&ゆき肌豆腐
日本上陸!外資系ラグジュアリーホテル
至高の酒・シャンパンを楽しむ
レイカサイ

清朝の流れを組む
家常菜料理の数々

 レイカサイの起源は、現オーナー、リ・シャンリン氏の祖父であるリ・ズーチャー氏の代まで遡ります。

リ・ズーチャー氏は清王朝の高級官僚であり、稀代の美食家としても知られる西太后の食事の責任者でもありました。そんな祖父より受け継がれた秘伝の家常菜料理のノウハウが結実したのが「レイカサイ」なのです。

 店を訪れてまず驚くのが、そのシンプルで、看板も小さい入り口です。派手な看板に頼る必要は無いという、料理の質への自信が窺えます。入り口をくぐりエントランスで目を惹くのが、数百万円はするという西太后の衣装のレプリカ。雰囲気も高まり、料理への期待が一層膨らんで行きます。

 店内は個室が3部屋あるのみで、通常は4名からの予約が可能となっています。個室の広さは10畳程で、中央に円卓が一つという配置。

 レイカサイでは8,400〜1万8,900円のランチコース、1万8,900〜4万7,250円のディナーコースが用意されており、今回は2万6,250円のディナーコースを選択しました。なお、価格には別途10%のサービス料が加算されます。

 メニューの内容は、15品の前菜、4品の主菜、スープ、デザートという構成となっています。さあ、一体どんな料理が運ばれて来るのか。考えるだけでワクワクします!
卵は進化する 高品質卵を食べた!
世界が夢中!憧れの靴マノロ・ブラニク
キノコの家? セカンドハウスはドーム型
モバイルオーディオの楽しみ
下関でふぐを食べつくす豪華旅行
ワンカップで日本全国飲み歩きの旅
男、箸にこだわる!
ドイツW杯テレビに映らない見所を探せ!
男だったら肉を食え!
金沢の金箔貼りを体験!
六本木ヒルズ、気になるテナント事情
蚊は怖い存在!蚊対策!
生ジュースでフレッシュな毎日を!
VEXzodiaでゴルフクラブをオーダー!
包丁にこだわる!
「北」の国から。遼寧省の中朝国境をゆく!

季節感の込められた
彩り豊かな15品の前菜

 いよいよ前菜が運ばれて来ました。レイカサイでは料理を出す順番に細心の気遣いが込められており、全部で15品ある前菜も5品ずつ、3回に分けて運ばれて来ます。味もそれぞれにメリハリが付けられており、一品一品はもちろんの事、メニュー全体を通して客人の心を満足させる演出が込められていると感じました。

 皆様に味や香りを直接お届けできないのが大変残念ですが、まずは写真をご覧下さい。一見して派手な装飾は施されていませんが、彩りのバランスが大変良く、シンプルさの中にも食欲をそそられます。レイカサイの料理では季節感が重視され、真の素材の良さを活かす事がモットーとなっています。

 中華料理と言うと、一時期「チャイニーズ・シンドローム」という味覚障害が問題になった程、大量の化学調味料が使われる事が多いという負の側面も持っています。しかし、レイカサイでは化学調味料を一切使用しておらず、栄養バランスの面から言っても大変良質な料理に仕上げられています。一つの料理に一人の料理人が付く程丁寧な調理がなされており、その繊細さには、従来の中華料理のイメージを根底から変えられるような深い感銘を受けました。
前菜・レイカサイ・中華料理・六本木ヒルズ