日刊 勝ち組スポーツ・勝ちスポ!
鎌倉デートスポット

アメリカのエコライフとは?

大気汚染対策に興味あり

ニューヨークに住んでいたころ、大量の食べ物を平気で捨ててしまうアメリカ人には驚いたが、さらにどうしても納得がいかなかったのが、分別のしないゴミの捨て方。生ゴミ、空き缶、電池、プラスチック、割れたグラス、洋服、なんでもかんでも同じビニール袋に入れて捨ててしまう。それらすべてをそのまま埋めてしまうというからなんとも恐ろしい話だ。約800万人が住むニューヨーク市だけで、1日11万トンものゴミが処理されているという。消防車の水槽車が約10トンだとすると、どれくらいの大量のゴミなのか、想像していただけるだろう。

アメリカ人は、ゴミ処理問題のような地味な活動には興味をお持ちでない様子。注目度が高いのは、排気ガスによる大気汚染対策。世界で最も自家用車所有率が高い国としてしられるアメリカでは、これまで1世帯平均2台だといわれてきたのが、女性の社会進出によりさらに増加傾向にあるという。年間2%もドライバーの数が上昇しているというデータもある。
アメリカ・エコ・ゴミ・環境問題
鎌倉デートスポット

一杯1500円のうどんを食べてみた
おさかなスィーツ登場
新たな時代の男のキッチン
新横乗り系?フリーラインスケート
都心に広がる天空 セレスティンホテル
食欲の秋を乗り切る肉体改造&管理!
豆乳せっけん&ゆき肌豆腐
第133回天皇賞特集
いつもと違うBARへ!
新しくなった表参道に行こう!
ヴィンテージカー値上がりランキング
バーベキューは豪快に豚の丸焼き!
ホームジムで贅沢ボディに贅肉ナシ!
科学的自己分析入門
伊豆・河津温泉「抹茶風呂の宿つりばし荘」
世界の牡蠣を食す!オイスターバー
トヨタ・プリウス・ハイブリッドカー

手始めは愛車でエコ

その解決策として代表的なのが、みなさまもご存知のトヨタのハイブリッドカー、プリウス。1997年に華麗なデビューを果たして以来、好調に売り上げを伸ばしている。その背景には、ハリウッドセレブたちの貢献が大きい。彼らがこぞって乗りはじめてくれたおかげで、アメリカ国内だけでなく、世界中でも大きな話題となった。2004年には、アメリカ国内において5万3991台を販売。世界全体では、昨年の倍以上の13万4700台を出荷。今年はさらにその数字を上回る見通しだという。まさにハリウッドセレブさまさま。彼らによる宣伝効果は計り知れない。

もちろん他社も指を咥えてこのチャンスを逃すはずはない。ホンダも1999年からハイブリッドカーの販売を開始し、世界販売台数が累計10万台を突破したと発表している。そのうち約8万9000台がアメリカでの出荷台数という。日産もトヨタと提携し、2006年(北米2007年モデルイヤー)から「アルティマハイブリッド」の生産を開始する予定だ。ダイムラー・クライスラー、フォード、GM、ヒュンダイ、フォルクスワーゲンといった海外自動車メーカーも市場参入している。

ハイブリッドカーの所有率が一番高いのは、やはりカリフォルニア州。2位のバージニア州の4.5倍だというからすごい。つづいて、ワシントン州、フロリダ州、メリーランド州の順だという。

関連リンク:ハイブリッドカー御用たちのセレブリスト(英語)
ロングステイをエンジョイしよう!
一般人だって、歯は命!
飛行機を作りたい!
今年の夏はビーチバレー
現地ドイツでW杯を楽しみませんか?
男のこだわり!氷山の氷でオン・ザ・ロック
独占報告!中国若者熱烈的恋愛事情
体験型ギフト〜ギフトが贈る素敵な時間
生活に潜む身近な恐怖!!トランス脂肪酸
2006年・花火大会鑑賞プラン
ノスタルジックな味わい〜ハンガリー料理
おしゃれ愛犬グッズで充実ドッグライフ
あそこに広告出すにはいくら?
パーソナルコーディネートで変身!
パリ・メンズファッションレポート
パリの高級レストラン”タイユヴァン”

高速道路でエコ

愛車で環境対策とくれば、さて次はインフラ。アメリカの高速道路には、HOV (High Occupancy Vehicle)と呼ばれるレーンが設けられている。朝と夕方のラッシュアワーには、ある特定の車しかこの道を利用することができない。公共バス、バイク、1台に2名以上(州によっては3名、4名以上)を乗せた車のみがここを通ることを許される。ただし、ハイブリッドカーなら1名しか乗車していなくてもいい。州によって時間は異なるが、規制時間は月曜から金曜の午前6時から10時、午後3時から7時の間に設定されている。

HOVレーンの設置により、相乗りを誘導する。そして、渋滞の解消、排気ガスによる大気汚染の軽減を目指す。さらには、通勤・通学の移動時間を削減するという狙いがある。つまり、より多くの人を短い時間で移動させることにより、車にかかるガソリン代、維持費、修理費などのコストを削減できますよ、というわけだ。移動する車の数を減らせば、公害も減り、環境保護に貢献すると、交通省は強調するのだが・・。
アメリカ・エコ・高速道路・大気汚染・HOVレーン