日刊 勝ち組スポーツ・勝ちスポ!
京都デートスポット

初日の出を見る!

新年への想いと共に見つめる初日の出
日本で一番早く拝める場所は?

 昇り行く朝日を見つめながら、新年に向けての決意を想い巡らせる。初日の出を見る事には、そんな「儀式」にも似た意味合いも含まれています。大事なものであるからこそ、何かプラスアルファの要素も欲しくなるもの。今回はそんな方のために、「特別な」初日の出を見るためのガイドをお届けしましょう。

 日本国内で一番早く初日の出を迎えるのは、東経153度59分11秒に位置する「南鳥島」です。ただし、この島は気象庁や防衛庁の施設があるのみで一般の住人はいないので、現実的には小笠原諸島の「母島」が日本で最初に初日の出を拝める場所と言えるでしょう。「小笠原チャンネル」では、過去数年分の母島、父島からの初日の出映像が掲載されています。

 本州で一番早く初日の出を拝めるのは、山頂などを除くと千葉県の「犬吠崎」になります。東京から2時間弱で行ける場所なので、都内からであれば除夜の鐘を聴いた後に出発しても十分間に合う計算となります。

 ちなみに元旦の日の出時刻は、南鳥島が5時27分、犬吠崎が6時46分となっています。なお、犬吠崎周辺は渋滞が予想されるので、事故などにはくれぐれもご注意下さい。

■関連記事
2007年 今年こそは初日の出が見たい!
初日の出・日本・国内
京都デートスポット

沖縄のザ・ブセナテラスに行ってきた
浴衣で粋な夏をすごす
ベニス・ゴンドラの旅
今宵、本格焼酎をロックで味わう!
ネット活用で春こそ大人デート!
金沢でしっとり大人のデート
「自分の島」を持とう!
キノコの家? セカンドハウスはドーム型
紅茶の楽しみ方
ハリウッド映画製作の裏側
セレブなワインテイスティング会
神仏に出会う霊場巡礼
岩盤浴でデトックス
競技人口世界2位!クリケットで楽しもう
クリスマス間近! ホテルでデート
アートとしての青白磁、その美の魅力
初日の出・富士山

お正月イメージの定番
富士山から昇る初日の出を拝む

 日本人にとっての「お正月のイメージ」に欠かせないのが富士山。富士山頂は本州で一番早く初日の出が拝める場所でもあり、元旦は犬吠崎より僅かに早い6時42分となっています。

 しかし、標高3,776mの富士山頂は大変過酷な環境であり、この時期においそれと登れるものではありません。代わりに、雄大な富士山を臨みながら初日の出を拝む事の出来る絶好のポイントをご紹介しましょう。

 山梨県の本栖湖畔に位置する竜ヶ岳は、「ダイヤモンド富士」とも呼ばれる、富士山より昇る大変美しい初日の出が見られるスポットとして人気を集めています。山頂へは麓の駐車場から2時間程の登山で到達する事が可能で、中腹の展望台(こちらも絶好の見物ポイントです)までなら1時間程で到達する事が出来ます。もちろん登山ですので「楽に」とは行きませんが、苦労の分だけひとしおの感動を味わえるのではないでしょうか。

 「疲れるのは嫌だ!」という方は、温泉につかりながら優雅に富士の初日の出を見物、というのはいかがでしょうか?山中湖畔の「紅富士の湯」は露天風呂から見える富士山の絶景が自慢の温泉で、元旦も朝6時よりの特別営業が行われています。運が良ければ、朝焼けで染まった「紅富士」の光景も楽しむ事が可能です。
オシャレのエアポケット、ベルトに注目!
「ブドウ糖」で脳内パワーをチャージ!!
デザイン脱毛でひげ剃りにサヨナラ!
スーパー健康法 バナナ酢
モバイルオーディオの楽しみ
科学的自己分析入門
あなたの為に世界に一つだけの花
男だって紫外線対策!
21世紀親子の室内遊び! キッズカフェ増加中
健康のために求められる「自然食」
ギターキッズたち永遠のあこがれ フェンダー
手軽にできるプチ出家体験 坐禅に挑戦
日曜大工にトリトンワークセンター! プロ並の仕上がりを
スマートフォンはどう凄い?
あぁ、美味しいプリンが食べたい!
今、時代はホスピタリティ

日付変更線のトリックを使えば
「ダブルヘッダー」も可能?

 さて、お次は視野を広げて、世界で最も早く初日の出を拝める場所をご紹介しましょう。

 1995年に設定し直された日付変更線に従うと、太平洋上に位置するキリバス共和国の、その名も「ミレニアム島」が世界一早い初日の出を迎える事になります。この島、以前はカロリン島という名前でしたが、2000年のミレニアムを世界一早く迎える事を記念して現在の名前に改名されました。

 一方、世界一早く初日の出を拝める「都市」は、ニュージーランドのギズボーンだと言われます。同地のヒクランギ山頂<やイーストケープは日の出の見物ポイントとして人気が高く、また南半球であるため1月は夏真っ盛り。寒い日本を脱出しつつ、特別な初日の出を拝むには絶好の場所と言えるでしょう。

 ちなみに、世界で最も遅く初日の出を向かえるのはサモア諸島です。キリバスの初日の出のほんの少し前にサモアで見られるのは、12月31日の日の出…なんだかちょっと不思議な感覚になりますね(笑)。残念ながら日本からサモアへの直行便は出ていないため、日本で寝過ごして見逃したらサモアで…というのは難しそうです。しかし、ニュージーランドからサモアへは4時間程で行けるので、上手くすれば初日の出の「ダブルヘッダー」も可能かもしれませんよ?
初日の出・ミレニアム・ニュージーランド・サモア