日刊 勝ち組スポーツ・勝ちスポ!
横浜中華街おすすめ食べ歩きマップ

「トイレ」は 自分だけのくつろぎ空間

そもそもトイレ(便所)とは?

 トイレ…「便所」の語源は、仏教からきた言葉で、用を足す際、外ではなく、内で便利に用をすますことができる場所という意味をさしているそうです。その昔、トイレは「厠」「御不浄」「はばかり」「雪隠」「閑所」といった様々な呼び方がなされてきました。

 日本のトイレの歴史は古く、弥生時代は、野原トイレや小屋トイレでしたが、鎌倉時代に入り、貴族や武士の屋敷にトイレができるようになり、また、排泄物が農耕物の良い肥料になることから、農民や庶民らもトイレで用を足すようになったといいます。

 西洋の文化が入リ始めると、洋式のトイレが作られるようになりました。日本最古の木製の洋風腰掛式便所を作ったのが、同志社大学創始者の新島襄氏。2度の外国生活で洋風と和風の良さを取り入れた邸宅(新島旧邸)内にこのトイレがあります。日本人で洋式水洗トイレ第1号を作ったのが三菱財閥創始者の長男岩崎久弥氏ではないかといわれています。今も東京台東区の旧岩崎邸では、イギリスから輸入した便器を扱ったモダンなトイレを見ることができます。
トイレ・日本最古の木製洋風腰掛式便所
横浜中華街おすすめ食べ歩きマップ

おせち料理は作る派? 買う派?
幸せを呼ぶ!?イマドキの家計簿
あぁ、美味しいプリンが食べたい!
自宅でそろえる高級健康器具
エンジン付ゴムボートで気軽に水遊び
知られざる「観葉植物」のチカラ!
男のこだわり!氷山の氷でオン・ザ・ロック
「プラセンタ」人気のヒミツ
茶の湯を覚えて女の子からモテモテに!
下関でふぐを食べつくす豪華旅行
めんそーれ、石垣島
ecoバッグを持とう!
アートとしての青白磁、その美の魅力
今が買い時!「携帯の良番」
価値観の違い!100万円の使い道。
手首のオシャレを楽しんでみよう
トイレ・畳敷きのトイレ

トイレよもやま話

 一つ面白い話があります。それは、戦国時代の名将武田信玄が、かなりトイレにこだわりをもっていたこと。トイレは「モノを考えるのに適している」と考えていた信玄は、なんと館の中に6畳間のトイレを作ったのです。畳敷きのトイレの側に風呂をつけ、匂いにも気を配り、香をたいていました。書状を読んだり、戦術を練ったり……長い時は1時間以上も入っていたそうです。信玄は、大切なプライベートスペースを敵のスパイに悟られないよう、トイレのことを「山」と呼んでいました。

 中国の霊隠寺に、とても熱心にトイレ掃除をする「雪とう」という和尚さんがいました。この和尚さんの名前の「雪」と寺の「隠」をとって、トイレのことを「雪隠」と呼ぶようになったそうです。「砂雪隠」といえば千利休。豊臣秀吉が箱根の山で、急に用を足したくなり、秀吉のために、千利休がその場を凌ぐために作ったのがはじまりだとか。後、千利休は、茶会の日に「雪隠」をお客様に清らかな場であることを見せて、もてなしたといいます。

 日本トイレ協会では、毎年、11月(いい)10日(トイレ)を「トイレの日」と定め「全国トイレシンポジウム」を開催し、「グッドトイレ10賞」や「トイレレポートコンクール」を実施しています。また、トイレに関する調査や研究といった活動を行っています。

日本が誇る密室文化!ウォシュレット秘話
“真の”ナポリピッツァを食べる
勝ち組の為の結婚相談所
防音マンションで音楽と共に暮らそう。
地球環境問題への第一歩を踏み出そう
とっておきの高級ステーキが食べたい!
男だって紫外線対策!
男の料理!カレー編
贅沢の極み 〜幻のアラ鍋
パワー&ヒーリングスポット、セドナ
地球のロマン・映画で巡る世界遺産の旅
色と香りを楽しむフレーバーソルト
辛くて旨いっ!「とうがらし」
視力回復のススメ
神仏に出会う霊場巡礼
最高の「お月見」は最高級の旅館で!
断食2週間、究極のデトックス体験

今昔トイレ事情

 トイレといえば便器のイメージですが、平安時代の貴族は、簾で仕切った場所に「ひどの」を作り「しのはこ」(オマル)や「おつぼ」を使って用を足していたといいます。男性が使用していた「おつぼ」は、病気などでトイレに行けない時に使用する「しびん」のような形をしています。なんとなく違和感ありますが、当時の男性はどのような思いで使っていたのでしょう。

 洋式トイレで小用をする時、貴方は、どんなスタイルでしますか?座ってしますか?便座をあげて立ってしますか?ある統計の結果、約70%の男性が立ってするということでした。ただ、現代の夫婦、特に新婚家庭などでは、尿ハネでトイレの周囲が汚れるため、妻が夫に小用も座ってするよう注意することが多いようです。時代の流れを感じさせられます。

 「トイレは、用足しさえできれば良い」と思っている男性、多いようです。その気持ち……わからないでもありません。でも、ちょっと考えてみてください。トイレは、一人きりになれる貴重な空間です。今、厠の時代ではありません。昔ながらのトイレのイメージを払拭し、自分なりのトイレタイム、楽しく過ごせるよう工夫してみてはいかがでしょう。
トイレ・男性用の「おつぼ」