日刊 勝ち組スポーツ・勝ちスポ!
お散歩するならさんぽす

自分にあった空間を作る

インテリアで知る、人のライフスタイル

あなたが今住んでいる部屋、居心地はいいだろうか?不便なところはないだろうか?引越しをしたいと思ったら、ほとんどの人が、不動産屋へ行き、色々な部屋を見に行くことだろう。そのとき、あなたはどんな基準で部屋を選ぶのだろう?日当たり、駅近、角部屋と自分が住むのに、心地の良い空間を得るために、さまざまな条件の下で探すだろう。そして、気に入った部屋に引越したら、今度はおしゃれなインテリアを置いて、自分のライフスタイルに合った部屋を作り上げていく。インテリアなんてオシャレなものにこだわりはない、部屋というのは機能性が大事なんだ、と言う人ももちろんいるだろう。機能性にこだわった家具、それもインテリアのひとつなのだ。

要は、自分にとって「快適である」と感じる空間を構成するすべてのものが、いわゆる「インテリア」といえるのではないだろうか。人によってこだわりは様々だろう。部屋全体を統一して作り上げる人もいれば、ひとつの物にこだわっている人もいる。今回は、「ブックシェルフ」を例に、インテリアを探っていこう。

関連リンク:インテリアコーディネーターとは
インテリア・部屋
お散歩するならさんぽす

コンビニクーラーと扇風機どっちにする?
ドカンと一発! 個人で打ち上げ花火
この夏は脱プール、大自然でスイム!
疲労回復アンプルに挑戦!ニンニク注射
大人の男はシングル・モルトを極める
包丁にこだわる!
意外と知らない「出産祝い」のツボ
究極の「焼きいも」を探せ!
食事も兼ねた、美術館巡りはいかが?
確定申告の基本
男はワイルドに!〜ハンティング〜
スローに、ハードに水と戯れる カヤック
温暖化で幻となる日も近い?“天然氷”
ロングステイをエンジョイしよう!
快眠追求の極意とは?
街乗りを楽しむならレンタサイクルで!
ブックシェルフ・本棚・インテリア・部屋

生活を意識したインテリア

本、あるいはCDやDVDといった物を、ひとつも持っていないという人はいないのではないだろうか?本は読まないけど、CDは聞くという人もいるだろうし、その逆もあるだろう。となると、多くの人がそれらを収納しているはずだ。本やCD、DVDといった物を棚などに収納しようとすると、性質上ずらりと並べることになり、結果として壁面を奪うこととなる。なぜかというと、本やCD、DVDは収納する際に、検索性を求められるからに他ならない。たとえば本であれば、一つ一つがまったく別のものであるため、それぞれを認識できるように、すべての本の背表紙が見えるように収納する必要がある。

ただ、しまっておくだけならば、ダンボールにでもつめて、押入れの奥に押し込んでおけばいい。しかし、ふと読みたくなったりするので、できればすぐ取り出せるところに置いておきたい。そうなれば、必然的に棚に収納しておきたくなる。数冊であればまだしも、それが何十冊、何百冊となれば、かなりの場所をとるようになる。本に囲まれて暮らすのはちょっと幸せではあるが、日常では本を読むだけではなく、寝たりテレビを見たり色々なことをしなくてはならないのだ。そのあたりも考慮して、インテリア選びをしなくてはならない。

関連リンクL:増え続ける本のラクラク収納法
夏直前、一足先に都内ホテルのプールで大接近
運転手は車だ 未来の車は事故らない?
都心に広がる天空 セレスティンホテル
失敗しない住まいのエクステリア
ケフィアヨーグルトで今日も健康!
「髪の毛は一生かけて守るもの」
おせち料理は作る派? 買う派?
大人の天体観測
自宅を映画館に!ホームシアターの世界
アートとしての青白磁、その美の魅力
最新の生活様式“ロハス”を知ろう
食欲の秋を乗り切る肉体改造&管理!
目覚まし時計が、光る!香る!飛ぶ!
京町家で味わう和モダンの粋
新時代の音 タイムドメインスピーカー
知る人ぞ知る寿司割烹店

インテリアの機能を重視する

日常的な生活の邪魔にならず、しっかりと収納ができ、取り出したいときにはいつでも取り出せる棚。棚選びに、筆者は「機能性」が高くて収納力のあることを重要視して探す。
ネットで、何かいい物はないかと探し回っていたら、こんなサイトを見つけた。それが「e書棚.com」だ。

トップ画面から「とにかく大量に収納したい方へ」と来ている。紹介されている書棚を見てみると、薄型のものやわずかな隙間に入るような棚、引き出し付のもの、スライド式のもの…と、本当に様々なものがある。中でもスライド式の書棚なんかは、筆者の思い描く理想の書棚に限りなく近い。本は文庫など割りと小さいものがあるので、普通の棚であれば、手前と奥で2段構成にしておいたりすることもある。こうすることで、スペースはかなり節約できるが、それでは奥の本を探すのが大変なのだ。つまり、先に述べた「検索性」に欠けるのだ。そこで、棚をスライド式のものにすれば、同じ2段構成でも、手前のスライド棚を動かせば、奥にしまった本も簡単に見ることができるのだ。普通の棚よりは、多少奥行きを必要とする部分もあるが、それでもかなり機能性が高くなる。
e書棚.com・ブックシェルフ・本棚